まんが日本史ブギウギ

下剋上は爆発だ! 応仁の主役二人が揃って逝去した【日本史ブギウギ】

鎌倉幕府や江戸幕府と比べ、存在感の薄い室町幕府。

『足利将軍なんて1ミリも権限なかったんじゃないの?』
とすら思われがちだが、それなりに将軍の発言権は強力で、諸大名、国衆たちも一応は命令を聞いていた。

それが崩れ始めたのは、やはり応仁の乱

中央の戦乱が地方へと拡大していったとされるが、その一因になったのが
守護―守護代―諸勢力】
という支配構造の崩壊であろう。

守護に代わって守護代、あるいはそれ以外の諸勢力が国の支配者へとのしあがる――世にいう下剋上が本格化し始めたところでマンガ「日本史ブギウギ」、第134話スタート!

 

市街戦顛末記

 

波及効果

 

朝倉離脱

 

越前の支配者

 

西陣南帝

 

和平交渉

 

さらば赤入道

 

そして細川も

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 



-まんが日本史ブギウギ