江戸時代

切った張ったリアルガチの刃傷事件!江戸城内で実に7度も起きていた

更新日:

「最近の高齢者はキレやすい」
と言われていますが、江戸時代の武士もなかなかです。

政治とは関係ないところなので、あまり教科書で取り上げられないだけで、赤穂浪士以外にもいくつか事件が勃発。

文政六年(1823年)4月22日は、江戸城で「千代田の刃傷(にんじょう)」と呼ばれる殺傷事件があった日です。

当時は江戸城のことを「千代田城」とも呼びましたので、そこからきた呼び名ですね。

 

数十年のスパンでしょっちゅう起きている

事件自体は、実に単純なものです。
5行でマトメましょう。

・松平忠寛という旗本が
・職場の先輩にイビられ続け
・先輩三人をブッコロし
・二人に怪我を負わせ
・最後は自害した

現代でも起こりそうな怨恨事件でしょうかね。
「命よりも名誉が大事」な武士の時代とはいえ、凄まじいですね。仮に相手が武器を持ってなかったとしても5人を相手になかなかできるもんじゃありません。

忠臣蔵のお芝居でも「殿中でござる!!」と言われているように、本来であれば江戸城の中で帯刀しているコト自体がおかしいはず。まぁ、何らかの方法で潜り抜けたんでしょうけど、日頃、どれだけのイジメがあったのか。恐ろしいですね。

ただ、こういった事件、江戸城内では少なくありません。

忠臣蔵こと元禄赤穂事件や千代田の刃傷と合わせて実に7件。

しかも、「幕府黎明期に集中していた」とか「幕末の混乱の中で(ry」といった傾向がなく、20~60年ぐらいの一定のスパンで発生しています。

今回は、被害者・加害者のプロフィールと共に、それぞれの事件を簡単にお話していきましょう。

大体の場合は【加害者の名前】が事件の通称になっています。

 

①寛永五年(1628年)8月 豊島明重事件

被害者:井上正就(老中)

若い頃から秀忠に仕え、大阪夏の陣にも参加していた人です。45歳のとき横須賀藩主となり、老中の職にもつきました。
しかし、嫡子・正利と大坂町奉行・島田直時の娘の縁談を進めている途中で、春日局から別の縁談を進められ、島田家との話を帳消しにしてしまいます。

この島田家との縁談の仲人をしていたのが、豊島明重という旗本です。目付の役目にもついていましたので、それなり以上の面子があるわけです。
「正就が縁談を断ったのは春日局のせいだ」ということを知っていたのかどうかはわかりませんが、明重はひどく正就を恨みました。そして、ある日正就と江戸城西の丸でたまたま出会ったときに、ブッコロしてしまったというわけです。
明重もその場で自ら腹に脇差しを突き刺し、止めに入った別の武士も巻き添えを食って亡くなったといいます。可哀想すぎるやろ。

当時の慣習としては、豊島家とその一族も連座になるはずでしたが、老中の一人・酒井忠勝が「遺恨を果たしてとはあっぱれ」と捉えたことで寛大に処分されました。
明重の嫡子・吉継を切腹させるだけに留めています。吉継からすればたまったものではありませんが、他の親戚に累が及んでいないことを考えると、かなり軽い処分です。

しかし、当事者に近い島田直時が自責の念にかられ、自ら腹を切ったといわれています。
この件について春日局の反応は記録されていないようなのですが、いったいどう思っていたのでしょうね。

 

②貞享元年(1684年)8月 稲葉正休事件

被害者:堀田正俊(大老)

父・正盛も老中を務めており、名門中の名門という出の人です。正盛が家光に殉死したため跡を継ぎ、四代・家綱に仕えました。
家綱に子供がいなかったため、一時幕閣の間で後継者争いが起きたとき、家綱の異母弟である綱吉を強く推したといわれています。
綱吉もその恩を感じてか、正俊には主に財務を任せていました。

しかし、いとこおじである青野藩主・稲葉正休に突如襲われ、殺されてしまっています。正休もその場で成敗されてしまったため、何が動機だったのかもはっきりせず、謎が謎を呼んでいます。
「大坂・淀川の治水工事について、正俊と正休の間で意見が分かれていたから」
「正盛が生類憐れみの令に反対していたため、綱吉が暗殺させた」
……などなどの説がありますが、決定打はありません。

また、この事件に関係あるかどうかはわかりませんが、不可解な点が一つあります。
これ以降、綱吉が奥御殿に引きこもるようになり、老中と会いたがらなくなったことです。このため、牧野成貞や柳沢吉保といった連絡役が側用人として権力を持つようになっていきます。
綱吉の時代には大きな問題にはなりませんでしたが、側用人という役職はこれ以降、何かとめんどくさい事態を引き起こすことになっていきます。

 

③元禄十四年(1701年)3月 浅野長矩事件

被害者:吉良(上野介)義央
忠臣蔵=元禄赤穂事件の始まりとなったあの事件です。あまりにも有名でめんd……くどいので、詳細は割愛しますね。
当コーナーでの関連記事もいくつかあるので、よろしければ併せてご覧ください。

赤穂義士と忠臣蔵の真実~松之廊下で斬りつけ討入に至るまでの史実マトメ

日 ...

