日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史で遊ぼう♪

もしも爆笑問題がちょい歴ヲタで「本能寺の変」を時事ネタ風の漫才にしてみたら?

更新日:

 

田中:いやぁ、今回の事件は大変だったね。まさか織田信長が討たれるとは

太田:あぁ、本能寺の恋な

田中:「変(へん)」だよ!

太田:蘭丸と光秀が爪でひっかきあって、止めるの大変だったんだぜ

田中:だから「恋(こい)」じゃなくて変! というか、オマエは誰なんだよ

太田:牛一ですけど

田中:それは信長の家臣の太田牛一! おまえは太田光だろ! でも、光秀はなんでこんな事件を起こしたのかね

太田:ウ◯コが臭かったのかな

田中:ワケわかんねーよ! たしかに、信長が家康を接待するときに、光秀の出した『鮒(フナ)寿司』が臭い!って怒られた話はあるけどさ

太田:フナじゃなくてアユだったら二次会のカラオケで盛り上がったかもしれないのにな

田中:女子高生じゃないんだから歌うわけないだろ! そもそもちょっと古いよ!

太田:でも、あれでしょ。まだ信長の死体が見つからないんでしょ?

田中:そうみたい。阿弥陀寺の和尚さんが遺体を運んだって噂もあるけどね

太田:あぁ、児玉清さんな

田中:清玉上人だよ!

太田:赤の光秀さんもボタンを押したが、緑の秀吉さんが早かった。三日天下にアタックチャーンス!

田中:くだらねぇよ! でも、秀吉の動きがとても早くて、明智光秀が準備ができなかったのは確かだよね

太田:いやぁ、それは、光秀がバカなだけだね。ノンキに連歌会を開いてアユを歌ってたぐらいだからな

田中:だから、カラオケじゃないって! 和歌の方だよ!

太田:あぁ、そっちのね。たしか、光秀が詠んだのは「時は今 天知茂と 五月みどり」だっけ?

田中:今の若い人は、誰もわかんねーよ! ちょっと惜しいよ! 正しくは、「時は今 天が下知る 五月哉(ときはいま あめがしたしる さつきかな)」だろ

太田:しかし、こんなバレバレの歌を読んで、よく信長に気づかれなかったよな

田中:それが後で大変だったらしいよ。もともと歌会を主催したのは里村紹巴(さとむらじょうは)という有名な連歌師だったんだけど、秀吉に詰問されて

太田:「オレを仲間ハズレにしやがって!」とか怒られたんだろうな。なんせ秀吉は、毛利との合戦を取りやめて慌てて帰ってきたぐらいだから、相当参加したかったんだよ

田中:違うよ! それは「中国大返し」だろ! 連歌会は本能寺の変の前に開催されたの!

太田:参加者は、MOTÖRHEADとか、ゲスの極み乙女とか、星野源だっけ? 結構なプレミアチケだから急いで戻ってきたんだな

田中:なんでフジロックなんだよ! しかも2015から無理して知らないアーティスト名まで入れてるんじゃないよ、ったく

太田:「Ö」が読めないから、本物の漫才だったら大変だよ。一体、何考えてるんだろうな

田中:しらねーよ! てか、歴史全然関係なくなってるだろ!

太田:でも、あれだね。信長さんも可哀想だよね。結局、領地やら人材やら何から何まで秀吉にとられちゃってさ

田中:秀吉は、信長の娘や姪っ子まで自分の側室に入れてるからね。相当な女好きだったらしいよ

太田:今で言ったらジェームス三木かな?

田中:古過ぎるよ! もう忘れてやれよ!

太田:でも、秀吉もあれだけ側室がいて、子供は秀頼だけだもんなぁ

田中:一応、もう一人いたけど、幼いころに死んじゃってるしね

太田:絶対におかしいよな?

田中:何が?

太田:いやぁ、言えないよ……

田中:なに、ヒソヒソ話してんだよ。秀頼が実の子じゃないって説は普通に語られていることだから大丈夫だよ

太田:いや、ジェームス三木みたいなオジサンがなんであんなにモテたのかって、どうしても不思議でさ

田中:まだその話かよ! いい加減にしろよ!

太田:いっそのことNHKは大河ドラマの脚本を三木さんに頼んでみたらいいのにな

田中:もう何本も書いてるよ! 『独眼竜正宗』も『八代将軍吉宗』もジェームス三木さんだろ!

太田:そうか。んじゃ、原作はオレのほうで用意してあるから話は早いな

田中:えっ、もう書いてるの?

太田:そうだよ。『し、し、し、し、しんなが、こ、こ、こうき?』

田中:だからそれは太田牛一の『信長公記(しんちょうこうき)』だろ! タイトルすら読めてないじゃないか!

 

当コーナーは、最近、書籍化された『もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら』に触発され、「本能寺の変」を爆笑問題さんの漫才風に描いたものです。

もとより爆笑問題さんは『爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫)』シリーズを数冊上梓しており、いずれも秀作ぞろいでそれをパロディ化するなんてムチャクチャ恐れ多いことですが、当原稿は完全オリジナルですので生暖かい目で見守っていただければ幸い。

もしも彼らの所属事務所・タイタンさんに叱られたらすぐに削除いたしますm(_ _)m

 

 

文:青葉ダイ(フリーライター)

スポンサーリンク

プロフィール:エンタメからお堅いニュースまで、あらゆるところで書き散らす、Mr.節操ナシ。

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-歴史で遊ぼう♪

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.