豊臣家

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

あまりに話がデキすぎていて怪しい――。

歴史はそんなエピソードで溢れていますが、中には【事実は小説より奇なり】というのが存在するのもまた現実です。

羽柴秀吉豊臣秀吉)が毛利と和睦交渉を始め、翌日以降に起こした爆速大移動の”中国大返し”もその一つでしょう。

本能寺の変が起きた翌日の天正十年(1582年)6月3日から、この中国大返しを経て、山崎の戦いに至り、明智光秀が死ぬまで。

流れがあまりにスムーズすぎて秀吉黒幕説まで流れるほどですが、実際の動きはどのようなものだったのか。

時系列を追う前に、まずは本能寺の変が起きる直前。

秀吉がどこで何をしていたのかを見ておきましょう。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

※以下は中国大返しのルートです(秀吉が備中高松城を出立した日は5日や6日など諸説あります)

 

過酷な攻めで三木も鳥取も落としたが

当時、秀吉は毛利家その他中国地方の攻略を命じられていました。

三木の干し殺し”や”鳥取の飢え殺し”といわれる兵糧攻めもこのときやっています。

直接血を流すことはないにしろ、凄惨さではどっちもどっち。

R18Gモノの記録が残っていて、そっち方面の耐性がないと気分が悪くなる方もおりますので、ここでは割愛しますね。

歴女医まり先生の考察でご確認いただければと存じます。

鳥取の渇え殺し&三木の干し殺し人肉の恐怖~極度の空腹でメシ食うと死ぬ

続きを見る

守る城方も、普通はある程度の備蓄をしていますので、兵糧攻めというのはちょっとやそっとの期間ではできません。

鳥取城では半年、三木城では1年以上かかっています。

この上さらに時間をかけまくると信長からどんなお咎めを受けるかわかりませんから、秀吉は調略その他の策も用いて攻略の速度を早めました。

そこで立ちはだかったのが備中高松城とその城主・清水宗治です。

清水宗治と備中高松城の水攻め~戦国時代に武士の鑑とされた切腹劇

続きを見る

 

攻めあぐねているところへ毛利の両川が!

備中高松城は、湿地帯を利用した珍しいタイプのお城。

周辺はぬかるみだらけで騎馬や歩兵が攻めにくく、さらに兵数も充分なことから城側の士気も高く、さすがの秀吉も攻めあぐねます。

しかもここを落とされると後がないため、毛利輝元以下、毛利の両川こと吉川元春小早川隆景を含めた4万もの援軍が向かってきていました。

吉川元春(元就の次男)がアツい! 11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

続きを見る

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

一方、秀吉が率いていたのは3万ほど。

毛利方の援軍が来れば頭数だけでも不利な上、城兵の士気はさらに上がり、苦戦すること必至でした。

そこで、秀吉は奥の手に出ます。

武田征伐を終えたばかりの織田信長に「すいませんこっちムリなんで助けてください」(超訳)と援軍のお願いをしたのです。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

信長も「サルが助けを求めてくるとは珍しい。ホントにヤバいんだな」(超訳)ということで援軍の約束をしてくれましたが、同時に「早く落とさねーとどうなるかわかってるよな^^」(超訳)とも書かれていました。

この”援軍”に駆り出されたのが明智光秀だったのです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.