織田家

「信長の古文書」実際、見たことあります? 写真集としても楽しいですよ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
織田信長の古文書
をクリックお願いします。

 

以下のページは信長が発給した制札で最古のものですね。

天文18年(1549年)、信長16歳のときで、当時「藤原信長」と名乗っていたという事実がわかる貴重なものです(後に平氏を名乗る)。

面白いものでは、桶狭間の戦い(永禄3年=1560年)のときに今川義元が持っていた刀を戦利品とし、記念にそのことを金象嵌で銘を入れたことでしょう。

それが信長を祀る京都の建勲神社の持つ「義元左文字」です。

表には

<織田尾張守信長>

裏には

<永禄三年五月十九日 義元討捕刻彼所持刀>

と刻まれています。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

唯一の自筆書状の宛先は?

最後に、唯一の自筆書状も紹介します。

信長の自筆とされるものは複数ありますが、来歴がはっきりしていて、どの研究者も自筆と認められるのは、この1通だけなのです。

天正5年(1577年)10月2日付の書状です。

松永久秀が信長を裏切ったとき、松永方の城を攻めた細川忠興の武功を褒めた内容です。熊本藩の細川家に伝わり、今も細川家の永青文庫に所蔵されています。

松永久秀
松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将 70年の生涯

続きを見る

本書は、1ページ1ページに信長の息吹を感じられるだけでなく、それぞれの書状についての詳しい解説が載っており、「あの頃にこんな文書を出したのか」などと、タイムスリップが楽しめます。

信長ファンならば、一生楽しめる一冊。

20,000円を10年、20年で味わえるなら、安い買い物かもしれませんぞ。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

信長から義昭へ「十七箇条意見書」や「殿中御掟」には何が書かれていたか

続きを見る

佐久間信盛
佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?退き佐久間その最期

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

北条氏政
北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗した?その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

松永久秀
松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将 70年の生涯

続きを見る

恵美嘉樹・文

【参考】

織田信長の古文書』(→amazon
※時折、アマゾンの古本で掘り出し物が出ておりますよ!

TOPページへ

 



-織田家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)