武田・上杉家

魚津城の戦い(織田vs上杉)が劇的! 本能寺の凶報は上杉武将の自刃後に届く

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
魚津城の戦い
をクリックお願いします。

 

魚津城の家臣たちには降伏してでも生き残ってほしい

景勝は、自身が動けない代わりに能登(現・石川県)などから援軍を向かわせました。

魚津城の面々はよく持ちこたえ、5月初旬にいよいよ景勝自身が援軍に向かいます。

そして東側にある天神山城で機を窺いました。

しかし、ここで再度

【信濃と上野の織田軍が、越後侵攻に向かっている】

という知らせを受け、1582年5月27日、断腸の思いで引き返すことを決めます。

景勝は魚津城へ「降伏して良い」と書き送りました。

また、謙信の代からの付き合いである佐竹義重へ「日本全土を手に入れようとしている相手に対し、越後一国で立ち向かって討ち死にできるなんて、私は果報者です」(意訳)という手紙を出しています。

鬼義重こと佐竹義重!外交上手の名将は政宗を包囲して……【関東戦国譚】

続きを見る

つまり、景勝は「自分が討ち死にするのは構わないが、魚津城の家臣たちには生き残ってほしい」と思っていたことになるわけです。

謙信があまりにも偉大すぎて「景勝(笑)」のような扱いをされることもありますが、この誠実さと清々しさが景勝最大の美点だったでしょう。

コンビを組んでいる直江兼続とは少し違いますね。

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず! 史実に見る60年の生涯まとめ

続きを見る

この二通の手紙を知ると、彼が関が原の後に120万石から30万石へ大減封となっても「召し放ち(リストラ)」をしなかった・できなかった理由もうなずけます。

魚津城の諸将も、景勝の気持ちはよくわかっていました。

そして、それ故に降伏できませんでした。

 

陥落! そして本能寺……

開戦からちょうど3ヶ月経った今日この日。

12人あるいは13人の上杉軍守将は皆揃って自刃し、織田軍が魚津城を攻め落とします。

この自刃のやり方がまた壮絶なものだったのですが、R18Gになるかもしれないので割愛にご理解を。ご興味のある向きは各自お調べください。

勝利に沸いていた織田軍は、しかしここで最悪の知らせを受け取ることになります。

本能寺の変です。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

慌てふためき、我先にと魚津城から退却する織田軍。

その後、上杉軍は、魚津城や周辺地域を奪還しました。このときの景勝以下の気持ちはいかばかりか……。

まぁ、清州会議で織田家が落ち着くと、今度は佐々成政によって攻め取られてしまうのですが。

 

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

童門冬二先生の『小説 直江兼続』の冒頭で、魚津城の戦いをめぐる景勝と兼続のやりとりが出てくるので、物語として楽しみたい方にはおすすめです。

大河ドラマ『天地人』……に触れるのはヤメておきましょう。

にしても、そろそろ景勝主役のドラマや映画が出てきてもいいんじゃないかと思うのです。

上記の通り、こうした場面は景勝という人間の内面が一番表に出ているところです。映像化プリーズ!

現在、魚津城阯は小学校になっています。

こんなすさまじいエピソードがあると怪談の一つや二つあってもおかしくありませんが、ざっと調べたところない様子。

まぁ、ここの上杉軍が恨むとしたら織田家の面々であって、地元民や上杉家ではないから当たり前かもしれませんね。

今は静かに、子供たちの成長を見守っていてくれたら良いのですが。

あわせて読みたい関連記事

手取川の戦い(織田vs上杉)で勝家が謙信にボコられる! 秀吉は一人で撤退

続きを見る

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

鬼義重こと佐竹義重!外交上手の名将は政宗を包囲して……【関東戦国譚】

続きを見る

直江兼続の真価は「義と愛」にあらず! 史実に見る60年の生涯まとめ

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

武田氏と勝頼はなぜ滅んだ? 圧倒的な読後感『武田氏滅亡』(著:平山優)に学ぶ

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

山崎の戦い(明智vs羽柴)はなぜ秀吉が完勝した? 敗者の光秀はドコへ?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
魚津城の戦い/wikipedia
『全一冊 小説直江兼続―北の王国 (集英社文庫)』(→amazon link

TOPページへ

 



-武田・上杉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.