まんが日本史ブギウギ

戦乱の火種は全国へ!中央では厨二的管領が台頭する【日本史ブギウギ】

山名宗全細川勝元という両名の死をもって、一応、終わった京都の大乱。
しかし、それは新たな混沌の始まりだった。

守護家を始めとした武家のお家騒動はもはや恒常的に頻発し、幕府の指導力も急速に色あせれば、もはや抑えは効かない。

中央から全国へ。

火種は次々に飛び火していくそのころ、中央では新たなモンスターというか厨二病的管領が、文字通り羽ばたこうとしていた――ところでマンガ「日本史ブギウギ」、第135話スタート!

 

義政引退

 

富子

 

政元八歳

 

手打ち

 

戦国大名の台頭

 

鈎の陣

 

義尚自由

 

後継者問題

細川政元さんについて早く知りたい!
という方は予習的に以下のページをどうぞ。

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)