島津家

島津の退き口!一世一代の撤退戦は中馬重方らの忠義に支えられた【戦国関ヶ原】

寛永十二年(1635年)12月18日、薩摩武士・中馬重方(ちゅうまんしげかた)が亡くなりました。

おそらく多くの方が『誰だ?』と思うかもしれませんが、
島津の退き口
で一世一代の大手柄を挙げた人――というと、俄然、興味が湧いてくるのではないでしょうか。

一体、中馬はどんな活躍をしたのか?

歴史に名高い島津義弘の【島津の退き口】と共に見て参りましょう。

 

島津の退き口は鳥居の拒否から始まった

島津の退き口とは何なのか?

関ヶ原の戦いで西軍に付いた島津義弘が、敗戦がほぼ確定した後、鹿児島まで逃げ帰った――というと、事実ではありますがかなり語弊がありまして。

この義弘、敗戦を悟ると、敵に背を向けて撤退するどころか、東軍のド真ん中へ突進!
あの井伊の赤鬼こと井伊直政の追っ手を振り切り、無理やり退路を確保、そして逃げ切ったことから伝説的な撤退戦として今日まで語り継がれてきたのです。

井伊直政は、このときの鉄砲傷が原因で亡くなったとも推測されています。

てなわけで、この島津の退き口を振り返るため、関ヶ原の戦い前まで時間を戻しましょう。

火縄銃(種子島)で撃たれたらどんな死を迎える?直政の死因は鉛中毒か

続きを見る

もともと島津家は中央から遠いこともあり、三成vs家康の戦いには積極的に関与するつもりはありませんでした。

しかし、たまたま島津義弘が中央に来ていたときに二人がドンパチを始める気配を見せたのです。

家康は義弘の実力を知っていますから、これを見逃す手はありません。
伏見城にウチの部下がいるので、そこへ援軍に入ってもらえんかね」と書き送り、義弘も「たぶん家康が勝つだろうし、いいだろう」と考えてその通り伏見城へ向かいます。

しかし、そこで大きな誤解が生じます。

家康の部下・鳥居元忠に連絡が届いておらず
「殿からそんなこと言われてないんで城には入れません!」
と入城を拒否されてしまったのです。

義弘は、石田三成からの誘いもあって、不本意ながら西軍につかざるを得なくなってしまいました。

ちなみにその後、西軍に攻められた元忠は討ち死にしてしまうんですが……もし義弘を城に入れていたらどうなってたでしょうねえ。
「島津の伏見城脱出」とかでしたら、それはそれで胸アツですね。

 

本国からの派兵ナシ そこで駆けつけたのが……

それはさておき、参戦するつもりではなかった=兵も軍備も整っていなかった島津軍。

義弘はあっちこっちに声をかけて兵数を集めるのですが、同時に国許へも「かくかくしかじかでちょっと困ってるからしばらく帰れません」と使者を出しました。

それが恥ずかしかったのでしょう。
長宗我部盛親が軍役よりはるかに多い5,000の兵、立花宗茂も同じく軍役より多い4,000もの兵を引き連れているのに、薩摩の軍は1,000人足らずで情けない」という書状も家来に送っています。

石高を考えれば長宗我部家は2,000ほど、立花家は1,300ほどが課される相場だったようで、その2倍、3倍を引き連れていたんですね。

むろん義弘も国許の兄・島津義久や実子・島津忠恒に派兵の要請を何度も出しておりました。が、ことごとくスルーされてしまいます。島津“家”としては、東西いずれかに加担するのは危険だと判断したのでしょう。

どちらにせよ島津義弘が嘆きたくなるのも無理はありません。

島津義弘(四兄弟の次男)が鬼島津と呼ばれる所以! 85年の生涯まとめ

続きを見る

それだけに義弘の窮状を聞きつけ、取るものもとりあえず中馬重方がはせ参じたのは嬉しかったことでしょう。

途中で他人の武具を強奪したとか、色々と説がありますが、どちらにしろ寝る間を惜しんで上京したのは確かなようです。

なぜ、そこまでするのか。
現代人からするとちょっと不思議ですよね。

理由は至ってシンプルなもので、重方は義弘に大きな恩があり、また義弘も重方を気に入っていたのです。

 

開戦!関ヶ原

昔、重方は上司とソリが合わずに領地も身分も没収されてしまったことがありました。

しかし義弘には目をかけられていて、いろいろ没収されている間も米を貰ったり、朝鮮の役にお供をして武功を立てるチャンスを与えられたりと、命の恩人といっても過言ではないくらい助けてもらっていたのです。

その人が上方で困っているのですから、「いざ上方!」と勇み足になるのも無理はありません。
特に気性の熱い薩摩隼人ですしね。

そして関が原の戦いがいざ開戦。
このとき島津勢は、後ろの第二陣に控えておりました。

強力な島津勢をなぜ背後に置いたのか?

