現在の二条城

二条になかったこともある二条城アレコレ 信長 秀吉 家康との関わりは?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
二条城
をクリックお願いします。

 

秀吉の建てた「二条第」

現在の中京区にあったとされる建物です。

やはり京都での拠点として作られたものですが、聚楽第完成までの中継ぎ的な位置だったようで、あまり記録が残っていません。

現在の二条城唐門

その聚楽第も見事に数年でぶっ壊されてますが……。

宣教師ヴァリニャーノがここへ宿泊したらしきことを書き残しているので、京都を見せつつ接待したいような相手への迎賓館のような使われ方もしていたと思われます。

 

家康の建てさせた「二条城」

これまた家康が京都での拠点として造営を命じた場所です。

「今日からアンタが幕府のトップだからしっかりやれよ」という儀式(将軍宣下)が行われるなど、”京都における幕府の顔”というべきところでした。

それに伴って200年ほど放置プレイをされていました。

なぜか京都所司代(幕府から京都に出張してた役人)はここを使わず、別の見張りが設けられています。

なぜ一緒にしなかった。今だったら確実に「税金の無駄使い」として移民やマスコミの攻撃の対象になっていそうです。

そんな扱い+度重なる災害のおかげですっかり城というより廃墟状態になっていたそうですが、十四代・徳川家茂が上洛の際に使うことになったため、ようやく修復されました。

家茂は第二次長州征伐のときにも一度ここへ立ち寄っています。

また、十五代・徳川慶喜も二条城とは浅からぬ縁があります。江戸幕府の将軍としてかなり久々に二条城で将軍宣下を受けていますし、大政奉還の意思を明らかにしたのもここでした。

このため、「徳川幕府の始まりと終わりの地」と見ることもできます。

ただの偶然の可能性もなくはないですが、慶喜ってこういう「家康が何かしたところた日に被せたかのような行動」を度々してるんですよね。

現在の二条城夕焼け

その後は現在に至るまで、家康の建てさせたものがずっと二条城と呼ばれています。

明治時代からは所属が役所になったり軍になったり宮内省(宮内庁の前身)になったり。結構たらい回しになってますね。

家康が大坂城をもてあましたのと同じような感情があったのかもしれません。

江戸城は皇居に作り変えてイメージを変えることができましたけれど、二条城を京都での御所にするわけにはいきませんからね。本家本元がすぐそこにあるのです。

一応、大正天皇が即位された際のパーティーが二条城で執り行われているので、放置されっぱなしというわけではないのですが。

みんなが読んでる関連記事

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

足利義満
足利義満 史実の人物像に迫る! 日本国王の称号を持つ将軍51年の生涯

続きを見る

足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際! 麒麟がくるで注目されるその生涯

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

徳川家茂
徳川家茂(徳川14代将軍)勝海舟にも認められた文武の才 その実力とは

続きを見る

長州征伐(長州征討)
長州征伐(征討)がスッキリわかる!天皇 幕府 外国人の視点も大切です

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

大政奉還
慶喜と西郷の思惑が激突! 大政奉還が実施されたのになぜ戦争が始まった?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
世界遺産元離宮二条城(→link)
二条城/wikipedia

TOPページへ

 



-
-