平等院鳳凰堂の木像を元に制作された藤原頼通/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

藤原頼通(道長の長男)のその後って? 超権力者だった父の影響は?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
藤原頼通
をクリックお願いします。

 

気になる藤原道長と藤原頼通の仲は、基本的には悪くもなかったようです。

道長は一度太政大臣になり、すぐに辞職して頼通の後見に専念しています。頼通も父に表立って逆らうことはせず、大事なことは相談するようにしていました。

ただ、関白になった後の頼通を道長が罵倒したり、一時(ただし二回)勘当したこともあったそうですから、仲が良いとも言い切れなかったようです。まあ、普通の親子関係とみていいのではないでしょうか。

 

宇治殿を平等院鳳凰堂に改修

道長が亡くなった後の頼通は、藤原氏の立場を保つべく動いていました。

ただ、子女に恵まれないのは手痛いことでした(と言っても側室との間に子供はいました)。

この間、後一条天皇が崩御し、弟の後朱雀天皇が即位。となると、道長と同じように、娘なり養女なりを中宮にするのが望ましいところです。

頼通は隆姫女王の妹・祇子女王の娘を養女として入内させましたが、これだけでは道長ほど後宮に食い込むことはできません。

9年ほどして後朱雀天皇は病に倒れ、次の皇太子には後朱雀天皇自らの第二皇子・尊仁親王を立てるよういいつけます。

尊仁親王は藤原氏を外戚に持たない(血筋的にはつながっていても近くはない)ため、頼通は反対すれど、やはり天皇の意志のほうが優先されました。

その腹いせかのように、立太子後も頼通は尊仁親王には近づいていません。

頼通は父と同じように、次代の外戚となるべく、後朱雀天皇の次に即位した後冷泉天皇に一人娘・寛子を入内させて皇后にしましたが、皇子は生まれず……。このころ奥州では前九年の役が起こるなど、不穏な空気にもなりました。

前九年の役をわかりやすく! 源頼義が足場を固め、源氏台頭へ繋いだ一戦

続きを見る

ただし、上方の情勢はさほど変わりません。

頼通は道長の別荘・宇治殿を平等院鳳凰堂に改修したり、高陽院(かやのいん)※1という巨大な邸宅を作ったり、権威を見せつけました。

 

平等院鳳凰堂の知られざる歴史〜最初のオーナーは源融でそれ以降は転々と

続きを見る

高陽院は現在残っていませんが、近年の発掘で「庭園にあった池”だけ”でも南北140mあった」ことがわかっています。多分、陸上の400mトラックと同じくらいの大きさはあったでしょうね。

※1 残念ながら現在は跡地のみで現存しておりません

 

70歳で太政大臣となり、80歳で出家 そして83歳で……

頼通は子女には恵まれない代わりに、自身は長命でした。70歳のとき太政大臣となり、翌年には自ら職を辞し、弟・藤原教通の後ろ盾となっています。

しかし、後冷泉天皇が病に倒れると、そうも行かなくなりました。長年頼通とは不仲だった尊仁親王の即位が確定したも同然だからです。

そして後冷泉天皇が崩御し、尊仁親王が即位して後三条天皇となります。後三条天皇は財政改革のため、自ら積極的に荘園の整理を行いました。

後三条天皇が道長一派(摂関家)の政権卍固めをブッ壊す!そして白河天皇へ

続きを見る

それまで頼通は藤原氏の権力を保つため、藤原氏関連の人が持つ荘園をひいきしていました。後三条天皇はそういった「聖域」を許さず、頼通にも書類の提出を求めています。

とはいえ、さすがに平等院を中心とした部分には手を付けられませんでしたが、ここは痛み分けというところでしょうか。

頼通が80歳で出家し、後三条天皇も即位から4年で譲位、その半年後に亡くなったため、両者の対立が深刻化することはありませんでした。

頼通が亡くなったのは、83歳のときです。同じ年の秋には姉・彰子が、さらに翌年には弟・教通が亡くなり、道長の子供たちの中で権勢を誇った人物がほとんど同じ時期に世を去ったことになります。

後三条天皇の次に即位した白河天皇が、自らの譲位後に院政をはじめることができたのは、藤原氏の権勢が落ちていったから……と見ることもできますね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

藤原定子と一条天皇 愛に満ちた短き一生

続きを見る

藤原道長62年の生涯まとめ! 当初は出世の見込みなく義母に頭上がらず!?

続きを見る

平等院鳳凰堂の知られざる歴史〜最初のオーナーは源融でそれ以降は転々と

続きを見る

TOPページへ

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
藤原頼通/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.