万延元年遣米使節/wikipediaより引用

幕末・維新

万延元年遣米使節が送られた裏の理由~日米修好通商条約の署名はワシントンで

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
万延元年遣米使節
をクリックお願いします。

 

ハワイでカメハメハ4世と謁見してからサンフランシスコへ

ポーハタン号は1月に品川を出港し、一度横浜に停泊した後、ハワイを経由してサンフランシスコへ向かいました。

当時はまだハワイ王国が存在していたので、使節団はときの国王・カメハメハ4世へも謁見しています。

ちなみにこの王様、なかなかのイケメン?

カメハメハ4世/wikipediaより引用

2週間ほどハワイで補給などを行い、再び太平洋へ出た一行がサンフランシスコに着いたのは、3月のことでした。

咸臨丸の護衛任務はサンフランシスコまでだったのですが、途中嵐に遭ったためすぐ日本には帰れず、修理のためにしばらく停留。

福沢らが【英語→中国語】の辞典を買っていたりします。

いずれ英和辞典を作るための資料として買ったようです。

何のついでか、写真館に出かけてアメリカ人の少女(15歳)と写真を撮ってもらっているのですが……これはどういう狙い?(´・ω・`)

まあそれはいいとして、使節団はサンフランシスコからパナマへ向かい、そこからさらに船に乗ってワシントンを目指しました。

当時はパナマ運河がなかったので、延々とアメリカ領土を横断するよりは、多少遠回りになっても海路を有効活用することになったようです。

途中で鉄道も使っているのですが、もちろん誰も乗ったことがないので、随分と面食らったようで。

速さよりも、蒸気と車輪の騒音に面食らったかのような記述です。

 

小栗はアメリカで高く評価されるも日本でなぜか斬首刑

そんなこんなの末、一行は3月末に無事ワシントンへ到着し、批准書を無事交換することができました。

ここでは1ヶ月ほど滞在し、国会議事堂や海軍の造船所、スミソニアン博物館や天文台などを見学していたそうです。

どこも一つの建物ではなく、複数の施設の総称なので、1ヶ月でも相当の過密スケジュールだったでしょうね。

有名どころだと、スミソニアン博物館の自然史博物館は「呪いのダイヤ」ことホープ・ダイヤモンドを展示。

他にも恐竜の化石や宝石が多数あるところです。

個人的に、死ぬまでに一度は行きたい博物館の一つを仕事で行けたなんてうらやましい……!

そんなわけで本来の目的は達成し、いろいろ見せてもらうこともできたわけですが、最後の目的である通貨の交換比率是正については、案の定うまく行きませんでした。

ただし、日本側の担当者であった小栗の能力粘り強い態度はアメリカ側に大きく評価され、日本人全体の印象が良くなったとか。

小栗は幕末によくわからん経緯で斬首刑になってしまうのですが、新政府側が彼の能力を知っていたらどうなっていたやら……。

いや、知っていたからこそ処刑したのかもしれません。

無事に批准された日米修好通商条約/Wikipediaより引用

帰路については、ニューヨークを出港して、大西洋及びアフリカ最南端・喜望峰を越え、インド洋を渡ってインドネシア→香港を経由し、品川へ戻ってきました。

1月に出発して9月に帰国ですから、当時の船旅かつ距離や途中の滞在期間を考えると、かなり順調な旅路だったと思われます。

成果も同様であればよかったのですが……。

まぁこればかりはお互い慣れてない外国人同士ですから仕方ありませんね。

あわせて読みたい関連記事

幕末・文久遣欧使節団の食事がツラいって! 洋食は臭くて食えたもんじゃない?

続きを見る

岩倉使節団
岩倉使節団って実はトホホでお粗末……だから明治政府は分裂した?

続きを見る

岩瀬忠震がハリスを圧倒! 凄腕の幕臣が日米修好通商条約の交渉に挑んだ

続きを見る

支倉常長の生涯 ローマ教皇に謁見し、帰国後はどうなった?【戦国遣欧使節】

続きを見る

マシュー・ペリーの意外な接待術~日米和親条約を結ぶために用いた策は?

続きを見る

琉米修好条約を要求したのもペリーだった! 知られざる琉球の開国事情

続きを見る

ペリーじゃないよハリスだよ! 日米修好通商条約を結んだアメリカ人って?

続きを見る

天正遣欧少年使節~戦国時代に初めて渡欧した4人 その後の人生は?

続きを見る

政宗が「慶長遣欧使節」を送ったのはなぜ? スペインの助力で天下を狙った?

続きを見る

ジョン万次郎は14才で漂流し米国生活10年の後に帰国~波乱万丈の生涯72年

続きを見る

福沢諭吉
勝や榎本にケンカを売った福沢諭吉~慶応ボーイの先生は誇り高き武士だぞ!

続きを見る

吉田松陰30年の生涯まとめ!長州・萩の天才が処刑された真の理由とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
万延元年遣米使節/Wikipedia
日米修好通商条約/Wikipedia

TOPページへ

 



-幕末・維新
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)