歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

川路利良/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

薩摩藩士・川路利良が導入した近代警察制度とは? フランス→イギリスの歴史から振り返る

更新日:

あなたは過去へタイムスリップしたいですか?
歴史好きなのに、いや、歴史好きだからこそかもしれませんが、私はお断りしたいです。

というのも、少しでも時代を遡ると「近代的正義」や、薩摩藩の川路利良が導入した「近代警察制度」が存在せず、なんとも理不尽な慣習が横行しているからです。

その昔、近代警察が誕生する以前の犯罪捜査はデタラメ尽くしでした。
なにせ当時は身分制度の全盛期であります。

運悪く領主様が殺人鬼だと、殺されっぱなしが普通という狂気の世界。超代表的な人物を2名上げるとすれば

【関連記事】
レジェンド級の鬼畜貴族ジル・ド・レ 聖人ジャンヌ・ダルクの戦友は、狂気の大量殺人鬼となった
「血の伯爵夫人」バートリ・エルジェーベト 女性最凶シリアルキラーの正体に慄く

欧州No.1(?)殺人鬼ジル・ド・レ/wikipediaより引用

あたりでしょうか。

二人とも外国人の殺人鬼ですから「西洋は嫌だなぁ」という程度の印象かもしれませんが、事はさほどに単純ではありません。

幕末の日本だって、どんだけ地獄よ!
って話で「西洋人や西洋かぶれをぶっ殺すとイケイケになれる!」という思想結社が人を殺しまくりでした。
危なくて、うかうか町も歩けません、マジで。

岡田以蔵 生涯28年の人斬り以蔵っぷりが狂気【幕末の四大人斬り】で最もガチ!
幕末の訪日外国人たちは日本をどう見てた?銃でも勝てない日本刀にガクブルの日々

そんな日本に、作法も知らない外国人がどっと雪崩れてきたのですから、幕末はいよいよ危ない。
実際、トラブルも頻発し、その最たる例が生麦事件でした。

生麦事件~そしてイギリス人奥さんは丸坊主にされ、薩英戦争から友情が生まれる
薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害!イギリスと仲良くなった理由がそこにある

この事件では、注目すべきポイントがあります。

イギリスは当初、一行を殺した【実行犯】を引き渡すよう薩摩に通告しました。

これに対し、薩摩では、
「殿とそん父上ん首が欲しかじゃと!?」
と勘違いして、それは絶対にできない!ということで薩英戦争にまで発展してしまいます。

犯人を寄越せというイギリスに対し、そんなことは一切頭になく、藩主の命で責任をとらされると勘違いしてしまう薩摩。

この認識の違いこそが【近代的正義の有無】の差であり、警察制度の差なんですね。当時の英国には、すでに近代警察が誕生しており、犯人の引き渡しという発想が自然でした。

逆を言えば日本に、そんな思想は皆無だったのでした。

一体この警察制度、日本ではいつ誕生したかご存知でしょうか?

ご想像のとおり明治維新によってもたらされますが、諸外国を勉強して導入したのが他ならぬ薩摩藩の川路利良(かわじとしよし)となります。

 

我々の生活基盤ともなっている近代的正義とは

2018年大河『西郷どん』にも登場する川路利良は、一部では不名誉な出来事で知られております。

他ならぬ警察制度の勉強のため渡欧していたとき、フランスの列車の中で便意を催し、新聞の上にひねり出したブツを窓から放り投げ、それが鉄道の作業員にブツかって一騒動起きてしまったのです。

大久保利通の畳回し(畳踊り)だけじゃない!従道の裸踊り!川路の大便投下!薩摩隼人は規格外!

