源頼朝

近年では足利直義とも指摘される源頼朝肖像画/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
源頼朝
をクリックお願いします。

 

奥州藤原氏は義経を切り捨て、自分たちも滅ぼされ

頼朝は、義経追討と各地の武士の反乱防止を兼ねて、全国へ守護地頭を設置する許可も求めました。

守護地頭
守護地頭の役割や違いがバッチリわかる 頼朝はなぜ設置したのか?

続きを見る

これを鎌倉幕府の成立と同義に捉える向きもありますが、そうすると他の幕府成立との整合性が微妙になってきます。

室町幕府成立は支配権が確定した足利義満あたりの時期になってしまいますし、江戸幕府に至っては、秀吉が亡くなってしばらくして家康が実質的な支配者になったあたりで成立したとも考えられてしまいます。

足利義満
足利義満 史実の人物像に迫る! 日本国王の称号を持つ将軍51年の生涯

続きを見る

まぁ、土地の制度がかなり変わってはおりますが、だからこそ守護地頭の設置を幕府成立の尺度にするのは難しいともいえますね。

ですのでやはり、従来の「幕府の成立は、征夷大将軍が任じられた時点」とするのが良さそうです。もはやテストには出ないでしょうけど。

この間、義経は古巣である奥州藤原氏の元に逃げ延びていました。頼朝はもちろん圧力をかけ、義経を差し出すように迫ります。

奥州藤原氏の内部でも意見が割れながら、最終的に当主である藤原泰衡は義経を切り捨てるのです。

藤原泰衡
藤原泰衡と奥州藤原氏の滅亡ドタバタ劇 大河『鎌倉殿の13人』でも注目

続きを見る

泰衡にとっては保身のためにしたことでした。

が、頼朝は最初から奥州藤原氏を残すつもりはなかったでしょう。

えさし藤原の郷で再現された金色堂

雪の難があるとはいえ、京都や西国に比べれば、奥州は鎌倉と近いところです。

新しい政権を作ろうとしているのに、近所に既存の大勢力があってはたまりません。

そこで頼朝は「俺は弟を差し出せとは言ったけど、殺せとは言ってない! これじゃウチで裁けないだろ!」ということにし、奥州藤原氏を滅ぼします。

かくして頼朝の支配地域は拡大するのです。

 

右近衛大将を経て征夷大将軍に就任

頼朝は奥州藤原氏を滅ぼしてから、後白河法皇の求めに応じて上洛し、対面しています。

そして権大納言・右近衛大将の官職を得ました。

ここではまだ、征夷大将軍になっていないところがミソです。その不満からか、権大納言・右近衛大将の職は早々に辞してしまっています。

ちなみに右近衛大将は公家が就く名誉職みたいなものでしたが、足利義満や足利義教などの足利将軍や、その後には織田信長も任官しておりました。

頼朝の就任経歴により武家にとっては最高権力者への一つの勲章になっていますね。

信長が右近衛大将に! 朝廷から官位をもらうメリットは? 信長公記129話

続きを見る

閑話休題。
この頃の頼朝は、後白河法皇の孫である後鳥羽天皇との関係を重視し始めたようで、長女・大姫の入内を考え、渡りをつけ始めました。

そして建久三年(1192年)3月に後白河法皇が薨去すると、同年7月、後鳥羽天皇によって頼朝に征夷大将軍の官職が与えられました。

後鳥羽上皇
後鳥羽上皇って実はマッチョな武闘派!菊の御紋で承久の乱を引き起こす

続きを見る

元々、征夷大将軍は書いて字のごとく、「夷(えびす)=朝廷の支配に従わない者を討つ」役目です。

頼朝は既に奥州藤原氏を滅ぼしていましたから、実質的な仕事はない名誉職といっても過言ではありません。

朝廷としては「東国のことはお前に任せるからよろしく^^ 父祖の地もそっちだし別にいいだろ?」という感じだったんですかね。

 

悲しすぎる弟・範頼の終わり方

その後は御家人らの反抗はほぼありませんでしたが、建久四年(1193年)5月に富士山で巻狩(四方から獣を追い込む狩りの方法)を行った際、思わぬトラブルが起こります。

御家人の一人・工藤祐経が曾我兄弟の仇討ちにより殺され、これがなぜか「頼朝が討たれた」という誤報となり、鎌倉に伝わってしまったのです。

曾我兄弟の仇討ち
曾我兄弟の仇討ちは哀しい結末~巡り巡って鎌倉幕府に新たな犠牲者が

続きを見る

当然、妻である政子は動揺します。

それに対し、留守を預かっていた源範頼が一言。

「私がおりますので、源氏は安泰ですよ」

これはもちろん意訳ですが、政子にとっては悪い方の意味で強く感じられたようです。

『コイツ、兄である頼朝殿を殺して自分が征夷大将軍になろうとしているのでは?』

無事に帰ってきた頼朝に対し、政子はこのことを伝えました。頼朝も、政子と同じように感じたようです。

かくして、これまで頼朝に忠実だった範頼に謀反の疑いがかけられ、伊豆へ流された後、不審死を遂げることになります。

源範頼
源範頼(頼朝の弟)の不審死~兄弟で消されたのは義経だけじゃない

続きを見る

ここで範頼と腹を割って話し、改めて忠誠を誓わせて息子たちの後ろ盾になれと命じていれば、頼朝の血筋はもう少し続いていたかもしれません。

 

