絵・小久ヒロ

斎藤家

道三の側室・深芳野は美濃に災いをもたらす高身長美女? 息子と夫が殺し合い

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
深芳野
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

頑固一徹の妹だった?

さて、この深芳野という女性、戦国乱世を生き残れず滅亡してしまった美濃斎藤氏の関係者ということもあり、生涯のほとんどが謎に包まれています。

具体的な生年などは伝わっておらず、「頑固一徹」という四字熟語の由来される猛将・稲葉一鉄の妹だと言われています。

稲葉一鉄(稲葉良通)
稲葉一鉄(美濃三人衆の一人)は信長の下でどんな活躍を? 生涯74年まとめ

続きを見る

一鉄の娘であるということはすなわち稲葉氏の一族に類する女性と考えるべきなのですが……土岐氏の歴史をまとめた『土岐累代記』という史料では、彼女の出自を「丹後宮津城主一色左京大夫(一色義清)の娘」と表現しています。

出自からして分裂しておりますが、いったいどちらが正しいのか。

結論から言ってしまうと、後者の「深芳野一色氏出身説」にはやや不自然な説明が多く、近年の研究では前者(稲葉一鉄の妹)を採用することが多いようです。

史料的根拠であった『土岐累代記』の中に「一色氏はもともと土岐氏の一族であった」という、いささか無理のある記載が掲載されております。

早い話がデタラメ。
史料としての信頼性が弱く、彼女は一色氏の出身とみなされないようになってきたのです。

ではなぜ『土岐累代記』で一色氏扱いしたのか?

これを予想してみますと、同史料は性格上「土岐氏のことをヨイショする」という方向性でまとめられていたからではないでしょうか。

彼女を稲葉氏ではなく一色氏の出身としておくことで、土岐氏の系譜に位置づけられる人物となるためでしょう。

息子の義龍も後年に一色氏を名乗っていますから、その正当性を担保する必要があったわけです。あくまで想像ですが。

今となっては稲葉一鉄の妹のほうが世間的な通りは良いかもしれません。

 

みんなが読んでる関連記事

美濃の戦国大名・土岐頼芸~道三に追い出され信玄に拾われた83年の生涯

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

江戸時代以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも数多の子が亡くなった

続きを見る

斎藤義龍
斎藤義龍(道三の長男)はなぜ父マムシを殺したか?33年の生涯まとめ

続きを見る

武田信虎
武田信虎(信玄の父)は暴君に非ず! 武田家飛躍の土台を築いた悲哀の生涯

続きを見る

武田信玄
武田信玄 史実の人物像に迫る!父を追放し三方ヶ原後に没した53年の生涯

続きを見る

稲葉一鉄(稲葉良通)
稲葉一鉄(美濃三人衆の一人)は信長の下でどんな活躍を? 生涯74年まとめ

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

長良川の戦い
長良川の戦いで父・道三と息子・義龍が激突!その後の斎藤家はどうなった?

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

大河ドラマの関連記事は以下にございます

麒麟がくる感想あらすじレビュー

麒麟がくるキャスト

麒麟がくる全視聴率

文:とーじん

【参考文献】
斎藤道三と義龍・龍興(戎光祥出版)』(→amazon
「総論 美濃斎藤氏の系譜と動向」『論集 戦国大名と国衆16 美濃斎藤氏(岩田書院)』(→amazon
明智光秀・秀満(ミネルヴァ書房)』(→amazon
「一番身長が高かった戦国武将は誰?」歴史人編集部
『歴史人』2017年6月号

TOPページへ

 



-斎藤家
-,