島津家

島津の退き口とは? 島津家一世一代の撤退戦は陰の立役者・中馬重方が熱い!

更新日:

寛永十二年(1635年)12月18日、薩摩藩士・中馬重方(ちゅうまんしげかた)が亡くなりました。

おそらくや『誰だ?』と思う方が多いかもしれませんが、
島津の退き口
で一世一代の大手柄を挙げた人。

というと俄然興味が湧いてくるのではないでしょうか。

一体、中馬はどんな活躍をしたのか?
歴史に名高い島津義弘の【島津の退き口】と共に見て参りましょう。

 

島津の退き口は鳥居の拒否から始まった

その活躍とは、有名な「島津の退き口」でのこと。
元々島津家は遠いこともあり、三成vs家康の戦いには積極的に関与するつもりはありませんでした。
が、たまたま島津義弘が中央に来ていたときに二人がドンパチを始める気配を見せたため、逃げ帰ることもできずイヤイヤ参加したのです。

家康は義弘の実力を知っていますから、これを見逃す手はありません。
伏見城にウチの部下がいるので、そこへ援軍に入ってもらえんかね」と書き送り、義弘も「多分家康が勝つだろうし、いいだろう」と考えてその通り伏見城へ向かいます。

が、家康の部下・鳥居元忠に連絡が行っておらず「殿からそんなこと言われてないんで城には入れません!」と言われて、これまた不本意にも西軍につかざるを得なくなってしまいました。
ちなみにその後、西軍に攻められた元忠は討ち死にしてしまうんですが……もし義弘を城に入れていたらどうなってたでしょうねえ。「島津の伏見城脱出」とか胸アツ。

 

いざ京都!薩摩からはせ参じるアツイ男

まあそれはさておき、参戦するつもりではなかった=兵も軍備も整っていなかったということになりますよね。
そこで義弘はあっちこっちに声をかけて兵数を集めるのですが、同時に国許へも「かくかくしかじかでちょっと困ってるからしばらく帰れません」と使者を出しました。
重方はこれを聞きつけて、取るものもとりあえず一路義弘の下へはせ参じたのです。
途中で他人の武具を強奪したとか、はたまた長宗我部家の一領具足(畑仕事中でもすぐ出陣できるよう、槍や鎧を畑の横に置いて備えていた半士半農の兵)のように予め準備していたとかいろいろ説が分かれていますが、どちらにしろ寝る間を惜しんで上京したのは確かなようです。

何でそこまでするのか、現代人からするとちょっと不思議ですよね。
理由は至ってシンプルなもので、重方は義弘に大きな恩があったのです。
昔、重方は上司とソリが合わずに領地も身分も没収されてしまったことがありました。
しかし義弘には気に入られていて、いろいろ没収されている間も米を貰ったり、朝鮮の役にお供をして武功を立てるチャンスを与えられたりと、命の恩人といっても過言ではないくらい助けてもらっていたのです。
その人が上方で困っているのですから、「いざ上方!」と勇み足になるのも無理はありません。でもカツアゲはいかんやろ。

「そんな状態で大丈夫か?」とツッコみたくなるところですが、上記の通り義弘はそもそも当初東軍につくつもりでいた上、兵の少なさから三成に意見を容れてもらえずスネてしまいます。
「わざわざ来てやったのに、ハナっからナメてかかるような小僧には協力してやらんわ!もう知らん!」というわけです。
おそらくこの間に、重方その他上洛してきた兵は体力を回復させたのでしょう。
この後のことを考えると良かったんだか悪かったんだか。

 

「その食料を殿様に…」「うちらが食べないと殿様守れるやついなくなる!アム」

そして関が原のラストを飾る大舞台・島津の退き口が始まります。
有名なエピソードですし、既にご存知の方も多いと思うので詳細は割愛しますが、これは東軍のド真ん中をぶった切るように通るというまさに捨て身の撤退。
当然犠牲もすさまじく、約1500人だった島津兵の9割以上が戦死するというすさまじい戦いでした。
そこまでして義弘を逃がした島津の結束力を、もし三成が理解していればまた別の歴史が生まれていたに違いありません。

が、現実には三成は逃亡、義弘達は追撃や落ち武者狩りの目を掻い潜って一路薩摩へ向かいます。
このとき生き残った数十名の一人が重方なのです。
彼の名前が特に記録されているのは、逃げる最中の機転によるもの。
武家にとってはある意味命よりも大事な旗印を「ンなもん今は目立つだけなんだから捨てていけ!」と言い放って折らせたり、わずかな食料を見つけては「ワシらが殿を守るんだから、ワシらが食わんでどうする!」なんてヘタしたらその場で手打ちになりそうなことを主張したりとかなりブッ飛んだ言動をしています。

多分この辺の突拍子のなさが、かつての上司とケンカした一因なんでしょうねえ。
逆に義弘はその合理主義っぷりを好んでいたのでしょう、旗印の件も食料についても重方の言う通りにしています。

 

主君のためかけつけ手段を厭わない武勇は語り継がれ

そして無事薩摩へたどり着いた後、重方は一躍有名人になりました。
主君のために駆けつけ、主君のために手段を問わず、主君を守り抜いたその武勇を聞きつけてあちこちから「ぜひお話を!」と若い武士が押しかけてくるようになったのです。
中でも食料の件については「いざというときは多少主君にガマンしてもらってでも、お助けしなくてはいかん」という教訓になったようで、本人もお気に入りの逸話だったとか。

重方は亡くなったとき70歳でしたので、逆算すると関が原の戦いがちょうど人生の折り返し地点になります。
若い頃勘気を被って生活に困った人が、後半生では皆に慕われる古強者になったという、まさに武士らしい生涯を送った人でした。

現代だと三十を過ぎたあたりで「もう若くないからなあ」なんて言い出す人が多いですけれども、もしかしたらこんな風に一発ドカンとやれるチャンスがあるかもしれませんよ。
かといって、流石に上司のために命張るのはSPの方々くらいでいいですが。

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
中馬重方/wikipedia

 



-島津家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.