怪しすぎるその最期 吾妻鏡でも触れられず

この件をはじめとして、晩年の頼朝には「ゑっ?」という点が目立つようになります。

源平の合戦や義仲・義経の始末、奥州合戦で心身の力を使い果たしてしまったかのように、彼の判断内容やそのタイミングに「?」が浮かぶのです。

例えば、娘・大姫が義高を慕い続け、以前から他の結婚を進めても「私は結婚なんてしたくありません!」と言い続けているのに入内工作を進め、それが成功する前に大姫自身が亡くなってしまいます。

また、これまで朝廷での後ろ盾になっていた九条兼実が失脚し、頼朝の朝廷に対する影響力が薄れてしまっています。

別の人にも渡りをつけていればよかった話なのですが、それも見受けられません(失敗しただけかもしれませんが)。

さすがに御家人統率についてのポカはないものの、これまでの頼朝に政治的な失敗がほとんどないだけに、晩年についてはなんだかおかしいのです。

次女・三万の入内を計画し、女御宣下まではいったものの、実現する前に頼朝自身が亡くなってしまいました。

享年53。

その死因は現代に至るまで不明で、諸説入り乱れています。

武家に関する日本史上の謎としては、本能寺の変と同じくらい不明瞭なところが多いその死。

鎌倉時代の代表的資料『吾妻鏡』ですら、頼朝の死どころか葬儀のことさえ書いておりません。なんだかアヤシイかほりがプンプンしますよね。

そんなわけでどうにもオチが締まらないのですが、頼朝の視点を知った上で、義仲や義経のことも見ていくと、また違った印象を持つのではないかと思います。

これまた歴史の醍醐味でしょう。

鎌倉殿の13人キャスト

みんなが読んでる関連記事

鎌倉殿の13人キャスト
鎌倉殿の13人キャスト【5/9最新版】武将伝や合戦イベント解説付

続きを見る

保元の乱
保元の乱はまるで平安時代の関ヶ原合戦! 対立図を理解すればわかる

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

平治の乱は保元の乱と何が違う? 源平ガチ対決で清盛の政治力が炸裂

続きを見る

モヤッとする「位階と官位」の仕組み 正一位とか従四位ってどんな意味?

続きを見る

官職と二官八省がわかる! 日本史がマジで3倍ぐらい楽しくなる必須の知識

続きを見る

桓武平氏
桓武平氏とその他の平氏~盛り上がったのは将門や清盛の伊勢平氏だけ?

続きを見る

平清盛
平清盛が権力の頂点に立つ! 院政を相手に発揮した類稀な政治力とは

続きを見る

北条時政ってどんな人? 頼朝も政子も時政なしでは歴史に名を残せず!?

続きを見る

源行家
源行家(頼朝の叔父)が「墨俣川の戦い」でフルボッコにされた残念な理由

続きを見る

千葉常胤
千葉常胤と末裔たち~試合に負けて勝負に勝った鎌倉武士の行く末

続きを見る

中国大返しは可能か 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察

続きを見る

神君伊賀越え
神君伊賀越え(家康の逃亡ルート)はここ! 信長の死後に訪れた悲劇

続きを見る

富士川の戦い
富士川の戦いは甲斐源氏武田軍vs平維盛軍だった?水鳥で逃亡は嘘?

続きを見る

源義経
源義経 史実の人物像に迫る! 兄・頼朝とすれ違い続けた31年の儚き生涯

続きを見る

清和源氏
清和源氏とその他の源氏~ややこしい源氏軍団をスッキリ整理しよう!

続きを見る

源範頼
源範頼(頼朝の弟)の不審死~兄弟で消されたのは義経だけじゃない

続きを見る

那須与一と屋島の戦い
屋島の戦いは那須与一『扇の的』が激アツ! 義経のムチャ振り豪腕で切り抜け

続きを見る

壇ノ浦の戦い
壇ノ浦の戦い 開戦! 源氏vs平家の最終決戦はいかにして行われたか?

続きを見る

守護地頭
守護地頭の役割や違いがバッチリわかる 頼朝はなぜ設置したのか?

続きを見る

足利義満
足利義満 史実の人物像に迫る! 日本国王の称号を持つ将軍51年の生涯

続きを見る

後鳥羽上皇
後鳥羽上皇って実はマッチョな武闘派!菊の御紋で承久の乱を引き起こす

続きを見る

信長が右近衛大将に! 朝廷から官位をもらうメリットは? 信長公記129話

続きを見る

曾我兄弟の仇討ち
曾我兄弟の仇討ちは哀しい結末~巡り巡って鎌倉幕府に新たな犠牲者が

続きを見る

北条義時
北条義時 史実の人物像は真っ黒!大河『鎌倉殿の13人』主役の生涯とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『源平合戦事典』(→amazon
『決定版 図説・源平合戦人物伝 (日本語)』(→amazon
『頼朝の天下草創 (日本の歴史)』(→amazon
『鎌倉将軍・執権・連署列伝』(→amazon
源頼朝/wikipedia

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-