三種の神器イメージ/wikipediaより引用

鎌倉・室町

戦国時代直前に起きた「禁闕の変」三種の神器を奪ったのは楠木の子孫?

嘉吉三年(1443年)9月23日、禁闕の変が起きました。

「禁闕」とは「きんけつ」と読み、内裏のことを指します。

内容は、平たく言うと南北朝時代に起きた「三種の神器強奪事件」ですね。

【嘉吉の変】と呼ばれることもあるのですが、それですと室町六代将軍・足利義教の暗殺事件を意味することが多いので、違う呼び名が捻り出されました。

嘉吉の乱で将軍・義教暗殺! 幕府衰退が始まった一大事件は意外とグダグダ?

続きを見る

足利義教はクジで選ばれた六代将軍~万人恐怖と怖れられ最期は家臣に斬殺され

続きを見る

まぁ、禁闕の変も義教暗殺と同等かそれ以上に大事件なんですけどね。

その後の政局等にほとんど影響を与えていないせいか、教科書等ではあまり重視されていません。

では、その内容を見てみましょう。

 

南北朝交代で天皇を輩出していく予定だった

鎌倉幕府打倒と建武の新政を経て、なんとか始まった室町幕府。

このとき南北朝の関係は、後醍醐天皇が亡くなるまでゴネ続けたなどの理由によって、泥沼に陥っておりました。

室町幕府初代将軍である足利尊氏、そして二代将軍の足利義詮(よしあきら)もこの点は心残りだったと思われます。

二人とも解決の前に亡くなってしまいます。

足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍!? 生誕から室町幕府まで波乱の生涯!

続きを見る

足利義詮の生涯38年マトメ! 室町幕府2代目将軍は地味だけど意外に有能?

続きを見る

そして三代将軍である足利義満の時代に和解が成立しました。

しかし、義満と南朝方で勝手に話を進めてしまったため、北朝方は「そんな話聞いてないんですけど!」と反発。

まぁ、事前に話を聞いていなければ、納得できないのも当たり前の話ですよね。

和解の中では「これからは北朝と南朝で交互に天皇を排出して、公平にやっていきましょう」ということになっていたのですが、北朝方がこれを無視して親子での皇位継承をし、さらに養子を迎えてまでそれを続けていこうとします。

足利義満は日本国王の称号を持つヤリ手将軍!51年の生涯をスッキリ解説

続きを見る

南北朝時代がスッキリわかる! 鎌倉時代に始まる両統迭立ややこし物語

続きを見る

 

政治の空白期間ができてしまい……

これに対し、南朝側の中でも

「あんな和約無効ですぅー! こっち(南朝)のほうが正当だし、室町幕府なんて認めません!」(超訳)

と言い張る人たちがいました。

これがなんと、八代将軍である足利義政に代替わりした後まで続きます。

【禁闕の変】は、その最たる例なのです。

六代・足利義教が上記の通り嘉吉の乱で暗殺され、七代・足利義勝はこの嘉吉三年7月に亡くなったばかり。

足利義政が八代将軍に決まったものの、まだ正式に就任はしていませんでした。

足利義勝がわずか9才で七代目将軍に就任→10才で亡くなったのはなぜ?

続きを見る

足利義政(八代目将軍)が幕府崩壊の始まり? 56年の切ない生涯マトメ

続きを見る

現代風に表現するならば「政治の空白」とでもいうべき期間だったのです。

いかにも、何かヤバイことが起きそうな気がしますね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-鎌倉・室町
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.