『大政奉還図』邨田丹陵 筆/wikipediaより引用

幕末・維新

大政奉還を実行したのになぜ戊辰戦争は始まった?幕末混乱期のクライマックス

開陽丸で江戸へ戻らなければなぁ

このとき、新政府軍が「天皇の軍」であることを証明する「錦の御旗(錦旗)」を掲げたことで、幕府は「天皇の敵=朝敵」になってしまいます。

慶喜としては、これだけは避けたかった。
そのために色々と動いてきたので、その衝撃は計り知れません。
大河ドラマ「篤姫」では、慶喜役の平岳大さんがとても良い演技をしていましたね。

それまで朝廷では「慶喜の言う通り、諸侯による会議を作る形でもいいのではないか」という意見が強まっていたのですが、鳥羽・伏見の戦いによって武力による倒幕派が主流になってしまったのです。

そして元々倒幕派には西国大名が多かったため、西日本では武家や商人が新政府軍に協力する姿勢を見せ、新政府軍の規模は一気に拡大します。

ここで慶喜は最大のミスを犯してしまいました。

多くの兵を置き去りにして、わずかな近臣とともに開陽丸という船で江戸へ逃げ帰ってしまったのです。
もしもここで白旗を掲げて朝廷に詫びを入れていたら、その後は全く変わったものになっていたでしょうね。

ちなみに、佐幕派の代表格である松平容保も、慶喜に半ば無理矢理に同行させられていました。
が、その後養子に当主の座を譲ったり、藩士に詫びたために恨みを買わずに済んでいます。

ほんのちょっとしたことで、慶喜と容保は全く違う評価になったわけです。

 

甲州勝沼の戦いに続いて上野、市川、船橋も

慶喜は上野・寛永寺で謹慎しました。
が、朝廷からは慶喜追討の命令が出されました。

これにより、有栖川宮熾仁(たるひと)親王が新政府軍の総大将として東へ向かい、各地の旧幕府軍と戦うことになっていきます。
vs新撰組の甲州勝沼の戦いなどが有名ですね。

そしてついに、江戸まで新政府軍が迫りました。
江戸城では慶喜から後始末を命じられた勝海舟や、薩摩出身の篤姫、皇室出身の和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)などが新政府軍との折衝にあたりました。

これに西郷隆盛が応じたことにより、江戸城は血を流すことなく新政府軍へ明け渡されます。
しかし、旧幕府軍のうちいくつかの小隊があくまで新政府軍に抵抗しました。

上野戦争市川・船橋戦争などです。

彰義隊が散った上野戦争 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

ちなみに、上野戦争が起きた頃、慶喜は水戸に行って謹慎していました。
この「常に後方にいる」あたりが、彼の評判を大きく落としていたのでしょうね。

 

御誓文と掲示

一方その頃、この間京都では【五箇条の御誓文】が出され、改めて新政府のモットーが示されました。

さらに、この内容をもう少し庶民向けにした【五榜の掲示】も出されています。

「榜」は立て札のことです。日本では古代から、庶民向けの広報は立て札で示されていたので、その形を踏襲したものでした。
現代でも町内会のお知らせなどが道端の掲示板に貼られることがありますが、そんな感じです。ある意味、歴史的な方法なんですね。

この二つも見分けがつきにくい用語ですが、特徴だけまとめると

(先)五箇条の御誓文 明治天皇による天への誓約 語尾が「~ベシ」(一条だけ例外あり)
(後)五榜の掲示 明治政府から庶民へのお知らせ 語尾が「~事」

こうなります。

「戦線を追いかけるような形で、明治新政府は新しい世の中の下準備を進めていた」といえるでしょう。

五箇条の御誓文・原本/wikipediaより引用

 

旧幕府軍は北へ北へ そして箱館戦争で終焉を迎える

一方、東日本では戦争が続いていました。
東北では「会津藩の朝敵認定を何とか取り消してもらおう」という意見が強まり、仙台藩を盟主とする奥羽越列藩同盟ができます。

しかし、山を超えた先にある越後では、河井継之助の活躍する北越戦争が行われており、その余波で東北でも戦闘が始まってしまいます。
奥羽越列藩同盟vs明治新政府軍の戦いは各所に及びましたが、まとめて東北戦争と呼んでいます。

これまた有名な会津戦争白虎隊の悲劇などもここに含まれるものです。

東北戦争もやはり新政府軍の勝利に終わりましが、同盟側の敗残兵に江戸城の明け渡し等を済ませた榎本武揚らが合流し、箱館(函館)で最後の抵抗を試みます。これが箱館戦争です。
こちらは新撰組副長・土方歳三の最期の戦いとしても有名ですね。

過去に当コーナーで取り上げた中では、幕府に協力していたフランス軍人ジュール・ブリュネらも参加しています。

映画ラストサムライのモデル「ジュール・ブリュネ」幕末のフランス軍人が熱い!

続きを見る

榎本らが降伏したことで、戊辰戦争はようやく終わりました。

関が原以来となる日本全国での大戦だった割に、一年半で全てが終わったのは奇跡的といえるかもしれません。
他の国でこの手の戦争が起こると、数十年かかることも珍しくないですからね……近いのは南北戦争(だいたい四年)くらいでしょうか。

もし、戊辰戦争がもっと長引いていたら、日本も他のアジアの国と同じように、欧米にもっと口と手を出されていたかもしれません。
この解決は、歴史的に見て本当にギリギリのタイミングだったんですね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「大政奉還」等
大政奉還/wikipedia
五箇条の御誓文/wikipedia

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.