歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

三方原の戦いで神君家康は脱ぷんで対抗?だが信玄を倒したのはあのやさ男だった?! 『戦国boogie-woogie』vol.26

更新日:

織田信長には、まるで戦国時代の神様が味方したかのような強運がついている――。
海道一の弓取りと名高い今川義元を桶狭間で討ち取ったのは、最たる例だろう。この一戦で彼は全国へ名を轟かせ、尾張を出て岐阜~畿内へと版図を拡大していく上で強力な肩書となったのは想像に難くない。
さらにその後は、三好三人衆や本願寺、畿内の残党勢力や浅井朝倉に信長包囲網を敷かれて絶体絶命の状況に陥りながら、強力な運気をもって和睦策へと導き、生き延びていく。
しかし、その命運もいよいよ付きようとしていた。小手先・口先の策は一切通じない、相手がやってきたのである。
甲斐の虎、武田信玄――。
長年にわたり越後の上杉と覇権を争ってきた戦国最強の大名は織田家の盟友・徳川家へ兵を進め、今まさに織田信長を討たんと軍扇を振るい始めたのであった。

 

馬場、降臨!無傷の男は忠勝だけではない

20140823アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆戦国最強とも称される武田軍団。トップはもちろん信玄ですが、その中心となって軍を動かしたのが山県昌景、内藤昌豊、高坂昌信、そして馬場信房の四天王です。
中でも馬場信房さんは「無傷の男」として知られておりました。本多忠勝のように【無双】と称される武術や膂力などを聞くわけではないので、用兵術などに優れていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

名言残してる場合じゃないですって

20140823アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆武田軍が軍団を分け、三河に侵攻してきたときに遭遇してしまったのが本多忠勝などを筆頭とした徳川軍。
案の定、ボコボコにやられてしまうこの戦いは【一言坂の戦い】と言われてますが、このとき、シンガリを買って出て、鬼神のごとく働いたのが本多忠勝さんです。
2人の無傷対決は、やっぱり忠勝さんに軍配が上がりそう。ただし、合戦全体を勝利に導く腕として考えると、馬場さんの方がはるかに上手なのでしょうが…。

 

待て、孔明の罠だ!状態だったのでしょうか

20140823アニィたかはしさん4コマ漫画3-2
三方ヶ原の戦いでボコボコにやられ、ウ◯コを漏らしながら命辛々浜松城まで生還した徳川家康は、浜松城の門を開き、帰還兵を待っておりました。
一方の武田軍は、これに何か策があるとしてこれをスルー。次の目的地、織田家を目指しておりました。
後に家康が天下人になったからこの戦いも今現在は大いに注目されておりますが、当時であれば、武田家が次なる織田家を急いで目指すのは自然のことだったのかもしれませんね。
そういう面では家康さんも悪運に恵まれた男ですなぁ。さすが天下人!

 

スポンサーリンク

信玄ポックリの背景にいたのは、まさかのあの男

20140823アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆うわぁああああああああ!信玄が死んでもうたぁあああああああ!
しかも、その死因が、和歌ミュージシャン兼蹴鞠Jリーガーの今川氏真さんによる呪殺なのですから、大胆不敵! いずれにせよ信玄の死で戦国のバランスは大いに崩れます。
今後いかなる展開を迎えるのか・・・。

漫画・アニィたかはし




スポンサーリンク


書籍版『戦国ブギウギ』です!



-まんが戦国ブギウギ
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.