むろん、これは緊急事態だったからこそ。
他の薩摩隼人のエピソードもぶっ飛んでいて驚きも多々ありますが、まぁ、大便投擲事件はあくまで一度だけのものでしょう(と思いたい)。

ともかく、彼によって近代警察制度と共に近代的正義の思想が導入され、後の日本に多大なる影響を与えました。

警察制度をもとに犯人を特定して罪を償わせる――。

この近代的正義は、現代の我々の生活でも基盤となってますが、川路利良のお陰だったんですね。
もっと広く知られてもいいと思うのです。

ただ、現代でも認知されてない方はおられ、最近お騒がせのアノ人は、この考え方を否定しかねない危険な側面を持っています。

アノ人とは、杉田水脈議員。
【LGBT生産性なし】発言に飽き足らず、別のトンデモ発言をツイッター投下して、騒動となりました。

正直ゲンナリですが、これほど「近代的正義とは何ぞや?」の教材となりうる発言もないので、引用しますね。

「インターポールのトップが中国人になっているとは驚き!」自民・杉田議員のツイート、ヘイトスピーチ発言だと再炎上…

実際にその人物に問題あるかどうかワカラナイのに、属性でもって、
「あたしの嫌いなナントカ人なんて犯罪者よ!」
と決めつけ。
まさしく【近代以前の正義】ではないでしょうか。

中国云々の話ではなく【決めつけること】が危険なわけです。

そのわかりやすい一例が1811年の英国ロンドン。
「ラトクリフ街道殺人事件」でした。

【関連記事】だからシャーロック・ホームズは19世紀の英国に生まれた

二家族7名、しかも赤ん坊まで殺されてしまったというのが、この惨殺事件のあらまし。
犯人とされたのはスコットランド人の水夫ジョン・ウィリアムズで、彼は勾留後に自殺し、その遺体は心臓に杭が打ち込まれて市民に公開されました。

ロンドン当局もこれで終わりにしたかったのでしょう。
しかし市民からは思わぬ反発が起きました。

「あの船員は犯人じゃないだろ!」
「よそ者を殺して誤魔化す気か? 騙されねーからな!」

市民から嫌われがちなヨソ者(スコットランド人船員)をスケープゴートにしてごまかす――イギリスでも、19世紀当初はそんなもんだったんですね。

逆に、それまでは乱暴な手法が通じていたわけで、今度ばかりはロンドン市民たちも怒り狂ったのです。
さっさと真犯人を探せ!と。

事件の真相を求める「近代的正義」はこうして意識されるようになり、そこで注目されたのがフランスでした。

「フランスには、なんでも“警察組織”ってのがあるらしいぜ!」

かくして生まれたのが「スコットランドヤード」=警察組織。事件から18年後、1829年のことでした。

スコットランドヤード/photo by Anthony O'Neil wikipediaより引用

実際、近代警察制度が導入された英国では、激変しました。

労働者階級の生まれだろうと、貴族邸に押し入り、犯罪捜査でに挑む。
「刑事」も誕生したのです。

『シャーロック・ホームズ』の代表的刑事レストレードの挿絵

※BBC『SHERLOCK』ではルパート・グレイブスが刑事レストレードを演じております

1887年には、アーサー・コナン・ドイルが発表した推理小説『緋色の研究』がヒット。
主人公の私立探偵シャーロック・ホームズは、今日に至るまで大人気となっています。

【関連記事】アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』生みの親は心霊で人生を解決ッ!

では、いったいナゼ、この作品がウケたのか?
血みどろの探偵劇が面白いから?

それもあるかもしれませんが、実際は、19世紀になってようやく人々が目覚めたのではないでしょうか。
自分の嫌いな属性の、無実の人間を殺しても、そんなものは野蛮なリンチであり正義とは無関係。何の益もないどころか、真犯人が放置されている危険性を考えれば有害でしかない。

「科学的根拠や推理をもとに実行犯を捉えてこそ“近代的正義”ではないのか?」
と、こうした【近代的正義】を求める人類の声こそ、近代的警察組織が産声をあげた背景にりました。

では、組織としての近代警察はいかなる経緯でもって成立したのか?
フランスに目をやってみましょう。

 

スポンサーリンク

フランス革命と警察改革

フランスの警察組織は、革命前夜から改革が進みつつありました。

が、この取組は失敗します。

皮肉なことに、その証がフランス革命です。

思想をバシバシ取り締まる警察組織があれば、革命の芽なんて事前に摘み取れたはずですが、現実として勃発。
ルイ16世マリー・アントワネットなど王族の首すら飛ばされました。

