御嶽山

2014年噴火後の御嶽山/photo by Alpsdake wikipediaより引用

明治・大正・昭和

1979年にも水蒸気爆発を起こした御嶽山~2014年の悲劇は避けられた?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
御嶽山
をクリックお願いします。

 

○避難施設の不足

2つめの理由は、いざというときの避難施設が用意されていなかったことです。

「山の天気は変わりやすい」というのは常識ですから、御嶽山にも天候悪化の際に避難するための小屋はありました。

しかし、噴火を想定した作りではなかったので、2014年にはほとんど役に立たなかったのです。

山頂付近の山小屋では、経験豊富な支配人の方がおられ、逃げてきた登山客を誘導して助かった……ということもありましたが、それは本当に不幸中の幸い。

支配人の方が冷静かつ的確に行動したおかげで、他の方も落ち着いて下山することができたのだそうです。

そういう場所が他に一つでもあれば、戦後最悪といわれるほどの被害は出なかったでしょう。

 

○噴石の大きさ・火山灰の密度の高さ

後日の調査では

「火口から半径1km程度の場所では、最大50~60cmの噴石が最大時速350~720kmで降り注いだ」

という想定が出ています。

ちなみに、東海道新幹線の営業中の最高時速は約285kmで、旅客機のボーイング747の最高時速が1030kmだそうです。

身近なもので置き換えると「石製のダンボールが新幹線と飛行機を足して割ったようなスピードで降ってくる」感じでしょうか。

実際には、1立方メートルから軽トラック大にもなる噴石が存在したといいますから、もしこれが当たっていれば……。

避難施設があっても逃げ込めたかどうかはわかりませんし、ヘルメットを持っていたとしても同じことともいえます。

 

避難施設の拡充を進めてからの登山や観光地化

これらの状況を踏まえて、非常に気になるのがあります。

なぜ最初に水蒸気爆発が観測された1979年以降に避難施設を増やしたり、情報配信設備の拡充に努めなかったのか、ということです。

御嶽山の山頂付近は木が生えない「森林限界」であります。

身を隠す場所がほとんどありません。

逆に言えば、そういう場所だからこそ、いざというときのために避難施設を用意しなければならないはず。

むろん、死火山のままだと思われていたときでしたら仕方ありませんが、いったんは水蒸気爆発が起きている山で、避難施設等が十分に用意されずに登山許可が出たり、周辺の観光地化を進めたのは、やはりマズかったかもしれませんね。

むろん各地を訪れる観光客側が意識を改善しなければなりません。

同時に、関連機関も常に最悪のことを考えておけば、同様の被害を避けられる可能性は高まりますよね。

そういったことを改善して初めて、犠牲者の弔いも終わるのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

東日本大震災
地震大国・日本では過去に何度の大地震が起きたか?地震の歴史まとめ

続きを見る

貞観大噴火
有史最大クラス!富士山の貞観大噴火(864~866年)が樹海を作る

続きを見る

桜島大正大噴火
桜島大正大噴火の恐怖~流れる溶岩で島と半島が地続きになった日

続きを見る

日本人は台風や地震とどう関わってきた?書評・天災から日本史を読み直す

続きを見る

善光寺地震
7~8千人の観光客が一晩で死んだ善光寺地震~江戸期人気スポットの大惨事

続きを見る

日本史上最大の揺れだったM8.6宝永地震 49日後には富士山も噴火

続きを見る

巨大地震が12年間で8度も頻発!江戸幕府が終わったのは震災のせい?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
内閣府「平成26年御嶽山噴火に関する対応状況等」(→link
御嶽山_(長野県)/wikipediaより引用

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-,

×