武田・上杉家

第三次川中島の戦い 全貌がわかる! 真田の調略と信玄の緻密な戦術が凄まじい

更新日:

戦国武将の戦略・戦術は【城の展開】から探ると意外な事実が見えてくる――。

そんな視点から迎えた、シリーズ戦国武将の城・武田信玄

前回の【第二次川中島の戦い】では、武田・上杉両軍が硬直したまま動くに動けず、今川義元の仲介で両軍撤退となったところまでお送りいたしました。

では、武田信玄はおとなしく甲斐に帰ったの? なんて聞いたら、「戦国をナメるな! そしていぶし銀なワシを見くびるな!」と信玄公に一喝されるでしょう。

停戦の盟約など屁にも思っていないのが我らが信玄公。
早速、上杉方である北信濃衆の取り込みにかかり、緻密な攻城戦が行われました。

果たして【第三次川中島の戦い】とはいかなるものか?

合戦、スタート!

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20141218-1

地図上にマークされたポイントは全て城であり、第三次川中島の戦いの舞台は戦線が拡大します(まずはイメージだけでも)/©2014Google,ZENRIN

 

真田兄弟の祖父が大活躍

第三次川中島の戦いで活躍するのは「真田幸隆」です。
現在は「真田幸綱」表示のほうが一般的ですかね。

皆さんご存知、真田昌幸の父ちゃんであり、真田信之真田信繁真田幸村)のじいちゃん。

真田幸綱(真田幸隆)が信玄の快進撃を支えた! 幸村の活躍は祖父あってこそ

歴 ...

続きを見る

彼等の本拠地は信濃の小県(ちいさがた)郡にあり、一時は北信濃の名主・村上義清に追放されて上野国(群馬県)に身を寄せたりしていました。

それが武田信玄の傘下に入った頃から徐々に盛り返し、しまいには調略だけで堅城「砥石城」から宿敵・村上義清を追い出し、積年の恨みを果たしたという筋金入りのアウトローです。

信玄が力攻めでも落とせなかった砥石城/wikipediaより引用

信玄は村上義清と対決していたときから幸綱を北信濃方面の先鋒として送り出していました。

まるで地獄から帰ってきたかのように六文銭の旗をチラつかせて北信濃に帰還した真田幸綱に対し、地元の国人衆は尋常じゃないサバイバル能力を認めたでしょうし、村上義清無き今、現状に不満を抱く彼らにとっては、お近付きになりたい人物だったことは間違いないでしょう。

特に
「本家とうまくいっていない」
「相続が少ないわりに軍役が多い」
「現当主がバカだ」
といった現状に悩み多き「分家筋の国人衆」にとって真田幸綱は救いの神。

幸綱はそんな彼等に向かって説きます。

幸綱'sポイント

「悪いのは君じゃない。
村上や上杉なんぞを名主に仰ぐ無能な本家筋が悪い。
うち(真田家)なんか長年不遇だったけど武田に味方した途端に運が開けたんだぜ。
甲州人の下につくのが不服?それなら武田を利用してやると考えればいいのさ。
お館様も大いに構わないと言っている。
君も武田に味方してその不遇な生活とおさらばしようぜ」

実際、名主・村上義清に逆転サヨナラ弾を打ち込んだ地元出身の男の誘いです。
この説得力のある言葉に乗らない手はありません。

それに家名を残すことも家の大事です。
北信濃の国人衆がどちらに転んでも家名が残るように上杉と武田に別れる道を選んでも何の不思議もありません。

そして続々と武田方の味方になると申し出る国人衆が現れました。

彼らを総称して「信濃先方衆」と呼び、真田幸綱がリーダーとなって、その後の川中島の戦いを有利に進めて行くことになります。

 

手始めは葛山城だ

真田幸綱は第二次川中島の戦い後、早速、葛山城を拠点とする国人衆「落合氏」に調略を仕掛けます。

この葛山城は第二次のときには「旭山城」の付け城として上杉謙信も本陣を置いていた山城でしたね。
停戦の合意で旭山城はすでに破却されていますので、この葛山城が上杉の境目の城となります。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20141218-3