ギロチンで処刑されるルイ16世/wikipediaより引用

【関連記事】
フランス革命の犠牲者・ルイ16世 実は人気も実力も備えていた!?
ルイ16世って素敵な人じゃん! 無実の罪で処刑されてなお、平和を願った優しき王に涙

そして革命勃発後に成立した新政府は、民兵による市民強化を始めます。

これがまさに【矛盾】です。

革命は、個々人の思想を自由にするものだったはず。
ところが民兵は、反革命主義者をバシバシ取り締まります。まさしく恐怖政治――。

暗い世相は、そんな皮肉な呼び方すらされ、革命政府は警察改革にも着手しました。

それが以下のような内容です。

・世襲制度の廃止
・警察行政地区を変更する
・警察委員の任期は2年、選挙で再選されなければ失職等

そもそも権力者ポジションにいる警察組織は、腐敗しやすいものです。

たとえば、
「あんた、赤信号無視しましたね。ま、本来警察署までいらして頂きたいんですけど、5千円くらいいただけたら、見逃しますよぉ」
なんて警察官いたらどないでっか?

ダメですよね。
しかし、近代以前はこういう警察官がはびこっており、しかも世襲制度だったため腐敗の温床とすら言えました。

フランス革命政府は、こうした弊害を打破したわけです。

警察組織は、絶対的権力者となったナポレオンやブルボン王家、ナポレオン3世の下でも、頑として存在し続けました。
近代国家につきものの、武装し、民衆の安全に目を光らせる警察官は、こうして生まれたのです。

その組織の精度を高めた政治家が、ナポレオンの謀臣であり懐刀であったジョゼフ・フーシェでした。

ジョゼフ・フーシェ/wikipediaより引用

フーシェは非常に優秀な人物です。
しかし、彼の采配により、思想監視の度合いや密告奨励が高くなった負の部分もあります。

そうした弊害について、周辺諸国からは批判の目で見られたものの、やはり同国の優れた警察組織は認めざるを得ません。

イギリスも含めた諸国は痛感しました。

「近代警察なしでは、正義もあったものじゃないんだ……」

だからこそ「ラトクリフ街道殺人事件」に怒ったロンドン市民も、フランス警察を模倣せよと声をあげたんですね。

現代のフランス警察/photo by David Monniaux wikipediaより引用

 

ジョセフ・フーシェこそが「近代警察の父」

近代警察の父は、フランスの政治家ジョゼフ・フーシェです。

正義を求める声に応えて近代警察を生んだ英傑。そうなれば「正義の味方!」と好かれても良さそうです。
しかし皮肉にも、我が国の川路利良と同様、フーシェの場合、むしろ嫌われ者なんですね。

ナゼでしょう?
それにはいろいろ理由がありました。

※『キング・オブ・キングス』予告。一分前後に出てくるジェラード・ドパルデューがフーシェです

かのナポレオンには“頭脳”と呼べる家臣がおりました。

一人目は、美貌の貴族出身シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール。
足が不自由で、精神は自由闊達、かつ享楽的な人物でした。

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール/wikipediaより引用

もう一人が、平民出身で生真面目な革命家気質なれど、「食事のように陰謀を必要とした」という評価のジョゼフ・フーシェだったのです。

ジョゼフ・フーシェ/wikipediaより引用

ナポレオンの政敵がいかなる思考を持つか?
フーシェはそれを探るため、警察組織を作り上げたのです。

台頭目覚ましいナポレオンには敵も多く、フーシェは、その恋女房であるジョゼフィーヌからすら情報を得ていたのですから、たいしたものでした。

ナポレオン最初の妻であるジョゼフィーヌ/Wikipediaより引用

【関連記事】ジェセフィーヌ

にしても……陰謀なしでは生きていけないって、見るからに陰気そうな根暗男ですよね。
こういう人物が警察を作ったのですから、そりゃアンチが増えるのも仕方ねー!と思われるかもしれませんが、理由はそう単純じゃない。

