豊臣秀頼の父親

豊臣秀頼(左)と豊臣秀吉/wikipediaより引用

豊臣家

豊臣秀頼が秀吉の実子でなければ誰の子なの?僧侶かそれとも陰陽師か

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
豊臣秀頼
をクリックお願いします。

 

朝鮮出兵のとき淀君が秀吉に内緒で祈祷を

1回目は秀吉公認でした。

城内のお堂で、たくさんの男たちと淀殿がナゾの祈祷をしていており、そこが受胎の場だと考えられています。

この時、生まれた男の子「鶴松」は夭折してしまいます。

秀吉は、これでもう実子は諦めて、養子を育てようと決めました。

ところが、です。

朝鮮出兵のため九州へ行っているうちに、淀殿は勝手に「祈祷」をしてしまい、またもやご懐妊してしまったのです。

豊臣秀頼の父親

絵・くらたにゆきこ

これにはさすがの秀吉もキレ、彼女に辛辣な手紙を送りつけました。

「おめでとう(棒読み)。お前の乳で育てなさい」

これのどこがキレているのか?

昔、地位があった女性は、自身の母乳で育てるなんてことは一切せず、他人に任せていました。

母乳で育てるというのは、身分の低い人間のすること。

実際、彼女が1人目を産んだときは、母乳で育てるどころか、手元から子供を取られ、直接、育てる願いも叶いません。

それゆえ、自身の母乳をあげるということは、淀殿にとっては、つらーいお仕置きとなる――ハズだったのですが……。

 

関係者は殺害された?

これが思わぬ方向に転がっていきます。

彼女は自分の乳をあげて育てているうちに、異常な愛情が芽生えてしまい「秀頼を完全なマザコンへと育ててしまった」というのです。

そして、母子は子離れ&親離れできず、時世も読めない最悪の組み合わせになってしまう。

徳川家康との事前の折衝で、豊臣家が存続するチャンスは何度もありましたが、ついにそうはならず母子ともども滅亡への道を突き進んでしまったのでした。

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

ちなみに、秀頼の実父はどうなったのか?

秀吉留守中に起きた不祥事に関して、唱門師(陰陽師)が追放された。

これがこの先、数年に及ぶ唱門師大弾圧の始まりである。

唱門師はシャーマンとして心理を操り、トランス状態を招くことができ、霊的処術が可能だった。いかがわしい魔術もあったかもしれない。

(粛清された)女たちは大坂城内の全員ではない。「若公ノ御袋家中女房衆」すなわち淀殿周辺にいる女房らだと明記している。

唱門師追放の翌日からは淀殿付き女房の処刑が開始された。(服部前掲書)

淀殿の懐妊後、秀吉は、彼女の側近や「祈祷」にかかわったとみられる陰陽師らを徹底的に殺戮してしまいました。

一晩(あるいは数晩?)の営みのために、この世から消されてしまったのです。

やはり天下人、怖いですね……。

あわせて読みたい関連記事

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

秀吉の正妻ねね高台院
秀吉の妻ねね(寧々 北政所 高台院)は女癖悪い夫をどう操作した?

続きを見る

大政所(秀吉の母・なか)
秀吉の母・大政所(なか)天下人を産んだ母親はどんな女性だったか

続きを見る

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたか?

続きを見る

豊臣国松
豊臣国松(秀頼の子で秀吉の孫)8才の哀しき最期~市中引き回しで斬首

続きを見る

大坂夏の陣
大坂夏の陣~全貌がわかる各武将の戦闘まとめ~幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

浅井長政(信長を裏切った男)29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

続きを見る

文:川和二十六
絵:くらたにゆきこ

【参考】
服部英雄『河原ノ者・非人・秀吉』(→amazon

TOPページへ

 



-豊臣家