大政奉還

『大政奉還図』作:邨田丹陵(むらたたんりょう)/wikipediaより引用

幕末・維新

慶喜と西郷の思惑激突!大政奉還が実施されたのになぜ戦争が始まった?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
大政奉還
をクリックお願いします。

 

甲州勝沼の戦いに続いて上野、市川、船橋も

慶喜は上野・寛永寺で謹慎しました。

すると朝廷からは慶喜追討の命令が出されてしまいます。

これにより、有栖川宮熾仁(たるひと)親王が新政府軍の総大将として東へ向かい、各地の旧幕府軍と戦うことになっていきます。

vs新撰組の【甲州勝沼の戦い】などが有名ですね。

甲州勝沼の戦い
哀しき甲州勝沼の戦い「甲陽鎮撫隊」となった新選組がついに解散へ

続きを見る

そしてついに新政府軍が江戸まで迫ってきました。

江戸城では慶喜から後始末を命じられた勝海舟や、薩摩出身の篤姫、皇室出身の和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)などが新政府軍との折衝にあたりました。

これに西郷隆盛が応じたことにより、江戸城は血を流すことなく新政府軍へ明け渡されます。

江戸城無血開城
実は流れた血も多かった江戸城無血開城の真実~助かったのは慶喜だけ?

続きを見る

勝海舟
勝海舟の人物像に迫る! 江戸っ子幕臣のべらんめぇ生涯77年まとめ

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る! 誕生から西南戦争まで49年の生涯とは

続きを見る

旧幕府軍のうちいくつかの小隊があくまで新政府軍に抵抗しました。

上野戦争】や【市川・船橋戦争】などです。

上野戦争(彰義隊)
彰義隊が散った上野戦争の恐ろしさ 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

市川・船橋戦争
市川・船橋戦争(戊辰の局地戦)とは? 上野戦争前に起きた戦いの行方が

続きを見る

ちなみに、上野戦争が起きた頃、慶喜は水戸で謹慎していました。

一旦は家臣たちに戦争を仕掛けさせておきながら、自分だけは「常に後方にいる・前に出てきていない」あたりが、彼の評判を大きく落としていたのでしょう。

 

御誓文と掲示

一方そのころ京都では【五箇条の御誓文】が出され、改めて新政府のモットーが示されました。

さらに、この内容をもう少し庶民向けにした【五榜の掲示】も出されています。

「榜」は立て札のことです。日本では古代から、庶民向けの広報は立て札で示されていたので、その形を踏襲したものでした。

現代でも町内会のお知らせなどが道端の掲示板に貼られることがありますが、そんな感じです。ある意味、歴史的な方法なんですね。

この二つも見分けがつきにくい用語ですが、特徴だけまとめると

【先】五箇条の御誓文

明治天皇による天への誓約 語尾が「~ベシ」(一条だけ例外あり)

【後】五榜の掲示

→明治政府から庶民へのお知らせ 語尾が「~事」

こうなります。

「戦線を追いかけるような形で、明治新政府は新しい世の中の下準備を進めていた」といえるでしょう。

五箇条の御誓文・原本/wikipediaより引用

 

旧幕府軍は北へ北へ そして箱館戦争で終焉を迎える

東日本では戦争が続いていました。

東北では「会津藩の朝敵認定を何とか取り消してもらおう」という意見が強まり、仙台藩を盟主とする【奥羽越列藩同盟】ができます。

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは? 伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

しかし、山を超えた先にある越後では、河井継之助の活躍する北越戦争が行われており、その余波で東北でも戦闘が始まってしまいます。

奥羽越列藩同盟vs明治新政府軍の戦いは各所に及びましたが、まとめて東北戦争と呼んでいます。

これまた有名な会津戦争白虎隊の悲劇などもここに含まれるものです。

会津戦争(会津と長州)
なぜ会津は長州を憎む? 会津戦争で降伏した若松城と藩士らが見た地獄

続きを見る

会津戦争の『遺体埋葬論争』に終止符を~亡骸の埋葬は禁じられたのか?

続きを見る

東北戦争もやはり新政府軍の勝利に終わりましが、同盟側の敗残兵に江戸城の明け渡し等を済ませた榎本武揚らが合流し、箱館(函館)で最後の抵抗を試みます。

これが箱館戦争です。

こちらは新撰組副長・土方歳三の最期の戦いとしても有名ですね。

過去に当コーナーで取り上げた中では、幕府に協力していたフランス軍人ジュール・ブリュネらも参加しています。

ジュール・ブリュネ
映画ラストサムライのモデル「ジュール・ブリュネ」幕末の仏軍人が熱い

続きを見る

土方歳三
土方歳三35年の生涯まとめ! 生き急いだ多摩のバラガキが五稜郭に散る

続きを見る

榎本らが降伏したことで、戊辰戦争はようやく終わりました。

関ヶ原以来となる日本全国での大戦だった割に、一年半で全てが終わったのは奇跡的かもしれません。

他の国でこの手の戦争が起こると、数十年かかることも珍しくないですからね……近いのは南北戦争(だいたい四年)くらいでしょうか。

まぁ、戦場となってしまったエリアの住民は酷い目に遭わされているので、何にせよ武力倒幕というのが良かったのか疑問には残るところです。

戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり、食料奪われ殺害され

続きを見る

あわせて読みたい関連記事

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志

続きを見る

坂本龍馬
坂本龍馬 史実の人物像に迫る!暗殺されるまで駆け抜けた33年の激動

続きを見る

小松帯刀(小松清廉)
幕末の薩摩を舵取りした俊英・小松帯刀(小松清廉)35年の短すぎる生涯

続きを見る

倒幕
西郷が強引に進めた【武力倒幕】岩倉や薩摩藩は下策としていたのになぜ?

続きを見る

鳥羽・伏見の戦い
鳥羽・伏見の戦いで注目すべきは慶喜の大失態~幕府の敗北 当たり前?

続きを見る

岩倉具視
岩倉具視はキャラ奇抜でバランス感覚に優れた政治家か 幕末貴族59年の生涯

続きを見る

相楽総三
西郷に取り立てられ見捨てられた 相楽総三と赤報隊は時代に散った徒花か

続きを見る

松平容保
松平容保(会津藩主)の迎えた最期は悲劇だった?天皇と藩祖に捧げた生涯

続きを見る

甲州勝沼の戦い
哀しき甲州勝沼の戦い「甲陽鎮撫隊」となった新選組がついに解散へ

続きを見る

勝海舟
勝海舟の人物像に迫る! 江戸っ子幕臣のべらんめぇ生涯77年まとめ

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る! 誕生から西南戦争まで49年の生涯とは

続きを見る

上野戦争(彰義隊)
彰義隊が散った上野戦争の恐ろしさ 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

市川・船橋戦争
市川・船橋戦争(戊辰の局地戦)とは? 上野戦争前に起きた戦いの行方が

続きを見る

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは? 伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

会津戦争(会津と長州)
なぜ会津は長州を憎む? 会津戦争で降伏した若松城と藩士らが見た地獄

続きを見る

会津戦争の『遺体埋葬論争』に終止符を~亡骸の埋葬は禁じられたのか?

続きを見る

戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり、食料奪われ殺害され

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「大政奉還」等
大政奉還/wikipedia
五箇条の御誓文/wikipedia

TOPページへ

 



-幕末・維新
-