織田信雄/wikipediaより引用

織田家

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

歴史上の人物が評価されるとき――。

ほとんどの場合は「華々しい功績を挙げられたかどうか?」が焦点になりますよね。

いわゆる三英傑の

織田信長
豊臣秀吉
徳川家康

などはその典型でしょう。

では、視点を変え「きちんと遺伝子を残せたか?」となるとどうか?

三人の中では家康ぐらいでは……と思いがちですが、実はそんなこたぁありません。

寛永七年(1630年)4月30日に亡くなった織田信雄がその一人です。

名前からわかりますように織田信長の息子。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

次男である彼の子孫は、その血脈を現代にまで伝えているのでした。

 

織田信雄の幼名が茶筅丸なのは?

織田家には、兄・信長への謀反を企み、謀殺された弟がいます。

織田信勝です。

こちらも同じ「おだのぶかつ」なので混同される方もおりますが、実は息子の「信雄」の読み方が「のぶお」なのか「のぶかつ」なのか。

あるいは信長の次男なのか三男なのか。割と大事なことはハッキリしていません。

逆に幼名がはっきり伝わっているのが不気味なほどです。

以前、松平忠輝の記事で「家康はやたらと子供の顔にこだわる」という話をしましたが、信長は子供の名前に妙なセンスを発揮する人でした。

長男の織田信忠は「顔が奇妙だから」奇妙丸。

三男の信孝は「三月七日生まれだから」三七丸。

そして次男とされる信雄が茶筅丸。

「髪の毛を結ったら茶筅(ちゃせん・お茶を点てる道具)みたいになりそうだから」という身も蓋もない命名をされています。

誰も止めなかった……んではなく、止められなかったんですかね?

他にも「母親が”鍋”だから」というわけのわからん理由で「酌」と名付けられた人もいます。昨今話題のキラキラネームとはまたちょっと違う、ぶっ飛んだセンスです。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

一方、女の子には比較的普通の名付けをしているので、余計に信長のセンスがわかりません。

「男は元服すりゃ名前変えるんだから、幼名なんざテキトーでいいんだよテキトーで」だったのか。

「バッカ、お前、女の子は嫁ぐんだからまともな名前にしなきゃマズイだろ!」だったのか。

天才のアタマの中は、凡人には測れないですね。

 

名門北畠の養子になったはいいが

さて、戦国時代もしくは織田家がお好きな方には「ああ、あのアホね」の一言で片付けられてしまう信雄。

三谷幸喜さんの映画『清須会議』でも妻夫木聡さんが、なかなか馬鹿っぽく演じられてました。

史実においては、最初のうちは比較的まともでした。

彼は、織田家による【伊勢方面攻略】の一環として、同地の大名である北畠家の婿養子に入り、実質的には乗っ取ります。

伊勢攻略で北畠氏を吸収!超わかる『信長公記』第62話

続きを見る

伊勢攻略の総仕上げ・北畠親子が退去してから〜超わかる『信長公記』第64話

続きを見る

その後、武田信玄に寝返ろうとしていた家臣を粛清。

そこまではよかったのですが、その後、信雄のバカ殿伝説が始まってしまうのです。

まず天正七年(1579年)、信長に”無断で”伊賀(現・三重県西部)に攻め入り、ものの見事に返り討ちに遭いました。

信長に「何やってんだド阿呆! 親子の縁切るぞゴルァ!!」(※実話)と、書状でこってり絞られるほど。

基本的に身内や家臣に甘い信長がいきなり縁切りを言い出しているのですから、その怒りの程が窺えるというものです。

まぁ、仕方ありません。このとき、信雄が養子入りするときにつけた柘植保重つげやすしげという重臣が討死しており、そりゃあ信長もキレる失態でした。

 

信長がピリピリしていた時期

ついでにいうと、この時期の信長は結構ピリピリしていたと思われます。

中国の毛利氏攻略の途上で、別所長治や荒木村重などが謀反を起こし、苛烈ともいえる処理をして間もない頃です。

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

また、天正七年の後半には、いわゆる”松平信康自刃事件”も起きています。

この件について、信長がどの程度関与していたのかは現代でも不明ですが……最近では浜松の徳川家康派と岡崎の松平信康派に分かれて、徳川家分裂の危機だった、という見方が優勢なようです。

当然、信長のもとにも家康や娘・徳姫(信康の正室)の周辺から、なんらかの情報は入っていたでしょう。

松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた? 謎多き諸説を考察

続きを見る

そんなタイミングで息子の信雄が必要性の薄い戦を勝手にやり、あろうことか敗北の上に大事な家臣を討ち死にさせたのですから、ブチ切れるのも当たり前のことです。

若い頃から必死に親族や家臣の取りまとめをしてきた信長からすれば、

「俺の息子ともあろうものが、家臣の重要性すらわからんとは言語道断!!」

となるでしょう。そして……。

信長が尾張統一に費やした14年間~1552年から1565年までの軌跡【年表付】

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.