江戸時代

江戸時代の「士農工商」は絶対じゃない? 移動も名前も意外とユルかった

実は、織田信長による三段撃ちはなかったとか。

実は、田沼意次は強欲政治家というより先見性を持った経済人だったとか。

かつて歴史や日本史の時間に習ったことがそうではなかった――なんてことを社会に出てから知り、驚かされることがあります。

最近では【鎖国】や【廃刀令】なんかも、実情は違うという指摘があったりします。

誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

廃刀令――明治の人々は嘆くどころか「まだ帯刀で消耗しているの?」

続きを見る

そんな中で、極めて衝撃的な指摘がこちら。

江戸時代士農工商って、実は結構ゆるかったんだよ」というのものです。

えっ???

うちの祖先はあの藩の武士だったと、誇りに思っていた方も。

うちは百姓かな、なんてぼんやり考えていた方も。

将軍様をトップに仰ぎ、

士=武士
農=農民
工=職人
商=商人

というように封建制度のもと、厳格だった身分制度が根底から覆されるとなれば、それは驚かれるでしょう。

確かに、村を捨てて江戸などの都市部へ出てきた人間がいて、彼らを地元へ返す【人返し令】なんて法律があったことは知られてますが、実はそれより一歩二歩進んでいて、あるときは医者、あるときは武士というように「身分と名前を使い分けていた」ケースもあったと言うのです。

授業で習ったよりもフレキシブルで、ゆえに現代人にとっても興味深い。

江戸の身分制度(士農工商)をみていきましょう。

 

一人が複数の名前を持っていたケースは割とある

ちょっとここで想像してみましょう。
未来人がこんな会話をしていたらどう思いますか?

「西暦にして2020年頃からの令和時代、こちらのA氏は本名で勤務先に出勤していました。しかし、家に戻ると同人作家として別のペンネームを使い、インターネット経由で収入を得ていたんですね。一方、B氏の場合、昼はコンビニ店員、夜はYouTuberです」

「へえ、そんなことがあったんですね。学校では、令和時代の人は名前はひとつだけで、夫婦別姓もなく、さらには副業禁止と習いました……」

何をトボけたこと言っていんだ、未来人よ!
別にそんなことは当たり前だし、SNSではむしろ実名を使わない。

令和人である我々はそう思うでしょう。

しかし、この例え話が、そっくりそのまま江戸時代人にも適用できるとしたら驚きませんか?

そもそも江戸時代以前の人々は、名前が複数ありました。

これがなかなかややこしいもので。、仮名、通称、幼名、官名、出家すれば号など。偉い武士ならばそうでしょ……と、受け流しそうになりますが、江戸時代はその辺にいるような一般人でもそうでした。

百姓甲氏

「百姓ですが、金融業にも手出ししたい」

町人乙氏

「本名だと通じにくいから、屋号で名乗った方が商売としては早い。それじゃダメですか?」

武士丙氏

「武士ですが、医者もやります。武士の名前のままだと、医者としてどうかと思われますからね」

このように割とユルくて、さほど有害でもない要望のときは、幕府としてもバカバカしくて取り締まりをしなくなるわけです。

お目溢しおめこぼし、まぁよいでしょう、ルールを守るならば――として黙認する。現代人がビジネスと趣味の名詞を使い分けるように、江戸時代の人々は割と自由に名前を使い分けていたのでした。

江戸時代は「士農工商」という身分制度で社会が成立しているから、身分にふさわしい名前がある。ゆえに現代人以上に名前の使い分けは重要でもありました。

しかし身分間移動の厳格な取締など一々やってらんない。こうした現象が当たり前だからこそ、目立った記録としては残されず、学校の授業でも「士農工商」という制度だけが教えられるのでしょう。

実際は身分も名前もフレキシブルだったんだよ。
なんてことを小中学生に教えても混乱するだけですしね。

しかし、幕府にせよ奉行にせよ、中には黙っていられないケースもあった。
そのときは史料なり実態が残されます。

 

「違法行為」で罰せられるのは今と同じ

意外とユルい江戸時代の身分制度と名前の使い分け。これは現代人にとってのハンドルネームに似ていると、先ほど指摘させていただきました。

考えたいネットリテラシー問題があります。

「なんやこいつ! ほんまムカつく! 死ね! カス!」

こんな罵詈雑言もハンドルネームならば身元はバレない♪ 何でも書き込める♪

なんてことが大間違いだということは、皆さんご存知ですよね。

悪質な書き込みがあった場合、プロバイダ等を通じて本名が開示されます。ハンドルネームだろうとなんだろうと言い逃れはできません。結果100万なり200万なりのお金を払わされる。

