源為朝

源為朝『啓蒙挿画日本外史』明治35年/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

源平時代の最強武士・源為朝~身躯2m超の暴れん坊伝説が凄まじい

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
源為朝
をクリックお願いします。

 

兄・義朝の兜を狙って弓を放つ

政清は逃げ帰って義朝に救援を頼みます。

義朝は戦況を聞き「馬上なら関東の武士が上手うわてのはず」と意気込んで、騎兵200を率いて弟と戦いました。

このときの義朝&為朝兄弟の言い合いがいろんな意味で面白いです。

義朝「陛下の勅命があるから退散しろ」

為朝「こちらは院宣を受けているのだ」

義朝「兄に弓を引くか」

為朝「父(為義)に弓を引いているのは兄上だ」

まさに「ああ言えばこう言う」状態。だから源氏って……(´・ω・`)

二回も言い返されて義朝も辟易したらしく、そこでいったん口喧嘩は終わりましたが、数で劣る為朝軍は次第に押され始めます。

そこで頭である義朝を威嚇しようと考え、為朝は義朝の兜を狙って弓を放ちました。

矢は見事兜に刺さりますが、義朝はひるみません。

ここでも義朝は「噂通り乱暴なやつだ」と罵り、為朝は「お望みとあらば、もう一度どこにでも当ててみせましょう」と挑発し返したそうで……子供かっ!

口では為朝が勝ちました。

しかし、後白河天皇に火攻めの許可を得た義朝は火をかけ、白河北殿は大炎上。

上皇方は大混乱に陥り、武士たちも散り散りになります。

上皇と頼長が脱出できたのは不幸中の幸い……と言っていいんですかね。

為義は息子たちとともに東国で再挙しようとも考えたそうですが、諦めて頭を丸め、降伏を選びます。長男の情けに賭けたようなのですが、その期待はあえなく裏切られました。

一方、為朝は「いや、兄上は自分たちを助けようなんて思わないだろう」と主張していたんですけどね。

 

肘を外され伊豆へ流罪 傷が癒えるとすぐに復活!

源為朝は逃げに続け、現在の滋賀県坂田郡に潜んだといわれています。

しかし、湯治をしていたところを追手に襲われて捕まってしまいました。

乱の直後ではなく、しばらく経っていたためか「弓を引けなくなるようにする代わりに、命だけは助けてやろう」という比較的寛大な処分になります。

具体的には「肘を外して伊豆大島に流刑」というものです。

この刑を決めた人は「外す程度じゃすぐ治るだろう」とか思わなかったんですかね。

案の定、為朝は傷が癒えると、伊豆大島の代官の娘婿となり、伊豆諸島に一大勢力を築きあげます。

源為朝/wikipediaより引用

為朝は伝説の多い人なのですけれども、この時期のものには「鬼ヶ島から大男を連れ帰った」という話まであります。まるでゴジラvsメカゴジラみたいな対決やで……。

もちろん、朝廷もいつまでも放ってはおきません。

 

伊豆から逃れて初代琉球王になった説

保元の乱から14年経った嘉応二年(1170年)、とうとう討伐命令が出されました。

攻め寄せる官軍に対し、源為朝は「抵抗しても無駄」と考え、当時9歳だった息子・為頼を刺し殺します。

捕まれば斬首されると思ってやったのでしょうが、なんとも言えない気持ちになりますね……。

為朝は最期に一矢を報いようと、討伐軍の船に矢を放ちました。

すると300人ほどを乗せた官軍の船がたちまち沈んだといいます。

やぐらか何かに登って、船が上陸する前に沈めまくってたら、それこそ無双状態で勝てたかもしれませんね。って、無理か。

最期の戦果を見て満足した後、為朝は館に帰って柱を背にし、腹を切ったといわれています。

こういう経緯なので、自害の日付や年には諸説あるのですが、今回は国史大辞典にも掲載されているこの日(3月6日)として扱わせていただきました。

乱暴者といわれている割に伝説が多いのは、庶民からの人気があったからなのでしょう。

それを裏付けるかのように、為朝には複数の生存説があります。

中でもダイナミックなのは「伊豆から逃れて琉球に流れ着き、初代琉球王になった」というものです。オイオイ。

また、為朝の子供が落ち延びて存続したという話もいくつかあります。

豪快な生涯を送ったことは間違いないですし、後世から見る限りでは小気味の良い人物ですね。

直接関わるのは怖い限りですが。

あわせて読みたい関連記事

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
上横手雅敬『源平争乱と平家物語 (角川選書 (322))』(→amazon
中丸満『源平興亡三百年 (SB新書)』(→amazon
源為朝/wikipedia

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-,

×