明治・大正・昭和

ウィスキー作りに命を賭けた竹鶴政孝(マッサン)とリタ 史実の生涯は?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
竹鶴政孝(マッサン)とリタ
をクリックお願いします。

 

スモーキーフレーバーを求めて

北海道でウイスキーを作ることは、竹鶴の悲願でした。

壽屋時代、蒸留所候補地として北海道をすすめたものの、輸送コストや工場見学が難しいことから、反対されていたのです。

寒冷な気候のみならず、ウイスキー作りにはぴったりの土地。

というのも「ピート」(泥炭)を採取できたのです。

ピートとは、枯死した湿地植物などが炭化した石炭のことです。

水分が多く燃焼効率が悪いため、使いにくく価値が低いものでした。

これがどうしてウイスキー作りに使われるようになったかというと、まったくの偶然です。

古来よりスコットランドは、イングランドの厳しい支配により重税を課され、苦しんできました。

ウイスキー作りは、苦しい家計を救うための産業。

製造業者はコストカットを迫られ、その中で目を付けたのが価値の低いピートでした。

誰も見向きもしないピートで穀物を乾燥させたら、コストカットができるというわけです。

そうして作ったウイスキーからは、独特の香りがしました。

「スモーキーフレーバー」です。

コストカットの副産物であったスモーキーフレーバーは、スコッチウイスキーの大きな特徴となったのでした。

ピートを採取する人々/wikipediaより引用

このスモーキーフレーバーは、しかし、好みが分かれるものでもありました。

英国でも苦手とする人がいるぐらいで、日本人からは「焦げ臭い」と敬遠されがち。

それでも、なるべく本場に近づけたい竹鶴としては、この香りのこだわりを捨てるワケにはいきません。

ただ、現実的な問題もありまして。

いきなりウイスキー作りだけで会社を経営することもできません。

そこで竹鶴が目を付けたのが、余市のリンゴでした。

余市は旧会津藩士が入植してできた町で、日本で初めて西洋リンゴの栽培に成功した土地でした。

ニシン漁も盛んでしたが、これが不漁続き人手が余っている状況。

そんな余市で、まずリンゴ果汁を使った製品を作る。

そこから事業をスタートさせようとしたのです。

 

「大日本果汁株式会社」設立

1934年(昭和9年)。
竹鶴は「大日本果汁株式会社」を設立しました。

「リンゴの搾り汁を竹鶴さんのとこさ持っていけば、金さなっぺ!」と、当時余市の人は思っていたそうです。

ニシンの不漁と、大火災からの復興に苦しむ人々にとって、とてもありがたいことでした。

酒造免許を取得する以前に、この会社が作っていたのは、

・リンゴジュース
・リンゴゼリー
・リンゴケチャップ

といったリンゴ加工品です。

しかし、当時はリンゴ果汁に含まれるペクチンによる凝固問題がありました。

凝固が発生すると濁ってしまい、腐っているのではないかとクレームがついてしまうのです。

竹鶴の妥協しない性格はリンゴ製品についても発揮されたのですが、そのこだわりが製品の見た目を悪くしてしまったのです。

なかなか売れず、竹鶴は苦悩します。

リンゴ加工に苦労しながら、竹鶴は並行して技術者育成、ポットスチル導入を進めていました。

アップルワイン、アップルブランデーの製造も始まり、次は念願の妥協しないウイスキーです。

昭和15年(1940年)、念願のウイスキー作りが、余市蒸留所で始まりました。

ただし、このころ日本は、出口の見えない戦争へと突き進んでいたのでした。

余市蒸留所のリタハウス/photo by 663highland wikipediaより引用

 

私の目と髪が黒かったら……

ウイスキーを作り始めたころから程なくして、日果の工場は海軍監督工場となり、配給品を作り始めました。

カウン家の人々は厳しい国際情勢を心配し、リタを呼び寄せようとしました。

しかし、リタは余市に残ることを選びます。

家族の懸念は、不運にも的中してしまいました。

「鬼畜米英」のイギリス出身であった彼女は、日本に帰化していたにもかかわらずスパイ扱いをされ、四六時中特高警察から尾行されたのです。

それだけではありません。

心ない人はリタの陰口をたたき、子供は石を投げました。

愛用のラジオすら、スパイの道具だとみなされ、調べられたほどです。

母国とのやりとりも、当然一切できなくなりました。

「私は日本人なのに、どうしてスパイ扱いをされるの? この目と髪を黒くして、鼻を低くしてしまいたい……」

泣きながらそう訴えるリタ。

「リタ、きみは間違っていないよ」

竹鶴は、そう言って抱きしめるしかできませんでした。

敵国人の娘とみなされたリマも、母親に反発したのでしょうか。

親子の仲も決定的に悪化してしまいます。

そして戦時中の1943年(昭和18年)。

政孝の甥である宮野威(たけし)が新たな養子として迎えられました。

広島高等専門学校発酵工学科出身の威が、後継者候補となったのです。

そうはいっても、威は軍事用アルコール作りや学徒動員に行くこととなり、北海道へ来るのはその2年後、終戦直後まで待たねばなりません。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-