臣籍降下

飛鳥・奈良・平安

冷泉天皇は奇行エピソード多く 後継者問題では【安和の変】が勃発

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
冷泉天皇
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

安和の変

陰謀に関わったとされる人たちは強引に罪人とされ流罪となりました。

この一連の事件を【安和の変】といいます。

よほど強引に進められたらしく、ほとんど詳細がわかっていません。

後世に書かれた平家物語の異本『源平盛衰記』では「高明が為平親王を東国に連れていき、乱を起こして新しい帝にしようとした」とされていますが、そもそも物語なので史料としての信憑性は薄いですしね。

というか、それ平将門をもじっただけなんじゃ……。

平将門の乱
平将門の乱はいつどこでナゼ起きた? 首塚伝説を含めてスッキリまとめ

続きを見る

なんだかモヤっとしますが、何はともあれ、藤原氏にとって有利な結末になりました。

そしてこの年のうちに、冷泉天皇は円融天皇に譲位して「冷泉院」と呼ばれるようになります。

退位後は気楽に暮らしていたようで、61歳まで長生きしました。

記録上の死因は赤痢らしいので、感染しなければもっと長命だったかもしれません。

もしかすると、宮中の政争がイヤで早く譲位したかっただけなんですかね。

最初からゴネて皇位継承を拒否するよりは、一旦即位したほうがスムーズに事が進みますし、この時代はたった数年で譲位するのも珍しいことではないですから。

 

源氏物語の冷泉帝は?

不幸とすれば、冷泉天皇がストレスから解放されたおかげで(?)長生きしたのに対し、自分の皇子・皇女たちや弟・円融天皇、甥の一条天皇など、自分よりも下の世代の皇族にほとんど先立たれてしまったことでしょうか。

遠い親戚ならともかく、自分の子供や弟のようなごく近い親族ですし……。

余談ですが、「冷泉天皇(冷泉帝)」というと源氏物語を連想する方も多いかもしれません。

源氏物語の冷泉帝は、光源氏と継母にあたる藤壺の宮の密通によって生まれた子供ですが、表向き光源氏の末弟として育ち、即位しました。

藤壺の宮が亡くなってから自身の出生を知り、世の中への影響を考え、それについては口をつぐんで一生を過ごしています。

もし史実の冷泉天皇が身分や政局のために、本音を書き残すこともできなかったとしたら悲しすぎます。

一体どうだったんでしょうね。

紫式部が何を思って、当時でさえ奇行が数多く伝わっていた天皇の名前を主人公の隠し子につけたのか、気になるところです。

本文中に出てくる関連記事

紫式部
紫式部は彰子や道長とどんな関係だった? 日記から見る素顔とその生涯

続きを見る

薬子の変って実はインパクトでかっ!そして藤原北家の大天下が始まった

続きを見る

応天門
「応天門の変」真犯人は誰? 伴善男の流罪で藤原良房はウッハウハ

続きを見る

承和の変
承和の変は前提を押さえりゃバッチリ!嵯峨派と淳和派の流れが大事なの

続きを見る

女性関係のもつれで放った矢が法皇へ!藤原伊周が長徳の変でやっちまった

続きを見る

藤原兼家
藤原兼家(道長のお父ちゃん)は出家詐欺で天皇ダマして貴族の頂点へ!

続きを見る

藤原基経
藤原無双が爆発! 藤原基経は「阿衡事件&応天門の変」で何を得た?

続きを見る

花山天皇と「寛和の変」と藤原氏~そして道長の権力は絶大となった

続きを見る

「◯◯の乱」「◯◯の変」にルールあり? 日本史上の戦いはどう呼ぶか

続きを見る

徳川家定
徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想~篤姫の夫として期待されながら

続きを見る

臣籍降下
皇位皇族と関わる【臣籍降下】とは?「姓がある=皇族ではない」の原則

続きを見る

平将門の乱
平将門の乱はいつどこでナゼ起きた? 首塚伝説を含めてスッキリまとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
歴史読本編集部『歴代天皇125代総覧 (新人物文庫)』(→amazon
冷泉天皇/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-