明治・大正・昭和時代 ゴールデンカムイ特集

北海道は「食の歴史」も過酷そのもの~米豆の育たぬ地域で何を食う?

投稿日:

「来週、北海道旅行なんだよ~♪」

友人からそんなふうに言われたら、どう思います?
雄大な大自然とか、サッポロビールとか、松山千春さんとか鈴木宗男さんとか発想する前に、まずはコレですよね。

「美味いもん食べまくりだな、くぅうううううう!」

嫉妬混じりな思いが浮かぶと同時に、さりげなく六花亭のお土産をねだったりして、ともかくあなたの口元は(^q^)ジュルリとほころぶことでしょう。

しかし、です。
北海道のグルメが有名になったのは、そう昔からの話ではありません。

なんせ本格的な入植が始まったのは明治維新後のこと。
開拓者や屯田兵は、本州とはあまりに違う気候に悩まされ、日々の食にも四苦八苦しておりました。

本稿では、北海道の食の歴史について見て参りましょう。

※以下の記事は、北海道開拓の歴史です

明治時代の北海道開拓はとにかく過酷~戦争敗者、屯田兵、元新選組、囚人、そしてヒグマ

 

臭くてマズイ 冷蔵技術も未発達

北海道への入植が始まった明治時代。
日本人の食習慣が今とは異なっており、現在好まれている北海道特有の品々も、こんな風に思われておりました。

◆乳製品→明治時代の人々にとってはむしろ「臭くてマズイ」

◆豚肉と牛肉→あくまで外国人向け

◆羊肉→臭くてマズイの代表格

◆海鮮料理→冷蔵技術が未発達なため、距離の遠いところではそうそう気軽に食べられない

◆米→稲作が普及しておらず主食はジャガイモ、トウモロコシ、カボチャ

現代のようなラーメン、スープカレー、チョコレートなど、口元(^q^)ジュルリな食べ物は、戦後、普及までにかなりの時間がかかっております。

西洋から持ち込まれた果樹栽培についても、苦労を重ねてなんとか定着させなければ……という状況でした。

(ニシン)やエゾシカのように、過剰な狩猟や漁業によって、生態系が歪んでしまった悲劇もあります。
なにより明治時代はしばらくの間、稲作すらできませんでした。

【関連記事】
文久遣欧使節団の食事
和製洋食の歴史
ラーメンの歴史
カレーライスの歴史
余市のリンゴ「緋の衣」と会津藩士
醤油の歴史

 

スポンサーリンク

米飯、味噌、醤油、漬け物がない

主食となる炭水化物は、ジャガイモからの摂取に頼りました。

トウモロコシだって米飯代わりにやむなく食べるもの。
米が取れないから、糠(ぬか)もない。つまりは沢庵(たくあん)といった漬け物すら作れません。

しかも、その頃は梅も大豆も作れない。
えぇ、そうです。
味噌と醤油も納豆もないということに他なりません。

米、味噌、醤油、漬け物。
調理に大事なものが何もない!!!

本州から来た人々にとって、さぞかし絶望的な状況だったことでしょう。
かつての北海道がどれほど味気ない食事だったか、辛かったか……想像を絶するものがあります。

ゴールデンカムイ』の杉元は、好物の干し柿が食べられないとアシリパに語ります。
それ以外にも、本州以北にあっても北海道にはない食物がありました。

※「アシリパ」の「リ」は小文字です

 

「三平汁」に見られる苦労の跡

北海道出身者にとっては、懐かしの味があります。
その代表格が「三平汁」です。

かつてはただの「三平」と呼ばれていたそうで、鮭のアラや魚介類たっぷり!
塩でシンプルに味を付けても、魚介類の出汁が出ていて実に美味!※レシピ例

というものではありますが、この料理には苦労のあとが見て取れます。

・調味料は塩だけ
→大正時代までは大豆栽培が広まらず、醤油も味噌も高級品だった

・魚介類や昆布を入れる
→出汁を出すということもあるけれども、他に豊富な食材がなかったから

江戸時代からあったこの料理、起源も諸説あって特定はできません。

入植した人々が、ありあわせの材料を刻み汁物にする。
それを松前藩主のような身分の高い方から名前を聞かれ、ひねりだしたのではないかとされています。

ご当地グルメなんて感覚ではなく、限られた食生活の中、人々が工夫を凝らして食べられるようにした料理です。

 

スポンサーリンク

白米なんて夢のまた夢

日本人といえば、主食は何といっても米です。

松前藩が実質的に石高ゼロという分類であったのは、米が採取できないという事情があり、アイヌ等との交易で潤っておりました。

【関連記事】松前藩

品種改良が重ねられ、北海道でも稲作が広まり始まったのは明治20年代のこと。
それまでは、実験的に細々と作るしかありませんでした。

開拓者や屯田兵にとって、まるで日本人のアイデンティティを失うような、辛いことであったことでしょう。

稲作以前の主食は、ジャガイモ(馬鈴薯)、トウモロコシ、ムギ、ヒエ、アワ等。
精一杯の贅沢は、麦や蕎麦であり、白米なんて、夢のまた夢。
日常的な炭水化物は、芋がゆ、トウモロコシの粥です。

明治末期でも、農家が一年に購入できる米は一斗(およそ15キロ)だったと言いますから大変なことです。
開拓者や屯田兵は、故郷の白米を夢に見ながら生きていたことでしょう。

【関連記事】
北海道開拓の歴史
屯田兵とは?