通説では【島津豊久が家康本陣への夜討ちを提案したところ断られ、石田三成と島左近に恨みを抱いた】なんて話もありますが、それは義弘の家来の話が誇張されただけで、島津としては第二陣で出番を待ち構えていたところ想像以上に早く西軍が総崩れとなってしまったため、参戦の機会を失った――という指摘があり、そちらの方が信憑性が高そうです。

ともかく戦況を見つめる島津軍としては、西軍の勝利を祈るばかりですが……。

そこで起きた小早川秀秋勢の裏切り。
当初から東軍だったのでは?という目測もありますが、小早川勢に続いて
脇坂安治
朽木元綱
・赤座直保
・小川祐忠
という四武将も東軍に寝返り、瞬く間に西軍は崩れていきます。

敗走する宇喜多勢が、島津の陣所にまで雪崩くる気配があり、豊臣家内での骨肉の争いに失望しつつ、そこで義弘は「5,000の薩摩兵がいたら勝てた」と幾度かつぶやいたと言います。

それは同時に、稀なる撤退戦を覚悟した言葉でもありました。

 

言葉が出ないほど凄まじい薩摩武将たちの死

前述のとおり、島津義弘たちが選んだ作戦は、東軍のド真ん中をぶった切るように通る――捨て身の撤退。
まずは大軍をひきつけてから一気に反撃にでるというもので、文禄・慶長の役でも用いられた戦法でした。

負けを悟った西軍のほとんどは背後にあった伊吹山方面へ敗走しており、東軍の目もそちらに向かっていたでしょう。その中を突撃していくのですから、勝ち戦で勢いに乗る徳川方にとってはさぞかし奇異な動きに見えたに違いありません。

義弘は、みずから太刀を振るいつつ福島正則勢の脇を突き抜け、家康本陣と衝突しそうになりながら伊勢街道へ出て、進軍速度を速めます。

と、そこで襲いかかってきたのが、井伊直政に本多忠勝松平忠吉らの東軍勢でした。

戦国最強と称される本多忠勝に、捨て身の突撃(突き掛かり戦法)を駆使する赤鬼・井伊直政……。

井伊直政―赤鬼と恐れられた42年の生涯まとめ【徳川四天王 参之太刀】

続きを見る

このとき用いられた薩摩の用兵が【捨て奸(すてがまり)】として知られてますね。
死を覚悟した兵たちを道中におき、鉄砲で敵を威嚇し、その隙に主の島津義弘を撤退させるというものです。

漫画『ドリフターズ』で人気の島津豊久も、このとき13人の配下と共に道中で踏みとどまって時間稼ぎをし、義弘の撤退を助けたと言います。

他に、長寿院盛淳という薩摩武士は、義弘が豊臣秀吉から拝領した陣羽織を身にまとい、腹を十文字に切って東軍の前で切腹するという壮絶な最期を遂げました。

簡易的な影武者になり「島津義弘はここで死んだ!」とアピールしたんですね。
あまりに壮絶な死に、言葉を失ってしまいます。

そこまでして義弘を逃がした島津の結束力、精神力。
5,000の兵がいれば勝てた、という義弘の言葉もあながち強がりには聞こえません。

もしも石田三成が理解していれば、また別の歴史も生まれていたことでしょう。

三成 関ヶ原後の逃亡生活六日間!「我は衣食住より家康の首を欲するなり」

続きを見る

関ヶ原直後に起きた佐和山城の戦い(三成の居城)女郎墜の悲劇とは?

続きを見る

当然、この退き口は犠牲も尋常ではなく、約1,500人いた島津兵の9割以上が戦死するというすさまじい戦いでした。普通の軍であれば、それよりずっと前に潰走してもおかしくはありません。

義弘達は追撃や落ち武者狩りの目を掻い潜り、一路、陸路→海路を利用して薩摩へ戻ろうと画策。
このとき生き残った数十名の一人が重方です。

 

主君のためかけつけ手段を厭わない武勇は語り継がれ

彼の名前が特に記録されているのは、逃げる最中の機転です。

武家にとってはある意味命よりも大事な旗印を「ンなもん今は目立つだけなんだから捨てていけ!」と言い放って折らせたり、わずかな食料を見つけては「ワシらが殿を守るんだから、ワシらが食わんでどうする!」なんて、ヘタしたらその場で手打ちになりそうなことを主張したり、かなりブッ飛んだ言動をしています。

おそらく、この辺の遠慮のなさが、かつての上司とケンカした一因かもしれません。

逆に義弘は、その合理主義っぷりを好んでいたのでしょう。
旗印の件も食料についても重方の言う通りにしています。

なお、退き口ルートをざっと記した図が以下のマップになります。

関ヶ原→牧田→駒野→駒野峠を越えた後、鈴鹿山脈の東側に沿って南下し、いったん道を誤って引き戻ったりしながら、楠原→伊賀上野→信楽→大坂へ出て、堺から船に乗っています(参照『関ヶ原 島津退き口 (学研M文庫)』)。

なんだか徳川家康の【神君伊賀越え】と似た印象ですね。

神君伊賀越え(家康の逃亡ルート)はここ! 本能寺で信長が横死した後の悲劇

続きを見る

そして無事薩摩へたどり着いた後、重方は一躍有名人になりました。

主君のために駆けつけ、主君のために手段を問わず、主君を守り抜いたその武勇――噂を聞きつけてあちこちから「ぜひお話を!」と若い武士が押しかけてくるようになったのです。

中でも食料の件については「いざというときは多少主君にガマンしてもらってでも、お助けしなくてはいかん」という教訓になったようで、本人もお気に入りの逸話だったとか。

重方は亡くなったとき70歳でしたので、逆算すると関が原の戦いがちょうど人生の折り返し地点になります。
若いころに勘気を被って生活に困った人が、後半生では皆に慕われる古強者になったという、まさに武士らしい生涯を送った人でした。

現代だと三十を過ぎたあたりで「もう若くないからなあ」なんて言い出す人が多いですけれども、もしかしたらこんな風に一発ドカンとやれるチャンスがあるかもしれませんよ。
いや、50歳、60歳になったって、人はヤル気次第で何でもできる……と思いたいです。

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
『関ヶ原 島津退き口 (学研M文庫)』(→amazon
『<島津と戦国時代>意地をみせた根白坂奪還戦/敵中突破「島津の退き口」 (歴史群像デジタルアーカイブス)』(→amazon
中馬重方/wikipedia

 



-島津家
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)