信長御膳

織田家

信長による家康接待で出された料理はどんなもの?現代に蘇る信長御膳

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長の家康接待料理
をクリックお願いします。

 


家康は素直に喜べたのか? むしろプレッシャーでは?

そして何より、この御膳はストーリーをいただくメニューでもあります。

信長と家康の“勢力圏”から選りすぐった食材、心尽くしの工夫。

ふるまう信長、ふるまわれる家康。

彼らは何を思い食したのか?

想像力こそこのメニューにおける最高のスパイスになるはずです。

これは私の勝手な妄想ですが、家康は素直に「なんて素晴らしい食事なんだ。信長さん、ありがとう!」と思えたのだろうか?と、いささか不安に感じました。

なんせ相手は信長さん。その全力のおもてなしですから、口に入れる方のプレッシャーも尋常ではございません。

「これだけもてなしたからにはもっと働けという意味かもしれない」

そんな疑心暗鬼もあったかもしれません。庶民の下衆の勘繰りですみません。

それより何より、食材が各地から届き、遅滞なく調理されているということ。

これが既に権威です。

冷蔵庫もない、運送トラックも高速道路もない、そんな時代では新鮮な食材を運ばせ入手することこそ権力のあかしです。

これだけの食材を手に入れることができる範囲を支配下におさめている。こういう料理を他の地方大名やその使者相手にも振る舞うのですから、そうなると戦意喪失効果すら発揮しそうです。

スイーツである「羊皮餅」、これも素晴らしいと思います。

メニューに取り入れたのは女性受けという要素もあるわけですが、当時の最高級の料理を再現して、甘いものを抜かすというのは絶対にあってはいけないことだと思います。

この膳では金箔と金色の器で豪華さを演出していますが、当時の人々にとって「甘い」時点でこれはもう大変高価、食べる贅沢品であったわけです。

なんせ大半の人が、甘味といえば果物、蜂蜜を食べられる程度であった時代に、砂糖をふんだんに使った菓子がどっさりと置かれるのですからね。かなり衝撃的な状況であったハズ。

信長・秀吉・家康~天下人に愛された菓子 そして甘美は全国へ広まる

続きを見る

クレオパトラのように真珠をワインに溶かして飲む必要はありません。

ただ、甘いものを並べればそれだけでもう「主催者は金がうなるほどある」とアピールできるのです。

家康は舌鼓を打ちつつも、こんな凄い食膳を用意する信長の権力を目の当たりにしたわけです。

 


神君伊賀越えをしながら食事を思い出す……どころじゃないか!?

この食事が、それこそ衝撃的なのは、直後に本能寺の変が起こったことでしょう。

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

徳川家康は、当時最高の食、贅を味わいながら、ほどなくして絶体絶命のピンチに陥った【神君伊賀越え】をする羽目に陥るのです。

神君伊賀越え
神君伊賀越え・家康の逃亡ルートはどこだ?本能寺の変後に訪れた恐怖

続きを見る

明智光秀の軍勢、地元の野盗に怯えながら、命からがら伊賀を越えるとき、家康はこの日の食膳を思い出したのでしょうか。

ドラマ『真田丸』の内野聖陽さんが演じたように、情けないほどに逃げるのに必死で、信長の歓待など思い出すどころではなかったのでしょうか。

膨らみます。味も妄想も膨らみます。

食材の一つ一つを口元に運ぶたび、私の口内と脳内で歴史のエキスがジュワっと広がるのです。

こんなところで戦国談義に花を咲かせながらお酒を飲めたら、もう最高!

四世紀を経た現在、信長の家康接待は、食べるエンターテイメント、歴史学習として生まれ変わりました。

目で彩りを、舌で食感と味わいを、鼻で香りを、そして心と頭脳で歴史を楽しんでください。

箸を置いたとき、あなたと歴史の距離は食を通じて一歩近づいているはずです。


あわせて読みたい関連記事

神君伊賀越え
神君伊賀越え・家康の逃亡ルートはどこだ?本能寺の変後に訪れた恐怖

続きを見る

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

明智光秀
史実の明智光秀は本当にドラマのような生涯を駆け抜けたのか?

続きを見る

織田信長
史実の織田信長はどんな人物?麒麟がくる・どうする家康との違いは?

続きを見る

なぜ戦国最強の御家が滅んだか?平山優『武田氏滅亡』が圧倒的な読後感

続きを見る

武田勝頼
武田勝頼は最初から詰んでいた?不遇な状況で武田家を継いだ生涯37年

続きを見る

徳川家康
史実の徳川家康は三度の絶体絶命をどう乗り越えた?天下人の生涯75年

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考】
宝善亭(→link
徳川美術館(→link

TOPページへ


 



-織田家
-

×