 

寒冷地稲作を初めて成功させたのは?

もともと稲作は、温暖な気候が向いています。

それを北の大地に根付かせるのは大変なこと。
比較的温暖な道南地域では、割と早い段階から行われましたが、北海道の大部分を占める極寒の地での稲作は一体いつから始まったのか?

稲作の普及が急務――。
そう考えた明治政府は、明治6年、お雇い外国人のケプロンを北海道のある地域に派遣しました。

そこで様々な作物の栽培研究に取り組んだところ、稲作に関しては芳しい展望がなく、結果、開拓使長官の黒田清隆も「その土地に合ったものとすべし」との通達を出します。

早い話、米ではなく麦を育てよ、という報告でした。

そうした状況の中、札幌の月寒村で、中山久蔵氏が、初の米収穫を成功させたと伝わります。
道南地方から取り寄せた「赤毛」種を育成し、明治6年に約345キロを収穫したというのです。

ゆえに中山氏は「北海道稲作の父」と讃えられております。

しかし――。
中山氏より先に栽培に成功したのではないか?
という人物が【伊達家】の入植グループにおります。

岩出山城の伊達邦直氏と共に北海道当別町へ入植した瀬戸勘三郎氏です。

岩出山城を出て当別町を開拓&移住した伊達家支藩の家臣団(伊達邸で撮影)

戊辰戦争後、録を大幅に減らされた伊達家では、多くの者が北海道へ入植しました。

瀬戸氏は中山氏より1年早い明治5年、かつての本拠地・宮城県より用いた赤毛種の種籾を当別町で栽培。
まずは明治5年と6年の二度にわたり行っています。

その結果は?

全滅です。
と言っても育ちが著しく悪かったとかではなく「鹿の食害に遭った」とされ、瀬戸氏の功績を記す北海道当別町のレポートでは、当時の状況を以下のように分析しております。

明治5年、6年は開拓使によって「米作りが禁じられ、麦栽培が推奨されていた時期」であり、仮に成功しても報告しづらい状況であった。
全滅としたのはそのためで、実際は成功していた可能性もあるのではないか。

ケプロンが調査をした「ある地域」とは、まさしくこの当別町のこと。
瀬戸氏としても、開拓使の意に反して断行した米栽培を報告しづらかったようです。

その証拠に明治14年、再び米作りに挑戦したときには成功し、米麦品評会で7等を受賞していると同町のリポートに伝わっています(当別町140年企画第7話こめづくりの今昔物語PDF)。

やけにマニアックな報告だな……と思われた方、ご明察。
この瀬戸氏とは、当サイト編集人の母方実家で、米の栽培については「なんとなく聞いたことある」とのことです。
今も、ご実家のすぐ側には伊達邦直氏のご子孫がお住みだとか。

 

スポンサーリンク

アイヌの知恵で広がる食生活

そんな入植者に食生活での知恵を授けたのが、アイヌの人々でした。

『ゴールデンカムイ』においてアシリパがウサギを捕らえるために作っていた針金の罠があります。
あれと同じ原理の罠が、開拓者の間では広まっていました。

アシリパが食べていたギョウジャニンニク、フキといった山菜も、大事なものです。
タンポポ、ヨモギ、セリ、ミツバ、サンショウ……山の恵みは、食生活に様々な彩りをもたらしました。

【関連記事】
アイヌの歴史

北海道といえば、欠かせない存在があります。
ヒグマです。

ヒグマにとっても、入植者にとっても、互いに食料になるという遭遇でもありました。
不幸な事故も起こっています。

【関連記事】
三毛別羆事件

ヒグマが人を食べるだけではなく、その逆もありまして。
二瓶鉄造のような猟師が北海道にはおりました。特に冬のヒグマは、分厚い皮下脂肪が栄養満点なのです。




スポンサーリンク


彼らはヒグマを仕留めると、毛皮や肉を近隣に配りました。
肝臓は薬物としても珍重されたものです。
こうした狩猟の背景に、アイヌから伝わった知恵があることは、言うまでもありません。

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代, ゴールデンカムイ特集,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.