歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが日本史ブギウギ

【日本史マンガ】藤原一族を呪う逆神風がまた吹いた! 恵美押勝、ついに観念か

更新日:

道鏡に命を救われスッカリ入れ込んだ孝謙上皇。
これにより、淳仁天皇を擁立して勢いを増す恵美押勝(元・藤原仲麻呂)と反目するが、押勝の味方であった光明皇后が亡くなるや、立場はスッカリ逆転してしまう。
政治面では吉備真備を取り立て、軍事面では坂上苅田麻呂(坂上田村麻呂の父ちゃん)のバックアップを得た孝謙上皇は、押勝との全面対決へ。

一方、追い込まれた恵美押勝は、息子の藤原訓儒麻呂に「駅鈴と内印」を奪取させるも、苅田麻呂の反撃に遭い、更に窮地に立たされるのであった。
もう後のない恵美押勝は、次なる一手を打ち出せるのか――。

日本史ブギウギ、第23話、スタート!!!

◆軍を動かすために「駅鈴と内印(または御璽・天皇が公式に用いる印章のこと)」をいったんは手中に収めながら、これを坂上苅田麻呂に奪い返された恵美押勝さん。
更に追い討ちをかけられるようにして、全財産を没収され、一族の官位も剥奪されてしまいます。
「いったん都から離れ、再起を図るしかない!」
と、近江に逃げようとしますが、そこで一歩早く動いたのが吉備真備。
瀬多橋(瀬田の唐橋)を焼き、逃げ道を塞ぎました。

瀬田の唐橋と言えば、壬申の乱のとき、大海人皇子と大友皇子が最終局面でぶつかった場所です。
古代史においては、なんとも因縁なところでありますなぁ。

【瀬田の唐橋・参考マンガ】勃発、壬申の乱! 672年の覚え方は「ロクな人間じゃない」って? うっさいわ!

 

◆塩焼王とは、なんとも美味しそうな名前であります。
父親は新田部親王で、天武天皇の息子(第10皇子)ですから、ご本人は天武天皇のお孫さんとなりますね。
恵美押勝は、この塩焼王さんを擁立して朝廷の立ち上げ宣言。
手元に残っていた外印(太政官印)を使って諸国にアピールしますが、一方で吉備真備と孝謙上皇も、外印文書の凍結をさせており、ますます押勝さんは追い込まれていくのでした。

 

◆いよいよ後がなくなった恵美押勝さん。
船で琵琶湖を渡ろうとするも、そこで吹いたのが逆神風でした。
「またか!!!!」
と思われた方はご明察。
実は、この逆神風、同じく藤原一族の「藤原広嗣の乱」でも吹いており、広嗣が捕まることになったのでした。
なんという不吉な風でありましょう……(藤原氏にとっては)。

【逆神風の関連マンガ】藤原広嗣の乱 そのとき逆神風が吹き、私はコーヒー噴きました

藤原広嗣の乱のときw/日本史ブギウギ

 

◆逆神風により、船での逃亡を封じられた恵美押勝さん。
再び陸地に上がり防戦に努めるものの、同族である藤原蔵下麻呂(ふじわら の くらじまろ)に攻められ、ついに斬られるのでした。
ちなみに塩焼王も同じく殺されております。

再び登場した新・藤原キャラを把握しておくためにも、あらためて藤原四家をおさらいしておきましょう。
四家とは、藤原不比等の息子たち・藤原四兄弟から始まったもので、それぞれの祖は以下の通りです。

◆藤原四兄弟と四家
・藤原武智麻呂(藤原南家開祖)←恵美押勝はココ
・藤原房前(藤原北家開祖)←ちなみに藤原道長はココ
・藤原宇合(藤原式家開祖)←藤原蔵下麻呂はココ
・藤原麻呂(藤原京家開祖)

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし




スポンサーリンク


武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.