歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

調所広郷/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集

調所広郷がいたからこそ薩摩も西郷隆盛も躍進できた! しかし一族は不遇の目に遭い一家離散

更新日:

西郷隆盛が憧れ、そして仕えた薩摩28代藩主の島津斉彬

大河ドラマ『西郷どん』で渡辺謙さんが演じるこの斉彬は、蘭癖(西洋趣味)が激しく、父の島津斉興から疎まれておりました。

なぜ、疎まれていたのか?
と申しますと、斉興の祖父・島津重豪もまた蘭癖で、薩摩藩の財政をボロボロにしていまい、その建て直しに凄まじい労力を伴ったからです。

といっても、藩財政の建て直しを藩主一人でデキることではありません。
このとき活躍したのが、調所広郷という人物(ドラマでは竜雷太さん)。

調所広郷(竜雷太さん)

経済官僚として優秀な腕をふるいながら、最期は急死――おそらく自殺であろうという悲運の政治家です。

悲しいかな、大河ドラマ『西郷どん』における調所広郷は、反西郷の立場であるため、あまり良い印象は与えられないでしょう。
実際、第2話では、早速、意地悪な上司として描かれておりました。

しかし、史実に目を向ければ決して彼は悪者ではない。

どころか彼こそが幕末の薩摩躍進を下支えした――とも考えられるのです。

 

下級武士から、大出世

安永5年2月5日(1776年3月24日)、薩摩藩でも身分が低い、城下士の子「川崎良八」が誕生しました。
彼は13才で茶道家の調所清悦に弟子入りし、養子なります。

調所は江戸に出て、第25代当主・島津重豪(しまづしげひで)の茶道頭にまで出世しました。

気の毒ながら、この時点で、彼には嫌われる要素が2つも出てきました。

・身分が低い
・茶道職

こうなると、本人のせいではないにも関わらず、周囲は嫉妬でこんなことを言い出すわけです。

「成り上がりの茶坊主風情が!」

同じような境遇としては、老中まで出世した田沼意次が挙げられるでしょう。
彼もまた、当時最先端の経済感覚を身に着けており、実際に画期的な政策も打ち出したりしたのですが、結局は、出身身分の低さから嫉妬とマイナス評価を買ってしまい、悲惨な最期を遂げたことは有名な話です。

調所広郷にも、そんな暗い影が忍び寄っていたのでした。

 

スポンサーリンク

藩主・重豪の「安永改革」

前述の通り、島津斉興の祖父・島津重豪は「蘭癖大名」として知られておりました。
わずか11才で藩主となり、89才まで藩政を担った人物です。

彼は名前の通り、豪快で超人的なエネルギーの持ち主でして。
頭脳明晰、政治的能力も抜群。
その治世において薩摩藩は「安永改革」と呼ばれる力強い発展を見せます。

ざっと例を挙げてみましょう。

・藩校「造士館」および郷校(地方の学校)整備
・薬草園を充実させ、漢方医学を奨励
・天文学を充実させ、「薩摩暦」を作る
・農業や植物の事典『成形図説』の編纂
・解説つき世界地図『円球万国地海全図』の編纂

こうした事業はまさに幕末に向けて、薩摩藩士の目線を世界に向けさせる偉大なものでした。

西郷隆盛も大久保利通も学んだ造士館/wikipediaより引用

しかし、これには問題もありました。
莫大な金がかかったのです。

そのため、薩摩藩の借金は500万両、現在の貨幣価値で5000億円(江戸時代の貨幣計算は複雑ながらここは1両=10万円で換算)まで膨れ上がってしまうのです。

大阪商人は、こう陰口を叩いていたと伝わります。
「ドブに金捨てるのは構へんけど、薩摩様にご用立てするのだけは堪忍やで」

島津斉興が、蘭癖の恐れのある島津斉彬を藩主から遠ざけたくなる気持ちもご理解いただけましょう。

ドラマのように鹿賀丈史さん扮する斉興が単に強情とか、息子の島津久光を藩主にしたい由羅(小柳ルミ子)とか、そういうこととは関係なしに、懸念されていたのです。

 