これは江戸時代も同じことでした。
複数の名前を使って「違法行為」をすれば、江戸時代でも奉行が調査を開始したのです。

 

お済みですか? あなたの身分移動

江戸時代は身分と名義がセットになっており、なおかつ金銭売買できるケースもありました。そのことそのものは罰せられません。

問題は、手続きが中途半端だったケースです。

例えば、町人の身分のままだった、きっちりと武士になってはいない、にもかかわらず帯刀してお供もつけ、武士の格好で移動していたことが発覚する――。

町人が武士になることそのものは悪くない。
ただ、手続きとして問題がある。こういう場合は、罰則があったと記録に残っています。

 

デメリットも受け入れて身分移動しなさい

罰せられるぐらいだったら、なぜ身分移動の手続きをしなかったのか。

なぜ、そんな簡単なことを済ませておかないのか?

そんな疑問が湧いてくるかもしれません。実は身分移動にはデメリットもありました。

例えば、百姓から武士としての身分を買うとする。
そうなると、百姓として所有していた土地の所有権を手放さなければいけなくなるケースも当然あるわけです。

新身分で生きていきたい、けれども踏ん切りがつかない。こうしてグズグズとした結果、罰則を受けてしまう。

「YouTuberとして食べていけそうなんだけれども、一本だけでやっていけるか……。会社員としての安定は欲しいんだ」

その手の悩みは、江戸時代人でも現代人でも同じでした。

 

ちょっと待て! その浪人、悪徳金融業者では?

浪人と言いますと、うらぶれていて貧乏だというイメージがあります。

時代劇には欠かせないシーンですね。。
傘張りの内職をしていて、用心棒で小銭を稼ぐ。住まいは長屋。こんなところでしょうか。

※月影兵庫とか

ところが、江戸時代にはこんな野次が飛んでいたと言います。

「よっ、金貸し浪人さんじゃねえか!」

浪人が金を貸す?
借りるではなく、貸す?どういうことだ?

こんなのはレアケースでしょ?
と、思いきや、次のような流れで頻繁に実施されます。

【売買される旗本名】

貧乏浪人、切羽詰まって名義を売る

悪どい金融業者、旗本名義ならば箔がつくとこれを買う

金貸し浪人、誕生!

いくらなんでも、将軍様お目見えの旗本ならば、悪どい金貸しはしねぇえだろう――そう思い込んだ相手が痛い目を見る、極悪非道な手口がそこにはあります。

これも、現代で通じそうな話でもありますよね。皇族を騙ったりする詐欺師などもその一例でしょう。

むろん、あまりに悪質な金貸しに対しては、奉行が出てきて取り締まります。

が、「金貸し浪人がまたいたぞ!」と苦々しく思う江戸っ子がいたということは、それだけ同様の浪人がいたという証左でもあります。

上記のようなケースは、

・手続き上の不備

・悪質なルール違反がある

・被害者がいる

といった、本当に悪いケースのみ罰せられているところがポイント。仮に悪いことをするための二重身分が確認されたとしても、よほど悪質でなければ見逃されているのです。

江戸時代の当時ですら、この認識です。となれば、文献から歴史を学ぼうとする現代人が混乱しても当たり前なのです。

むしろ、先入観を崩すことが大切かもしれません。

 

武士とはそもそも何だろう?

そもそも武士って何なのか?

幕末史を調べていて、漠然とそんな思いに囚われたことがあります。

例えば新選組
あの団体は身分混成が特徴の一つです。

武士である永倉新八が、そうではない土方歳三を差別しているかどうか? というと、そういうことはありません。

永倉新八77年の生涯まとめ! 新選組の最強剣士は激動の幕末を駆ける

続きを見る

性格的な相違はあっても、

「あいつは百姓のせがれじゃねえか」

と蔑視なんてしない。そもそも永倉新八にせよ、武士とはいえ、そこまで由緒正しい血統ではないとされています。

永倉家に伝わる由来によれば、ご先祖は江戸の小町娘。彼女の美貌が松前藩の殿様の目に留まり、寵愛を受け、子を生んだ――そんなシンデレラストーリーの子孫が永倉新八だったんですね。

土方歳三にしたってそうです。豪農の子息。彼らが武士の技能である剣術に通じていたのはなぜか?