犯罪捜査よりも「思想の取りしまり」がメインとなった部分もあるのです。

結果、独裁者ナポレオンがヨーロッパで猛威を振るったわけで、フランスの宿敵であるイギリスあたりは、
「フランスの警察制度を真似るのはなあ」
と苦り切ってしまいました。

1812年、ホイッグ党の外務大臣カニングは、こんなことまで放言します。

「フランスは警察改革のために、莫大な税金をかけています。家宅捜索やスパイ捜査をする、フーシェみたいな男の組織に縛られるなんて。そんなことになるくらいなら、誰かが3,4年に一度、ラトクリフ街道で喉を切られるほうがマシです」

イギリスの政治家がとにかく決断に迷うほど、フランス警察は賛否両論でした。
普通、こんなことを言ったら炎上しそうですが、世論は「そうだ、そうだー!」と賛同多数であるのです。イギリスは、よほどフランス警察が嫌いだったのでしょう。

しかし、イギリスの帝都・ロンドンは、工業化により労働者が増加、治安の悪化も明らかでした。

結果、ヘンリーとジョンのフィールディング兄弟、パトリック・カフーン、ロバート・ピール、ジョージ・ベンサムといった改革者の試みがあり、英国にも近代警察が誕生。

「切り裂きジャック事件」の犯人を逃すという痛恨事もあって、そうした不満が【シャーロック・ホームズ ブーム】につながったものの、道を聞けば素直に教えてくれる巡査たちは「ボビー」や「カッパー」と気安く呼ばれ、ロンドンっ子から親しみを持たれるようになりました。

 

スポンサーリンク

刀剣で武装した日本の警察

さて、いよいよ明治維新を迎えた日本です。

「国際的に認められるためには、奉行所ではなく警察が必要だ!」
そう痛感した政府は、本場・ヨーロッパへ人を派遣しようと考えます。

そこで立ち上がったのは、薩摩隼人の川路利良でした。

禁門の変」で来島又兵衛を狙撃して撃破した川路。戊辰戦争では二本松で睾丸を撃たれながら貫通し、無事だったという経歴の持ち主です。

「川路ん金玉、素晴らしか!」
と、薩摩隼人もその豪胆さを絶賛したそう……って、大便に続いてシモエピソードの豊富な方です……。

「すごかっ!」
欧州に渡った川路が感動したのは、当時第二帝政と第二共和政のものであったフランス警察でした。

マルクスのような思想家からは、
「フランスにからみつく寄生体」
と罵倒されるほど、市民生活に目を光らせた警察組織ですが、日本政府側の川路からすれば、理想の組織であります。

帰国後の川路は、江戸以来の警察組織を全否定し、フランス型にすべきである!と改革を断行。
このあたりの思想は、後の政治にも影響します。

イギリス型のような司法警察より行政警察を重視した日本型警察は、のちに政治警察である公安警察の突出につながり、戦前の社会を暗くする役目も果たしました。

同時に、日本独自の制度も作られます。
「邏卒」のちに「巡査」と呼ばれた職種であり、もともとは「武士を使うべし!」と川路が主張したことに始まるのでした。
川路は、武士以外を用いるのは失策とまで言い切っております。

で、結果がこれですな。
斎藤一のように、元新選組幹部まで巡査にする――そんなオーバースペックな組織が誕生。警察は、会津藩のように負け組佐幕藩の就職先としても人気がありました。

会津藩の「鬼」こと佐川官兵衛をスカウトしたのも川路です。

佐川官兵衛/wikipediaより引用

このような大胆かつ画期的な改革を果たした川路を
「日本のフーシェ」
と呼ぶことすらありますが、それも納得ですね。

川路は、紛れもなく偉大なる改革者でした。

※明治の警察が映像化されたといえば、この作品ですね!「るろうに剣心 京都大火編」予告編

 

西南戦争では「抜刀隊」が活躍!

