まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ55話 ヤスフェ参上!そのころ一豊は名馬を買っていた?

楽市楽座に関所の撤廃、キリスト教の認可、安土城など。

織田信長が導入した新技術や制度は多岐にわたっているが、数多の実績の中でも飛び抜けて奇抜なのが【黒人を配下に迎えた】ことではなかろうか?

男の名は、弥助――。

日本初の黒人SAMURAIである。

一説にモザンビーク出身だと言われている弥助は、その後、奴隷としてインドに移され、最終的に宣教師によって日本へ連れて来られた。

そして、このたび弥助が面談することになったのが、日本の魔王こと織田信長であった――。

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

ヤスフェ

◆ヤスフェは後の弥助。宣教師ヴァリニャーノに連れてこられました。

弥助
日本初の黒人侍・弥助~信長に仕え本能寺で巻き込まれたその後は?

続きを見る

おそらく当時日本一アタマの柔らかかった織田信長さんでも、最初に黒人を見たときはぶっ飛んだでしょう。

武家の人間たちがいかに体格がよくとも(例えば前田利家は身長180cm以上とか)、もともと黒人が備えている筋力・骨格にかなうわけもなく、実際、弥助は180センチを超える当時としては超のつく大男だったとされております。

前田利家
槍の又左こと前田利家 史実の人物像に迫る!加賀百万石62年の生涯

続きを見る

むろん弥助にしても、織田信長との対面は相当な緊張だったハズで…。

 

献上品

◆弥助と対面した信長は、弥助が『肌に墨を塗っている』と思い、顔を洗わせたという話が伝わっております。

むろん、それで白くなるワケでもないですが、この謁見後に弥助は信長の配下となり、本能寺の変まで側にいることとなります。

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

よほどウマがあったんでしょう。あるいは弥助が信長のことをリスペクトしていたのか。最後まで信長に忠誠を尽くしていた――そんな様子も伝わっております。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