まんが日本史ブギウギ

やっぱり政宗懲りないヤツ!秀吉の命令ガン無視で~日本史ブギウギ177話

伊達政宗の生涯が語られるとき、大きな転換点となったのが

摺上原の戦い

小田原参陣

でしょう。

伊達政宗
史実の伊達政宗 ド派手な逸話はどこまで本当?生涯70年の検証まとめ

続きを見る

天正十七年(1589年)に摺上原で蘆名を滅ぼし、政宗の悲願であった会津を制覇したのですが、その翌年(1590年)、豊臣秀吉の軍門に下ることで多くを失ってしまいます。

しかも、この二大イベント、偶然にも旧暦6月5日に起こったことなのです。

日付自体は偶然ながら、この1年の間に一体なにがあったのか……マンガ「日本史ブギウギ」第177話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

南へ

◆遡ること4年前の天正十三年(1585年)、伊達家は窮地に陥りました。

人取橋の戦い】で佐竹・蘆名らの連合軍に大敗し、政宗も命からがら敗走する――そんな憂き目に遭っていたのです。

人取橋の戦い
伊達軍7,800vs35,000連合軍「人取橋の戦い」で崖っぷち政宗どうする

続きを見る

次こそはと意気込む伊達軍は……。

 

摺上原の戦い

◆政宗の腹心と言えば、伊達成実と、この片倉景綱ですね。

片倉小十郎景綱
政宗の参謀・片倉小十郎景綱は冷徹苛烈な武将?59年の生涯まとめ

続きを見る

伊達成実
独眼竜を躍進させた猛将・伊達成実の生涯~伊達家を出奔したことも

続きを見る

 

認めてねぇし

◆【摺上原の戦い】で見事に勝利!

摺上原の戦い小田原参陣
政宗の二大イベント「摺上原の戦い・小田原参陣」は共に6月5日勃発

続きを見る

しかし、待っていたのは天下人寸前の秀吉でした。

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

×