そんな川路に、選択のときが迫ります。

明治六年政変――征韓論に端を発し、西郷隆盛が政府を去った騒動です。

川路は西郷とも、その敵となった大久保利通とも昵懇でした。
ここで私情を挟まず、西郷との敵対もやむなしと政府につきます。

司馬遼太郎『翔ぶが如く』で、西郷にどこまでもついていく桐野利秋との対立が描かれ、読み応えあるシーンの一つですね。

川路は自ら組織した警察を、不平士族の反乱で鎮圧に派遣。
さらに明治10年(1877年)には、警察官・中原尚雄を西郷のもとに派遣しました。

表向きは薩摩出身中原の帰郷ですが、実は西郷の周囲を探り、暗殺すら辞さない――というもの。
こうした行動は、確かに「日本のフーシェ」と呼ばれるにふさわしいと言える陰謀家ぶりでしょう。

中原は生存し救出され、本当に暗殺計画はあったかどうか?で議論となります。

まぁ、西郷のシンパからすれば、
「そげんこっはどげんでんよか!」
ですよね。

かくして西南戦争の引き金が引かれるのですが、川路の辣腕はさらに輝きます。
白刃をひっさげた西郷軍に苦戦した政府は、川路の組織した「抜刀隊」を導入するのです。

抜刀隊を描いた錦絵/wikipediaより引用

※陸軍分列行進曲(抜刀隊)

「抜刀隊」は、会津藩や佐幕藩出身者が多いと誤解されがちです。

元会津藩家老の佐川官兵衛大警部や山川浩陸軍中佐らが参戦し、その結果、佐川は戦死し、山川が次のようなヤル気満々の歌を残したイメージの影響でしょう。

「薩摩人 みよや東の丈夫が 提げ佩く太刀の利きか鈍きか」
(薩摩人、見てみっせ、東国=会津の武士がさげている太刀が鋭いか鈍いか)

確かに会津の意気込みを感じます。

が、実際は混成部隊で、他ならぬ薩摩出身者も多かったそうです。

いずれにせよ、川路の、
「巡査は武士がよか!」
という方針は大当たりで、「抜刀隊」は「田原坂の戦い」等で敵を挫くための大きな力となりました。

田原坂の戦い・鹿児嶋暴徒追討記/国立国会図書館蔵

川路は当事者として、西南戦争の勝利を確認。
その後、再びヨーロッパの警察を見学する途上で、病に倒れて死去するのでした。明治12年(1879年)、享年46です。

さて、西南戦争等での「抜刀隊」の活躍により、日本の警察組織に大きな特徴も加わりました。

「剣道」の重視です。

武士の時代も終わり、時代がかった特技とみなされ、廃れてしまう可能性もあった日本の剣道。
それは犯罪者の逮捕に大きな力を持つ――そう証明されたのです。

※【H29第56回東京都剣道選手権大会】内村・警視庁×正代・警視庁

現代に至るまで、剣道や日本伝統武芸が警察組織において重視されるのは、川路のセンスあってのもの。

・西南戦争で西郷を暗殺しようとした
・フーシェを真似て警察組織の暗黒部を導入した
・夫人を斬殺した同郷出身の黒田清隆をかばった

川路に対しては、上記のような否定的な評価もあります。フランスでの大便投擲事件も、お笑いネタにされがちです。

が、とてもディスられるだけで終わってよい人物ではないはずです。

本場フランスから遅れることわずか一世紀ほどで警察組織を作り上げ、今日に至るまで武道を定着させたその力量は、英傑と言ってよいでしょう。
初代大警視(警視総監)としての活躍、辣腕ぶりは、過小評価できるはずもありません。

『西郷どん』ではどんな活躍をするのでしょうか?
明治維新から150年の節目です。

そろそろ川路どんにも、ふさわしい英名が欲しいところ。
期待しております。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
警察の誕生 (集英社新書)』菊池良生
明治維新とは何だったのか: 薩長抗争史から「史実」を読み直す』一坂太郎
幕末史 (新潮文庫)』半藤一利

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.