戦国ブギウギ武田三代記

妹の嫁ぎ先を滅ぼせ!初仕事は諏訪家を乗っ取り~マンガ武田三代記15

戦ばかりが続き、領民や家臣たちに負担をかけ続けた武田信虎

駿河に追放され、甲斐に平穏が訪れる一方で、不幸のドン底に落とされることになった者もいる。

武田信玄の妹・禰々だ。

天文9年(1540年)11月30日、諏訪頼重に嫁ぎ、2年後の4月4日に息子の虎王を出産。

その直後、6月のことだった。

武田軍が電撃的に攻め込んだのである。

そしてわずか1ヶ月後には滅亡という、信玄の手腕が末恐ろしい……戦国ブギウギ武田三代記vol.15スタート!

◆前話を読みたい!という方は以下のリンクからご覧ください

海野平の戦いからの~父・信虎の追放劇!【マンガ武田三代記14】

続きを見る

◆信長・秀吉・家康の天下統一を描いた戦国ブギウギ

◆聖徳太子の時代から幕末までの超長距離をコツコツ歩んだ日本史ブギウギ

 

お好きな項目に飛べる目次

最初の仕事

◆諏訪頼重と武田家は、信虎時代に同盟を締結。

武田から禰々が諏訪へ嫁ぐと、その翌年5月、武田軍と諏訪軍が共に小県郡へ攻め込み、【海野平の戦い】に勝って同エリアを制しました。しかし……。

7月になると上杉憲政軍が小県郡を取り返しにやってきたのです。

このとき迎撃に出向いたのが諏訪頼重軍でした。

 

意識の相違

武田晴信は如何にして諏訪頼重を滅ぼしたのか?

時系列で見てみると、信玄の恐ろしさが浮かび上がってきます。

天文11年(1542年)4月4日に頼重と禰々の息子・虎王が誕生

同年6月21日:虎王が諏訪大社を参詣

同年6月24日:武田軍が諏訪頼継らと共に攻め込んでくる――そんな噂が諏訪頼重の元に届く

同年6月28日:武田軍が動くことを確認し、頼重も兵を集めるも、騎馬武者350・兵700~800にとどまる

同年7月1日:武田軍は騎馬武者2,000・兵20,000という物見の報告が頼重に届けられる

数日間攻防

同年7月4日:頼重は開城し、翌日、甲府へ送られる

同年7月19日:東光寺で頼重が幽閉

同年7月21日:切腹

なお、この東光寺は、後に武田信玄の嫡男・武田義信が自害へ追い込まれることでも知られます。

今も両者の墓所が境内にあります。

 

赤児

◆甲斐の武田にとって、諏訪は信濃の玄関口。

領地を拡大するならば、絶対に避けて通れない要衝でした。

諏訪頼重を死にやり、その所領の東側半分を武田家が獲得し、西側半分は諏訪頼継に渡されます。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-戦国ブギウギ武田三代記

×