画・富永商太

徳川家

杭瀬川の戦い(関ヶ原の前哨戦)は西軍の勝利!? 家康も三成もガクブル

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
杭瀬川の戦い
をクリックお願いします。

 

岐阜城を守っていた信長の孫って誰だ!?

かくして福島正則や池田輝政らの新参者たちの東軍は、2日後の21日に清洲城を出発して、岐阜城を攻撃します。

清州城から岐阜城までの距離をグーグルマップで確認しておきますと、現代の距離で約29km、徒歩6~7時間とあります。

 

黄色→清州城
赤色→岐阜城
青色→大垣城

一方、西軍の将(岐阜城の主)は織田秀信でした。

この秀信さんってのが、また因縁めいておりまして。

名字からお察しの通り、織田信長の血縁者です。

孫です。

それも単なる孫ではなく清州会議で豊臣秀吉が担いだ、あの「三法師」なんですね。

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

つまりこの【岐阜城の戦い】は、ほぼ織田豊臣の重要人物で行われたものでした。

メンツ的にはオールスターって感じですが、戦い自体はあっさり3日で陥落。

東西のスター武将が集った【岐阜城の戦い】はド派手な関ヶ原前哨戦だった!

続きを見る

東軍はその勢いで、三成たち西軍の主力が集結している大垣城のすぐそば、赤坂というところまで進撃します。

 

家康の着陣を信じたくない三成

江戸城に引きこもりを決めていた家康。
この一報を受け「あれ? もう勝っちゃったの」と出陣せざるをえなくなり、9月1日、ようやく重い腰をあげます。

3万の旗本を率いて強行軍かつコッソリと西へ。
通常は堂々と見せびらかすのぼりや旗をたてず、手にもって進みました。

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

9月14日、大垣城のそばを流れる杭瀬川近くの赤坂に布陣。

そこで、これまで隠していた【葵紋の旗7本】をはじめ、たくさんの旗や幟を一斉に立てたのです。

「うおー!」と盛り上がる東軍たち。

しかし、家康がいると報告を受けた三成は当初これを信じませんでした。

石田三成
石田三成 日本一の嫌われ者を史実から再評価!豊臣を支えた41年の生涯

続きを見る

「HAHAHA! 何言ってんだ、家康は今江戸にいるはずだからこんなところにいるわけないだろ? 金森長近が似た旗使ってるから、それと見間違えたんだろ?」

そんな風に強がりますが、実際はガクガクブルブル。

金森長近は信長親衛隊「赤母衣衆」から大名へ出世!85年の生涯まとめ

続きを見る

家康の着陣を信じたくない三成は改めて偵察させますが、結果は「家康の側近がいました(キリッ」という全く嬉しくないもの。

「マジで、い、い、い、家康だああああああ!!」

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)