まんが日本史ブギウギ

「堺公方」知られざる足利幕府の泡沫とは?まんが日本史ブギウギ141話

応仁の乱で火の海と化した京都。
これに伴い足利家の将軍就任も非常に危ういものとなります。

畿内の有力武家を味方につけても、また別の勢力に追われて京都で落ち着くこともできません。

ましてや将軍家を筆頭に後継者争いの止むことがないため、気付いたら有力者が「消えていた」なんてことの連続でした。

そんな中、また一つ新たな統治者が生まれます。

その名も堺公方――。
足利義澄を父に持ち、足利義稙が義父という足利義維(よしつな)が政治の舞台に躍り出て……マンガ「日本史ブギウギ」、第141話スタート!

 

澄元の死

 

次期将軍

 

義晴就任

足利義晴(12代将軍)不安定だった義輝や義昭の父 40年の生涯とは

続きを見る

 

疑惑の書状

 

桂川の戦い

 

堺公方

 

大物崩れ

 

運命?

足利義晴(12代将軍)不安定だった義輝や義昭の父 40年の生涯とは

続きを見る

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)