間部詮房の木像(浄念寺所蔵)/wikipediaより引用

江戸時代

実は日本史上屈指の出世マン・間部詮房!いわれなきスキャンダルで失脚す

更新日:

日本人と欧米人の価値観が大きく異なることは言うまでもない話ですけども、その中でも相違点が顕著なものの一つが「政治家への評価」ではないでしょうか。

たとえば欧米だと「不倫? 同性婚? 仕事に関係ないから別にいいじゃん」ということもあります。
が、日本だと「誰それが◯◯してました! けしからん!! 辞めろ!!!」になりますよね。

実はこれ、最近のことだけでもなかったりします。

寛文六年(1666年)5月16日に誕生し、後に老中扱いとなった間部詮房(まなべ あきふさ)もそうでした。

 

六代将軍・家宣に夜も昼もなく仕える

間部詮房はもともと、甲府藩の武家の生まれ。
身分が低くあまり出世は望めなかった人物です。

しかし16歳のとき、当時甲府藩主だった徳川家宣に仕えたことで人生が変わりました。

自分の立場の弱さを理解してのことか。
徳川一門の主に仕えることが誇らしかったからか。

詮房は昼も夜も休みなく側仕えに励んだのです。

おかげで家宣の覚えもめでたく、五代将軍・徳川綱吉の養子となって江戸城に入ったとき、「詮房、お前もついてこい」と言われて幕臣となりました。
人間まずはがむしゃらに働くのがいいのかもしれませんね。体を壊さない程度に。

徳川家宣/wikipediaより引用

このとき1500石を加増されると同時に、従五位下越前守に任じられています。

そのため、史書や小説でこの時代に「越前」と書かれている場合は詮房のことをさします。
当時はある程度身分ある人の名前を直接言うのは失礼だとみなされていたので、官名がある場合はそちらで呼ぶのが礼儀だったからです。

 

わずか2年で1万石の大名に大出世

家宣に付き従って江戸に来たのが詮房38歳のとき。
それが2年後、40歳の時には1万石の大名になり、老中と同格扱いになったのですから、江戸時代どころか日本史上屈指の出世です。

さすがに豊臣秀吉ほどではないですけども、「身分が低くても頑張ってエラくなりました」という例としてもっと広まっても良さそうなものです。

ではどうして詮房は、歴史ファンでもなければ詳しく知らない存在になってしまったのか?

半分は本人の性格のせいでした。

詮房と二人三脚で将軍を支えた新井白石によると、「詮房殿は古の君子のように立派な人物」だったのですが、裏を返せば生真面目だったのです。

時代が前後しますけども、先日お話した松平定信のように、往々にして頭の固い人物は有能であっても反感を招きやすいものです。
何故かそういう人って歯に衣着せぬ物言いだったりしますしね。

さらに彼には多くの嫉妬にさらされました。

 

家継の生母・月光院とデキてる?

間部詮房は、元々が身分の低い人です。
それが大出世したとなれば、他の多数の幕閣からすれば目に触る“成り上がり者”でしかありません。

その時点であまり良い印象を持たれないのに、生真面目でものをズケズケ言うのであれば味方よりも敵が増えてしまうのは自明の理。
家宣の庇護下ではその状態でもやっていけましたが、家宣が亡くなって家継の時代になると、さらに幕閣との溝は深まりました。

家宣は詮房を頼りにしていたので、当然、幼い家継にもよく仕えるよう命じていました。
そして真面目な詮房は、かつて家宣にしていたように、家継にも昼夜問わず仕えます。

徳川家継/wikipediaより引用

そこで微妙な存在となったのが、幼い家継の側にいた生母・月光院です。
家継は年齢一ケタ前半の幼児ですから、彼女が側にいたのですね。

勘の良い方ならお気づきかと思いますが、「家継を挟んで生母と臣下が同席する」という場面が非常に多くなり、そしていつしかこんな噂が……。

「詮房は月光院様とデキているからあのように振舞っているのだ」

昼メロのようなお決まりの展開で笑って済ませられるのは現代だから。
儒教バンザイだった江戸時代において、不倫は大問題ゆえに、ここからさらに詮房の悪評が広まったのです。

 

噂を立てられても、仕事!仕事!仕事!

身分が低いとはいえ武士の生まれである詮房が、それがわからないほどのアホではないでしょう。

それに、家宣から家継を任されていたのですから、わざわざそんな危ない橋を渡らなくても、家継を手玉に取ることなどたやすかったはずです。

実際、家継は詮房を父のように思って懐いても恐れてもいたといわれており、なかなか女中の言うことを聞かないときでも
「越前殿が参られます」
と言えばすぐに素直になったとか。

そうして反感を買い続けた詮房と言えば、そうした悪評に対し、何らかの改善策を講じた形跡は一切ありません。
「人の噂も七十五日」と言わんばかりに、さらに仕事に邁進しておりました。

せめてここでもうちょっと自分の派閥を作るなり賄賂で手なずけておくなりしておけばよかったのですかね……。

しかし、根が真面目ゆえに「きちんと仕事をしていれば問題ない!!」と思っていたようです。

 

月光院が失墜したばかりか将軍も亡くなってしまい

そんな詮房に、ついに終わりのときがやってきました。
理由の一つとなったのが、江戸時代きっての綱紀粛清である絵島・生島事件です。

かなり要約しますと
「月光院の代わりに家宣のお墓参りに行った絵島が、その帰りに歌舞伎を見物し、気に入った役者と密会していた」
というものです。

お芝居などでは「衣装箱に役者を潜ませて大奥に連れ込んだ」などと話が誇張されていますね。

この事件で最も重く罰せられた絵島という女性は、月光院の右腕だったのです。
そのため月光院はこの後幕府の公的なことに対してしばらく控えざるをえず、詮房もまた後ろ盾を半分失うような形になりました。

さらに、二つめの理由によって詮房は完全に権力を失います。
元々病弱だった家継が、わずか7歳で亡くなってしまったのです。

次に将軍になったのは、暴れん坊将軍こと徳川吉宗

「権現様の時代になかったものは一旦全部取り消し!」
ということで、側用人という新しい(そして絶大な権力を持っていた)役職についていた詮房はものの見事にクビになってしまいました。
領地も江戸から遠く離れた場所へ変えられています。

庇い立てしてくれる幕閣もおらず、詮房はその後一大名として生涯を閉じることになりました。

 

家自体は江戸期を生き抜く

最後は寂しい終わりとなった詮房。
間部家そのものは江戸時代を生き抜いています。

詮房には息子がいなかったので弟を養子にして跡を継がせ、幕末には「間部の青鬼」と呼ばれた老中・間部詮勝(まなべ あきかつ)を輩出、明治時代には子爵の地位も与えられました。
家としては充分勝ち組ですね。

もし、当時の日本が「仕事できるならプライベートで何してようとおk」という方針だったとしたら、そもそも江島生島事件は問題にならず、詮房も失脚しなかったでしょう。

たとえ能力が高くても。
普段から調和にも気を払っておかないと厳しいのが大きな組織かもしれませんね。

間部詮房は、石田三成あたりと話が合いそうな気もします。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
間部詮房/Wikipedia

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.