旭山城亡き今、犀川の北部に橋頭堡を築くには葛山城の奪取が必須となります/©2014Google,ZENRIN

葛山城を拠点にしていたのは落合治吉(おちあいはるよし)という国人でした。

ここの当主がどうも分家の親戚衆とうまくいっていない――そんな噂を聞きつけた真田幸綱は、親戚衆を武田方に離反させることに成功。
葛山城攻略のお膳立てをしています。

これはほんの一例ですが真田幸綱が調略した北信濃国人衆は数多く、あまりに多過ぎて、いつ寝返りを約束したのかイマイチ分かっていない国人衆だらけです。

まぁ、そりゃ当然なんですけどね。
調略は内密にやるものです。

この第3回川中島の戦いよりずっと以前に調略に成功していた可能性もあり、主な例を挙げてみましょう。

鞍骨城くらほねじょうの清野氏(埴科はにしな郡方面・以下「松代方面」で統一)

寺尾城の寺尾氏(松代北部)

春山城はるやまじょうの綿内氏(須坂方面)
※本家の井上氏(井上城)ともめていた

鞍骨城と春山城は古くからこの地域の堅城として

「一に春山、二に雨飾、三に春山」

と数えられていた名城です。

武田方は幸綱の働きにより、戦わずして実に二つの堅城を手に入れたのです。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20141218-4

埴科郡方面。松代は地域全体が山に囲まれた要塞のような土地です/©2014Google,ZENRIN

 

真田本城から松代方面へのルートを確保せよ

ここまで進めて、皆さんすでにお気づきでしょうか。

真田幸綱の調略先は松代方面が多い。
もちろん幸綱は信玄の指示通りに調略を仕掛けています。

では信玄の意図はどこにあったのでしょう?

地図をよぉくみると一本の筋が見えてきます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20141218-5

©2014Google,ZENRIN

そうです。
真田の本拠地、小県郡の真田本城から峠越えで松代方面に入るルートです。

第二次川中島の戦いのときにに、信玄の問題は善光寺平攻略ルートが犀川渡河に限定されることだ――と私は書きました。

しかし松代方面から寺尾城、春山城方面に向かい千曲川沿いに北上すれば、川中島や犀川を通過することなく越後方面へ進出することが可能になります。

これで武田信玄の戦略が大幅に広がったのです。

 

「さっさと攻め落とせ」信玄からの圧迫書状

破竹の勢いのように見える真田幸綱ですが、一人だけどうしても寝返らない国人がいました。

先ほど紹介した「一に春山、二に~」の二番目 ・雨飾城あまかざりじょうの城主、東条信広ひがしじょうのぶひろです。

雨飾城は、雨厳城とか尼巌城、あるいは尼飾城とも書きますね。
以下の画像がそうです。

写真左のもっこりした山が雨飾城

おそらく東条家は結束が固く、調略の取っ掛かりとなる親戚同士の内輪揉めがなかったのでしょう。

さらに厄介なことに居城・雨飾城は三方が切り立った崖になっており、攻め口は尾根伝いの一つだけ。
攻め口が一つということは攻撃ポイントが限定されてしまうので守備側はそこだけを守ればいいので少人数でも戦えるのです。

一言でいえば要害堅固。

絶対に力攻めしたくない雰囲気がプンプン匂う城です。現地に行くと、今も漂ってます。

真田幸綱が調略に手こずっていると、案の定、甲府の武田信玄より催促の手紙が来ます。
要約するとこうです。

信玄's書状

幸綱へ
さっさと攻め落とせ
信玄より

って、怖っ!

この信玄の催促の理由ですが、考えられるのが上杉謙信の動向です。

謙信は、なんとこの時期、家臣同士の土地争いに嫌気がさし、すべてを放り出して高野山に旅立っているのです。

ここで信玄の大戦略を思い出してみましょう。

「謙信の留守を狙え!」

いわば絶好のチャンスなのです。
この最大の機会に真田幸綱の調略が思わしくないとなればもう力攻めしかありません。

後詰め(謙信)は高野山の彼方です。
来るわけがありません。

城への力攻めは「愚策」の一つですが、武田信玄ほどの人物が下した「城攻め」の命令は、確実な情報収集に基づいて出されていたのですね。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20141218-7

©2014Google,ZENRIN

 

