歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが日本史ブギウギ 飛鳥・奈良・平安時代

勃発、壬申の乱! 672年の覚え方は「ロクな人間じゃない」って? うっさいわ!

更新日:

前回までの日本史ブギウギは?】
天智天皇の崩御を間近に感じた弟・大海人皇子は「出家」と称して吉野へ逃避行。
そのころ中央では、天智天皇の息子・大友皇子を中心とした体制で政治は進み、672年に天智天皇が崩御すると、そのまま同年、弘文天皇として即位を果たす。
にわかに動き始める近江と吉野。
いよいよ大海人皇子は立ち上がった――。
第7話、スタート!!!

意外かもしれませんが、天智天皇は近江へ都を移しており、そのまま近江で亡くなりました。大友皇子もこの地で即位。
対する大海人皇子は近江の南にある吉野へ逃げていたワケですが、挙兵を果たすと周辺(伊賀や伊勢、美濃)など地方豪族の協力を取り付けることに成功しました。
地図で言うと、琵琶湖(近江)の南東(右下)から北へと上がり、現代で言うところの三重県→愛知県→岐阜県というルートで進んだんですね。
岐阜(美濃)まで来れば、近江は目と鼻の先。ビビる大友皇子(弘文天皇)軍は、当初から浮足立っており……。

 

勢いを増す大海人皇子に対し、大友皇子も動きます。
東国や九州に援軍を要請したのですが、思うようには集められずジワジワと追い詰められていきます。

 

大海人皇子が挙兵したのが6月24日。
それから約1ヶ月かけて北上を続け、ついに天王山となったのが「瀬田の唐橋」です。
滋賀県大津市を南北に流れる瀬田川。
その上にかかるこの橋は「日本三大橋」に数えられるほどで、現在でも全長260mの長さがあるほどの規模です。
そこにやってきたのが、西からは大友皇子軍で、東からの大海人皇子軍。
両者の戦闘は、壬申の乱でも最も激しいものとなり、勝ったのは大海人皇子でした。

 

歴史の授業では「大友皇子に対し挙兵した大海人皇子は天武天皇として即位する。年号は672年。それが壬申の乱です」とそっけないもんです。
が、両軍共に命を賭けているワケですから、そこには様々なドラマがあったわけで。
特に、大海人皇子のもとでは美濃の豪族・村国男依(むらくに の おより)という人物が大活躍し、連戦連勝となりました。
しかし後に彼は、朝廷での要職には就けておりません。あくまで地方豪族の扱いだったんですね。
いずれにせよ、大友皇子は亡くなり、天武の治が始まるのでありました。

謎多き「壬申の乱」が起きた理由 なぜ大海人皇子は大友皇子を追い込んだのか

著者:アニィたかはし




スポンサーリンク


武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが日本史ブギウギ, 飛鳥・奈良・平安時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.