陶晴賢

大内家

陶晴賢・戦国大内家の重臣はなぜ下剋上を起こし毛利に滅ぼされたか

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
陶晴賢
をクリックお願いします。

 


衆道の主従関係だったとも

もう一つは、これまた戦国時代によくあるアノ話です。

義隆と晴賢は若いころ衆道(男色)関係にあったため、次第に相良武任(さがらたけとう)という家臣が寵愛されていくことが晴賢にとっては耐えがたかった――というものです。

衆道は単なるごにょごにょだけでなく、主君と家臣の絆が強まり、出世のキッカケにもなりました。

忠誠と愛情の入り混じった複雑な関係だったのでしょうね。

男色・衆道
日本が男色・衆道に寛容だった説は本当か?平安~江戸時代を振り返る

続きを見る

国史大辞典によると、晴賢は幼い時は美少年で、文化的素養はなかったと書かれています。

つまり、美貌だけで通った若い時期が過ぎて、教養が求められる大人になってからは……という?

一方、恋のライバル武任は文官肌の人で、実際に能力もありますが、晴賢にとっては目の上のたんこぶでしかなく。

「殿がヤワな思考になってしまったのは、アイツがたぶらかしたからに違いない。

現に、殿はアイツに政務を任せっきりじゃないか!

アイツが殿を言いくるめて、自分のやりたいようにやってるんだ!おのれええええええええ!!アーッ!」

……というように、嫉妬と忠誠と猜疑心を爆発させてしまったんじゃないか?という話です。

まぁ、陶晴賢らの武断派(武力を中心とした一派)と、相良武任ら文治派(行政を中心とした一派)らの対立というがあり、その権力争いだった――という見方が自然ですね。

 


毛利が中国地方の覇者に

さて、新しく当主を決めたものの、その後の大内氏は歴史から消えていってしまいます。

そりゃ、理由があったとはいえ主君を殺した家臣がそのまま家の中にいるのですから、周りからは評判悪いですよね。

大内氏に従っていた周辺の領主達も「もうアンタの家はイヤでーす」とばかりに次々と離反していってしまいます。

替わりに出てきたのが、かの毛利元就でした。

天文24年(1555年)、元就が表舞台に出てくるキッカケとなった【厳島の戦い】が勃発。

大寧寺の変で弱体化した大内氏は、毛利氏の前に敗れてしまいます。

結果、晴賢は35歳の若さで戦死してしまいました。

皮肉なことに、晴賢は主家を再興するどころか元就の前座になってしまったのです。

厳島の戦いは、毛利元就による鮮やかな奇襲が炸裂した戦いとして知られます。

詳細は以下の記事にありますので、よろしければ併せてご覧ください。


あわせて読みたい関連記事

厳島の戦い
厳島の戦いで毛利軍の奇襲炸裂!陶晴賢を破り元就が中国地方の覇者へ

続きを見る

毛利元就はどんな合戦や策を用いて中国地方8カ国を支配したか

続きを見る

大内義隆
西国一の戦国大名だった大内義隆がなぜ滅んだ?45年の生涯まとめ

続きを見る

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

明智光秀
史実の明智光秀は本当にドラマのような生涯を駆け抜けたのか?

続きを見る

大友宗麟(大友義鎮)
戦国九州の王者か非道の暗君か?大友宗麟(義鎮)58年の生涯まとめ

続きを見る

連歌
光秀も藤孝も幸村もハマっていた!連歌が戦国武将に愛された理由とは

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
峰岸純夫/片桐昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon
阿部猛/西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(→amazon
陶晴賢/wikipedia
大内義隆/wikipedia

TOPページへ


 



-大内家
-

×