真田幸綱、痛恨のミス! 調略失敗からの~雨飾城攻城戦

力攻めを指示された真田幸綱は早速攻城戦へと取り掛かります。
そして何度か失敗しています。

落城までの経緯は記録にないので分かりませんが、「さっさと落とせ」という無茶な命令を出された真田幸綱もさぞかし困ったでしょう。

ここで真田幸綱は、おそらく上司の小山田虎満に相談したと思います。

小山田虎満は武田家譜代の直臣で、後に武田勝頼を裏切る小山田信茂とは別系統の小山田氏です。
「上原」も名乗っていたので上原氏と紹介されることもありますが、同じ人物です。

この虎満は当時、信濃佐久にある「内山城」の城代でした。
その内山城も、切り立った崖の上に築城された山城で、虎満はこの内山城を攻城し、そのまま城代となりました。

雨飾城と似たような城の攻城経験があり、また雨飾城の攻略後、小山田虎満も雨飾城城代となって松代方面の指揮を執ったという経緯があるため、真田幸綱が小山田虎満に教えを乞い、攻城戦の実績がある兵を借りた可能性まで考えられます。

現代になって、雨飾城からは大量に焼けた米が発掘されたようです。

武田流攻城術の「放火」戦術が使われたのは間違いないでしょう。
城下町から何から放火しまくるという、武田の攻城戦はかなり酷い結果になることも覚えておくと、お城巡りの時の妄想も広がります(笑)。

 

武田左翼軍、猛攻開始!葛山城落城

雨飾城を落として善光寺平の南東部を固めた武田信玄は、早速、動きました。

上杉方が雪で動けない真冬を狙い、先ほどの旭山城の付け城「葛山城」に馬場信房を派遣して猛攻をしかけたのです。

馬場信房は武田家の譜代の家老で、この頃は松本城の前身「深志城」の城代でした。

松本から川中島までは結構な距離ですが、犀川沿いに下っていくと川中島の西方に出ることができます。その中間の位置に牧城まきじょうという信濃国人衆・西条氏の居城がありました。

信玄は、武田方の味方になった西条氏には松代方面に移ってもらって、牧城まで馬場信房を前進させます。

後に馬場信房はこの牧城を改修して武田流築城術のすべて注ぎ込んだ「牧野島城」を築城。
現在でも牧野島城の遺構はよく残っており、武田流築城術を学ぶのに訪れるべき城の一つです。

馬場信房に、この牧城から出て葛山城を攻めさせたのです。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20141218-8

馬場信房(信春)の進軍ルート/©2014Google,ZENRIN

上杉軍という後詰めがいなければ、堅い葛山城でもあっさり陥落するものです。

実際、水の手を断ち切られ、火をかけられた落合氏の城兵はほぼ全滅したと言われています。
城の水の手というのは極秘中の極秘ですので、真田幸綱が調略した落合氏の親戚衆の手引きがあったのは間違いないでしょう。

このように「城の水の手を断つ」という攻城戦術を見たら内応者の存在を疑いましょう。

逆に内応者を得られないと雨飾城の攻城戦のように「水の手を断つ」戦術が使えず、苦戦する原因にもなるのです。

 

武田右翼軍、進撃開始! 犀川渡河は危険?

次に武田の右翼、松代を完全に手中に収めた真田の信濃先方衆が千曲川に沿って北上します。

この付近には島津氏という上杉方の国人衆がいましたが、島津氏は千曲川の渡しを管理していた居館・長沼城を捨てて、詰めの城・大倉城に籠もります。

しかし勢いに乗って迫ってくる武田の軍勢と大雪で、上杉の後詰めが期待できない状況にあっては越後まで落ちていくしかありませんでした。

武田信玄はこの間、もちろん力攻めだけを指示してはいません。

善光寺の北方、越後との国境深くまで調略の手を伸ばし、残る北信濃国人衆も親戚同士の内輪揉めにつけこんで次々と味方に付けていきます。
中野、飯山方面では高梨氏の親戚衆である山田氏と木島氏の調略に成功し、要衝・飯山城を攻めます。

飯山城は江戸時代には飯山藩として信越国境の押さえとなる独立した藩として存続していました。
この一件だけでも飯山城が交通の要衝としての重要性が分かります。

ここを奪われると本当に越後はピンチなのです。そして……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-武田・上杉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.