藤原良房

藤原良房(絵:菊池容斎)/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

藤原良房が皇族以外で初の摂政に就任! そして藤原無双が始まった

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
藤原良房
をクリックお願いします。

 

伴善男を失脚させるためだった!?

すでに、乳児を皇太子というあり得ないことを通していた良房にとって、この程度のことはイージーモード。

良房の言う通りに裁決が進み、伴善男親子は流罪になってしまいました。

この裁定に疑問が残るのです。

今やすっかり教科書からも忘れられてしまった伴氏(大伴氏)ですが、大伴家持らを輩出し、以前は藤原氏とタメを張るほどの家でした。

※とある天皇の=本名が「大伴」だったため、臣下である大伴氏は「伴氏」と変えました

一度、落ちぶれてしまったこの家を盛り返したのが善男。

当然、藤原氏にとっては鬱陶しくて仕方がない存在でした。

そのため「良房が善男を失脚させるために、わざとやったのでは?」という推測が根強いのです。

応天門
「応天門の変」真犯人は誰? 伴善男の流罪で藤原良房はウッハウハ

続きを見る

 

藤原家は一日にして成らず

実際、邪魔者を排除した良房は、貞観八年(866年)8月19日、「天下の政を摂行せよ」との天皇の命令を引き出して、見事摂政の座につきました。

教科書的にはこのとき初めて臣下が初めて摂政となったとされている『日本三代実録』ですが、先に触れましたようにその前にも摂政をやっています。

いずれにせよ、この後、藤原氏の姫はどんどん天皇に嫁いでいきます。

後に台頭してくる平氏や源氏も、元は天皇の子孫から枝分かれした家なので、藤原氏と遠い親戚ということもできます。

こうなると、この後の有名人にはほとんど藤原氏の血が入っていることになりますね。

恐るべし藤原一族。

歴史の授業では藤原道長ばかりが目立ちますが、それよりずっと以前から土台が作られてきた。

その中でも、藤原冬嗣―藤原良房ラインの功績は最大級のインパクトだったと言えるのではないでしょうか。

みんなが読んでる関連記事

藤原基経
藤原無双が爆発! 藤原基経は「阿衡事件&応天門の変」で何を得た?

続きを見る

藤原道長
当初は出世の見込みなかった藤原道長の生涯 なぜ最強の権力者に?

続きを見る

臣籍降下
皇位皇族と関わる【臣籍降下】とは?「姓がある=皇族ではない」の原則

続きを見る

応天門
「応天門の変」真犯人は誰? 伴善男の流罪で藤原良房はウッハウハ

続きを見る

清和天皇
武士の代表・清和源氏のルーツ「清和天皇」ってどんな方だった?

続きを見る

承和の変
承和の変は前提を押さえりゃバッチリ!嵯峨派と淳和派の流れが大事なの

続きを見る

薬子の変って実はインパクトでかっ!そして藤原北家の大天下が始まった

続きを見る

まんが日本史ブギウギ38話 冬嗣と良房から始まる藤原北家のターン

続きを見る

まんが日本史ブギウギ第43話 応天門の炎上 真の犯人は誰なんだ

続きを見る

まんが日本史ブギウギ41話 跡継ぎは基経か良相か!? 高子の思惑も入り乱れ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
藤原良房/wikipedia
藤原冬嗣/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-