なりふり構わぬ財政改革

もちろん重豪とてバカではありませんから、このおそろしいほどの借金をどうにかしようとしました。

そこで「小納戸頭」として抜擢されたのが、才気溢れる調所でした。

髪を伸ばし「笑左衛門」と名乗った調所。行政や農政改革に手を付けますが、焼け石に水でした。
もう、こうなったら手段を選べるはずもありません。

かくして練り上げた強引なまでの計画が以下のようなものでした。

・借金の返済期限を250年にしろと商人を脅迫(実質的に踏み倒し)
・琉球&清と密貿易(唐物貿易)を行う
・商人にも密貿易を斡旋する
・三島(奄美大島・徳之島・喜界島)からサトウキビを搾取→島民は飢餓に苦しむ「黒糖地獄」という状態に陥る
・大阪の砂糖問屋を閉め出し、薩摩の黒糖を売りさばく

グレーゾーンを踏み越えてブラックであることは言うまでもありません。
大河ドラマ『西郷どん』で描かれた薩摩の貧窮も、こうした背景があったのです。

ただしここできちんと認識しておきたいことがあります。
調所がここまでやらねばならなかったのは、重豪が原因なのです。彼はむしろ、尻拭いをさせられたと言っていいでしょう。

 

スポンサーリンク

幕末躍進の基礎作りを行う

調所のおかげで、赤字であった財政は黒字に転換。破綻寸前であった財政は健全化しました。
それだけではありません。

まず財政赤字は、回復どころか黒字化を成功させ、1851年(嘉永3年)時点で50万両~300万両ともされる蓄財までできました。

さらには貿易の際に販売する陶器の作成を行ったり、産業を奨励した結果、経済活動が活溌になり、例えば薩摩焼の生産を進めた苗代川地区では特に藩財政に貢献します。

薩摩焼/photo by Daderot 
wikipediaより引用

お金が潤えば当然大掛かりな工事にも資金投下ができるようになり、
・領内港湾
・河川
・道路&交通網の整備
・甲突川五石橋の建設
などなど、藩内のインフラ環境もよくなります。
また、こうした設備の向上は、いざというときの軍事行動にもプラスとなるものです。

もしも調所が財政健全化を行わなければ?
薩摩藩が幕末にどれだけ飛躍できたでしょう。西郷隆盛や大久保利通も存分に行動できたでしょう。

もちろん彼らの才気が一番でありますが、何事も資金なくして動けるものではありません。
そのてん、あまり語られることはないですが、調所広郷の功績は薩摩にとって計り知れないものがありました。

 

お由羅騒動」に巻き込まれ

そんな調所は、残念ながら薩摩藩内を二分する争い「お由羅騒動」に巻き込まれてしまいます。

由羅(お由羅の方)と、お由羅騒動をスッキリ解説! 薩摩内乱の真相とは

調所とすれば、重豪に似ている斉彬が藩主となるのは、悪夢の再来に他なりません。
生涯をかけて何とかした借金地獄がまた蘇るのは、絶対に避けたい。
そう考えるのは当たり前のことでした。

そもそもこの「お由羅騒動」ですが、由羅が「斉彬の子を呪詛した」という嫌疑自体が疑わしいものです。
誤解を恐れずに申し上げれば、言いがかりのようなもの。
担ぎあげられた久光にせよいい迷惑というものでして、当人が藩主の座を狙っていたものではありません。実際に斉彬と久光の兄弟仲が良かったことからもそれは窺えるでしょう。

しかし斉彬派はここで、ギリギリの策をやってのけます。
斉興を排除して隠居に追い込むため、老中の阿部正弘に密貿易の件を密告するのです(そんなものは江戸初期からやっていたことで、今更というところですが……)。

