鎌倉・室町時代

湊川の戦いで南北朝の形勢逆転!楠公さん斃れ、義貞が悪く言われますが……

更新日:

延元元年(1336年)5月25日、湊川の戦いがありました。

年代からお察しいただけると思いますが、1333年の鎌倉幕府滅亡後、何かとややこしい時代に入ってからの話です。
ややこしいとは他でもありません。

南北朝時代です。

 

鎌倉時代に始まった対立が激化

南北朝時代は、後醍醐天皇から始まったという印象があります。

しかし、そもそもの原因は鎌倉時代にあり、88代後嵯峨天皇(1242-1246年在位)にまで遡ります。

後嵯峨天皇の息子である、後深草天皇(兄・89代)と亀山天皇(弟・90代)が跡継ぎを巡って衝突し、以来、
【持明院統】
【大覚寺統】
という二派に分かれて、それぞれ天皇をほぼ順番に出すようになったのですね。

以下の表をご覧いただくと早いかもしれません。

この争いが激化したのが後醍醐天皇からです。

鎌倉幕府を滅亡させた後醍醐天皇が【建武の親政】でトンチンカンなことをやってしまい、キレた武士たちが全国各地で「オレは北朝につくわ!」「んじゃ、ワシは南朝!」という具合で真っ二つに分かれ、ガチバトルが始まります。

対立の構図をザックリまとめるとこんな感じです。

【大覚寺統→南朝】後醍醐天皇・楠木正成・新田義貞
vs
【持明院統→北朝】光明天皇・足利尊氏高師直

 

幕府の創始者は一度は死にものぐるいで逃げる、の法則

開戦当初は、必ずしもどちらかが有利でどちらかが防戦一報というような状態ではありませんでした。

最終的には北朝についた足利尊氏が室町幕府を作るんですが、それまでの間には優勢劣勢が頻繁に入れ替わっていたのです。
尊氏も一度大負けに負けて、湊川の戦い前は、九州まで逃げておりました。

源頼朝が関東に流されたときといい、徳川家康の伊賀越えといい、
「幕府創設者は一度死に物狂いで逃げなくてはいけない」
みたいな法則でもあるんですかね。

しかし、尊氏はめげません。

いや、途中、かなり凹んでたっぽいんですが、そもそも尊氏はテンションの落差が激しい人物であり、周囲に「できる、できる、キミならできる!」(※イメージ)と励まされ、再び戦況を打開すべく兵を挙げました。

これに対し「また尊氏かーい!」ということで南朝方も準備を整えます。

そしてぶつかったのが湊川の戦いだったのです。

 

準備段階で敗北見えた?湊川の戦い

軍勢は次のようなラインナップでした。

北朝軍(足利尊氏・足利直義・高師直)
vs
南朝軍(新田義貞・楠木正成)

双方の中核が出揃ったイメージですね。
尊氏たちは、九州から京都方面へやってきていたので、場所はその手前の摂津国湊川(兵庫県神戸市)で激突することになります。

兵数は不明。
『太平記』では北朝が50万で南朝が5万とかとても信用できませんが、西国武士を味方に付け、勢いに乗っていた北朝軍がかなりの多勢だったのでしょう。

勝敗は、準備の時点で決したも同然でした。

水軍(海軍)も整えて東上した尊氏らに対し、正成や義貞はその用意ができず、陸での戦一本で立ち向かおうとしたのです。

しかも、兵数では尊氏のほうが圧倒的。
水陸両方から徐々に包囲を狭められれば、南朝に打つ手はありません。

こうした敵方の動きに対し、義貞は「ここじゃ勝てない」と判断、一時撤退します。

戦の天才である楠木正成も、こうなるとさすがに持ち堪えられるものではありません。
戦場に残った正成は、最後まで激戦を繰り広げながら、最終的には一族揃って自害へと至りました。

※その後、明治時代になって建てられたのが湊川神社(楠公さん・なんこうさん)です

 

「義貞のアホが逃げたせいで正成が死んだ」のか?

こうした状況から、
「義貞のアホが逃げたせいで正成が死んだ」
と言われてしまうこともあるこの戦い。

あまりに短絡的な見方ではないでしょうか。

不利な状況で潔く死ぬのも美学ですけども、場所を改めて出直すのも立派な戦術です。

そもそも正成と義貞は、出自に大きな差があり、戦に対する考え方も違ったのでしょう。
確かに楠木正成は乱戦や戦闘そのものの天才でしたが、元が悪党(武士以外の階層も含めた戦闘集団)の親分的存在という説もあるほどで、新田義貞は本物の河内源氏です。

歩調を合わせて戦うのも、そう簡単ではないでしょう。

それに、義貞は逃げ帰って一人助かったわけではありません。
義貞は場所を改めて再び戦いを挑んでいます。

やはり兵数的には圧倒的に不利だったため、最後は義貞自ら源氏に伝わる名刀・鬼切や鬼丸国綱(御物=皇室のお宝)で奮戦したと伝わります。
要は、命惜しさで正成を見捨てたわけではない――そう考えて間違いないでしょう。

「ここで俺死ぬから!」と言い張っていたのを、部下に「アホか、アンタがいないとダメだろ! はよ逃げんかい!!」と言われて無理やり逃げさせられたほどです。

その部下は身代わりに亡くなったそうですから、義貞の人望も窺えます。

鬼切鬼丸を振るって奮戦する新田義貞/wikipediaより引用

こうして湊川の戦いは尊氏=北朝方の勝利に終わり、ここから南朝が体勢をひっくり返すことはありませんでした。
楠木正成の死がやはり大きかったのですね。

義貞も北陸まで落ち伸び、最後まで戦って討死しています。
そういう意味では正成と同じ死に方をしたともいえますね。

なお、南北朝全体をキッチリ見ておきたい方は、以下の記事にマトメておりますので、よろしければご覧ください。

南北朝時代をスッキリさせよう! 鎌倉時代に始まる両統迭立ややこし物語

は ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
南北朝の動乱 (戦争の日本史8)(→amazon link
図解 南北朝争乱 (エイムック 3824)(→amazon link
湊川の戦い/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.