続きを見る

赤穂浪士47名の切腹~執行の日まで最も礼を尽くしたのは細川家だった

元 ...

続きを見る

赤穂浪士唯一の生き残り寺坂信行~足軽で討入参加を許された侍の悲しき流転

延 ...

続きを見る

 

④享保十年(1725年)7月 水野忠恒事件

被害者:毛利師就(もろなり。第七代長府藩主)

加害者の松本藩主・水野忠恒が、たまたま「松の廊下」で師就突如発狂し、切りつけたといわれています。師就は刀を抜かずに鞘のままで応戦したらしく、少々の怪我のみで済みました。
なにそれカッコイイ。

忠恒は元々小さい頃からアレな言動が多く、弓や鉄砲をいたずらに使うなどの奇行が多かったため、「発狂」というあいまいな理由でも、師就や周囲が納得したのでしょう。
供述としても「私は家臣に人気がないので、領地が取り上げられて、師就に与えられると思ったので」というワケワカメなものでした。そりゃアンタ日頃の行いだろうよ。
これは「黙って首を横に振る」しかありませんわー。

水野家といえば徳川家康の母・於大の方の実家と、その親族・子孫たちです。
このときも、忠恒は改易されたものの、叔父の屋敷に蟄居するだけで済みました。また、家名も存続しています。死者がいなかったことも影響したかもしれません。

 

⑤延享四(1747年)年8月 板倉勝該事件

被害者:細川宗孝(熊本藩主)

「人違いでブッコロされてしまった」という不運にもほどがある事件です。
以前取り上げているので、こちらも詳細は割愛させていただきますね。

詳しくはこちらで↓

家紋が似ていて斬殺された細川宗孝 そのとき伊達宗村の一言が熊本藩を救った

勘 ...

続きを見る

 

⑥天明四年(1784年)3月 佐野政言(まさこと)事件

被害者:田沼意知(おきとも・若年寄)

意知は田沼意次の嫡男です。意次の評価については現在見直されつつありますが、当時は「元の身分が低かったのに、老中になったなんてどんな悪事を働いているんだ」と思われていました。
となると、当然意知も有る事無い事言われまくっていただろうことは、何となく想像がつきますよね。

佐野家は徳川家が三河にいた頃からの譜代の臣でしたが、政言の代にはなんと10人きょうだいで男子がたった一人(つまり政言だけ)という状況になっていました。しかも政言は末っ子です。
何よりも跡継ぎが大切な時代・身分でこれでは、幼い頃から相当のプレッシャーを感じて育ったものと思われます。

例によって政言が凶行に及んだ理由ははっきりしていないのですが、予測としてはこんなものがあります。
「佐野家の領地にある神社を、意知の家臣がぶんどったから」
「田沼家の系図を書き換えるため、意次と意知が佐野家の系図を(ry」
「田沼家に賄賂を送ったのに昇進できず、恨んでいた」
上2つについては恨むのもやむなしというところですが、それならそれで裁判に出るという手もあったでしょう。「相手が老中だから訴えられなかった」というのもありそうですが、他にも老中や奉行はいるわけですし、その中で反田沼派の人を頼ればいい話です。
最後のは完全に私怨としか。まあ、松平定信も似たような理由で田沼家を毛嫌いしていたフシがあるので、当時は珍しくなかったのかもしれませんが。

幕府は例によって「乱心」の一言で片付けました。
しかし、世間から嫌われてしまっていた意知を殺したことで、政言は庶民から「世直し大明神」と讃えられたといいます。
今も東京都台東区に政言のお墓があるのですが、一般公開はしていないのか、近年訪れた人はいないようです。古い写真によると、墓石の上半分が壊れてしまっていて、何と書いてあったのかわからなくなっています。

 

⑦文政六年(1823)年4月 松平外記事件

被害者:旗本5名
これがこの記事の文頭の事件「千代田の刃傷」の別名ですね。

「ここまで6件も同様の事件が起きているのに、防げなかったのか」とかいろいろツッコミどころはありますが、江戸時代というのは平和が強調される一方で「場合によっては藩邸の中でも殺人事件が起こるような時代」ですので、物理的に不可能だったのかもしれません。

その一方で馬に乗れない大名もいたのですから、いやはや「事実は小説より奇なり」ですね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『江戸三〇〇年 あの大名たちの顚末』(→amazon link
千代田の刃傷/Wikipedia
松平忠寛/Wikipedia
はてなキーワー
田沼意知/Wikipedia
佐野政言/Wikipedia
TAITOおでかけナビ

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.