織田家

安土城炎上(放火)の犯人は誰だ! 信雄か、明智か、それとも秀吉か?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
安土城炎上
をクリックお願いします。

 

秀吉、わずか5kmの近隣に新しい城を築く

安土城を取り壊すにあたって秀吉は、秀次のために八幡山城(近江八幡城)を建てました。

この城、安土城からわずか5km程度しか離れていないのです。

もうね……地図で見たら一発です。

※左の赤い城が八幡山城で、右の黄色い城が安土城

皆まで言うなって感じですよね。

材料を再利用して新しく築城するより、安土城を土地ごと使った方が手間もお金もかかりません。秀吉は、城下町に住んでいた人達もそっくりそのまま新城へ移住させました。

徳川家康への備えという意味もあったようですが、まぁ、言い訳でしょう。

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

既に関白に任官された後ですから、名実共に天下人であります。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

にもかかわらず信長に怯えなくてはならないなんて耐えきれなかったんでしょうね。ましてや安土城に、信長の孫である織田秀信がいるなんて余計にまずい。

「次の天下人に相応しい!」と担ぎ上げる連中が出てこないとも限りません。

安土城(テレビなどでもよく取り上げられる階段ですね)

「戦国一の出世頭」「人たらし」など明るいイメージで語られる秀吉ですが、その反面、ブチ切れたときの八つ当たりの激しさやコンプレックスも相当なものです。

それは別の建築物・聚楽第の一件を見てもわかるでしょう。

豊臣秀次事件の後、「秀次が住んでいたから」というだけの理由で、豪華な建物を徹底的に破壊したのでした。

聚楽第は、そもそも秀吉の京都滞在用でしたが、完成からわずか八年で姿を消してしまいました(移築されたと伝わる部分もあります)。

それだけに安土城は、本能寺の変直後に炎上しようがしまいが、いずれ消される運命に変わりはなかったでしょう。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

 

 滋賀県お金がなくて発掘が中断中なんだとか

秀吉が取り壊しを決めた理由が何にせよ。

徹底的に壊したせいでお現在の発掘調査も難航しているようです。

最終的に安土城を破壊した羽柴秀吉の邸宅があった場所

滋賀県主導で20年ほど調査しておりましたが、財政難によって今のところ再開の目処が立っていないとか。

そもそも規模がデカすぎて、再開したとしてもあと50年~100年かかるらしいです。

長ーーーーーーい!!!

最近のニュースでは、発掘調査よりも、再建計画や天主の想像図が話題になることが多いですかね。

全国の信長ファンでお金を集めれば、資金面では何とかなりそうなので、どなたかクラウドファンディングの立ち上げでもやってくれませんかね。

信長だったら海外からもお金が集まりそうな気がします。

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

明智左馬助(明智秀満)が光秀の妻子を殺し自害へ 哀しき明智家重臣の生涯

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれたのか? 28年の生涯まとめ

続きを見る

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon
安土城/wikipedia

TOPページへ

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.