嘉永元年(1848年)、江戸に向かった調所は、老中阿部から密貿易の件を追及されました。

そして取り調べが島津家にも及ぶかと思われたその直前。
調所は江戸の薩摩藩邸で急死します。

おそらくは主君・斉興に罪が及ぶのをおそれ、罪をすべて自分でかぶった上での、覚悟の自殺――。
享年73。

調所の元で共に改革を進めていた薩摩藩士・海老原清熈は、彼を悼み、こう詠みました。

「かくとだの言はまほしけれ苔の下の君が心の底も知られて」

部下である海老原は、調所が辣腕を振るい「鬼の調所」と呼ばれる様子を目にしてきました。
高齢になっても家老を辞めようとせず、改革を成し遂げたいとする気持ちも理解してきました。

誰が好き好んで「鬼の調所」と陰口を叩かれたいものでしょうか。

海老原には痛いほど、彼の気持ちがわかっていました。そんな気持ちがこめられた歌です。

しかし、その海老原も斉彬派に憎まれ、調所の死後隠居。
文久3年(1863)には、追罰を受けました。

 

スポンサーリンク

調所一族の不幸

冷静に考えてみると、本当にお由羅が暗躍していたのかも不明瞭。
斉興と調所の気持ちも理解できる、そんな哀しい事件が「お由羅騒動」ではないでしょうか。

勝利を収めた斉彬派も、赤山靭負らを失った恨みもあり、わだかまりが残りました。

そうはいえども、斉興と由羅を責めるわけにもいきません。2人は久光の両親であり、現藩主・忠義の祖父母にあたるわけです。
となると誰が適役か?
説明するまでもないでしょう……。

調所家の家格は下げられ、嫡子は役を解かれ、家禄と屋敷も召し上げられました。
さらには彼の死から15年後も遺族に追罰が下されるという、悲惨な目に遭うのです。

調所は死の前、「自分のことは仕方ないが、子孫はどうなるか」と案じていたそうです。
が、まさしくその予感も的中してしまい、遺族は日陰者として生きるほかなく、一家は離散します。

救いは三男の広丈が、明治維新後、政治家として成功したことでしょうか。

調所広丈/wikipediaより引用

調所が世を去り、その配下も斉彬派によって政界を追われた後、皮肉にも、調所の読みはあたりました。

斉彬は確かに開明の時代を開きました。
ただし、彼の行った大砲や軍艦の開発は金がかかり、結果的に増税するほかありませんでした。
開発費は莫大であり、自前で開発するよりも、調所や斉興が考えていたように輸入した方が安上がりだということもわかりました。

まぁ、これはあくまで結果論で、斉彬の進取の精神自体を責められないですが、かといって調所広郷の人格、見識まで貶めるのはおかしいものです。

斉彬の後を継いだ忠義とその父・久光の時代、薩摩藩が選択した手っ取り早い収入増加の手段は、やはり密貿易でした。
しかも今度の相手は、イギリスです。

こうした事実は、調所のやり方が間違っていなかったことを証明します。

それでも調所の名誉回復は、ずっと先。
島津斉彬、西郷隆盛、大久保利通らが評価される陰で、調所の名は奸臣として語り続けられました。

※調所一族の墓は東京に移され、平成13年(2001年)になってやっと鹿児島に戻されます

 

「ヅショドン」の墓

苗代川の人々は、調所の死を大いに悼みました。

彼らは代表者を江戸まで派遣して、調所に哀悼の意を示すとともに、遺品をもらい受けます。

そしてそれを埋めて、調所を弔うための質素な墓を作りました。

「ヅショドン」
苗代川の人々はこの墓をそう呼び、調所を悼み続けました。

調所は奸臣どころか薩摩を救った縁の下の英雄ではないか――。

そんな祈りを捧げてくれた人々もいた、そのことだけが彼の魂を慰めてくれたことでしょう。

調所広郷の招魂墓(ここを訪れたくなる人が増える――ドラマでそんな描き方がされればよいのですが……)/日置市観光協会

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
五代夏夫『薩摩秘話』(南方新社)

 



-西郷どん(せごどん)特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.