新選組の天然理心流はナゼ殺人剣法に?幕末関東は『リアル北斗の拳』だった

続きを見る

治安悪化という背景はあるにせよ、幕府が「武士以外の戦闘技術鍛錬」を禁止していたわけではありません。

それどころか、福澤諭吉が皮肉っぽく振り返ったように、江戸期も中期となれば武士ですら真剣を抜いたことがない場合がほとんどでした。

 

武士とはそもそも何だろう?

土方の場合、教養面では武士らしさが欠けている部分はありました。

鬼の副長・歳三も可愛くオシャレに俳句を楽しむ♪今ならインスタ派?

続きを見る

身分的には土方歳三同程度でも、尊王攘夷に燃え上がった人物はおります。

女性でもおりました。

勤王おばちゃん松尾多勢子と足利三代木像梟首事件~久坂や岩倉に気に入られ

続きを見る

豪農であっても、倒幕に意欲を燃やすものはいたわけです。

よく長州藩の奇兵隊が「身分制度を打破した」と注目されますが、幕末は東西両軍ともに武士身分以外の隊がありました。

細谷十太夫直英&鴉組たちが戊辰戦争で30余戦全勝!仙台藩で孤軍奮闘

続きを見る

幕末に来日した外国人は、日本の町人が瓦版を読み漁る姿を見て、その識字率に驚いております。

知識を得て、それで体制転覆に至る潜在的な危険性を、幕府が認識していたとすれば?

教養を身につける機会すら奪っていてもおかしくないところですが、そうでもない。

国と地域によっては、身分が低い者は字を読むことすらできないようにする、そんなシステムを形成したものです。ロシアの農奴制はその一例でしょう。

経済、戦闘技術、教養を担っていた武士階級。

実は、血統や名前すら、借金のカタに売り払うことができる。

だとすれば、いったい武士の定義とは何なのか?

それがアヤフヤだとすれば、明治政府の市民平等も、過大評価されているかもしれない。

明治維新を成し遂げた山県有朋らは、

「下賤な百姓が起こしたフランス革命と、武士による明治維新は異なる」

と認識していたが、一体なにがどうなっている? ひいては今ま で認識していた歴史とは何だったのか――疑念がぐるぐると回り始めます。

山県有朋85年の生涯まとめ!西郷を慕いそして滅ぼした元勲の苦悩

続きを見る

 

一向一揆ジャパンはどうだろう?

以前、私は日本のサッカーや野球チームが「侍」を称することに疑念を感じていました。むろん「戦う集団」を意識した呼称であることは承知の上で……。

そもそも選手は武士の子孫なのか?
例えばの話、一向一揆ジャパンではダメなのだろうか?(いや、これはダメですよね)

そうふざけ半分で思っていたものですが、今はそうは思いません。

実は武士の定義が、実のところ起源からして、不明瞭である。

衝撃!誰も知らないサムライの根源に迫る『武士の起源を解きあかす』が最高だ

続きを見る

ガチガチに固定されていると思っていた江戸時代の身分制度「士農工商」からして、実は結構フレキシブルだった。

ならばもう「武士だと自分が思ったらもう、武士だ!」という認識で上等だと思えるのです。

土方歳三だって、そうだったんだ!
もはやこれは伝統でしょう。

土方歳三35年の生涯まとめ! 生き急いだ多摩のバラガキは五稜郭に散る

続きを見る

歴史の勉強というのは、単に過去のことを振り返る雑学ではなく、現在を生きる人間の認識をも変える。そういうおもしろさがある。

本稿に、少しでもご興味をお持ちいただいた方は【参考文献】に挙げた尾脇秀和氏『壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分』(→amazon)をお読みになっていただければ。200円ほど安価な電子書籍がオススメです。

同書を読めば、日本の歴史の持つ、さらにおもしろい姿が見えてくるはず。是非とも噛み締めてください!

文:小檜山青

【参考文献】
『壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分』(→amazon
『身分を問い直す (シリーズ近世の身分的周縁)』(→amazon
『江戸への新視点』(→amazon
国史大辞典

 



-江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.