貂蝉/http://www.iaweg.com/より引用

三国志女性列伝

絶世の美女・貂蝉とは――董卓と呂布に愛された美女【三国志女性列伝】

三国志』を代表するヒロイン・貂蝉(ちょうせん)――。

何進や袁紹たちが宦官討伐のために呼び寄せた董卓が、おそるべき破壊をもたらしたそのとき、我が身を捧げた美女です。

董卓の寵愛を受ける彼女を見て、呂布は恋焦がれてしまう。

この美女を得るためならば、董卓を手にかけるしかない。かくして呂布は、貂蝉の愛を得るため董卓殺害に及ぶのです。

董卓と呂布を誘惑した、絶世の美女。

彼女は見た目だけが美しいのか?

それとも心も美しいのか?

――数多くの創作者たちが頭を悩ませた課題でした。

 

実在しない「四大美人・貂蝉」

古今東西、人間とは、美女ランキングが大好きな生き物。中国では「四大美人」が受け継がれてきました。

・西施
・王昭君
・貂蝉
楊貴妃

実はこのランキングにはツッコミどころがあります。

なんといっても

「貂蝉は実在しません」

というものでしょう。

そうです、貂蝉は創作上の人物なんです。

彼女の存在感がありすぎて実在の女性だと思っていた方には信じがたいかもしれませんが、これまで「細かいことはいいから……」と見逃されて来ました。本拠地・中国のみならず『三国志』を受容して来た全ての地域が言えることです。

ならばこんな疑問も湧いてくるでしょう。

ではなぜ貂蝉は生まれたのか?

正史を記した陳寿だって不思議がっているでしょう。

それは各時代の影響を受け、様々な変遷がありながら、今日まで受け継がれてきました。

 

打ち切りじみた董卓の暗殺事件に、困り果てる創作者たち

乱世到来を決定づけた巨悪・董卓――。

『三国志』悪党ランキングがあれば確実に一位となりそうな董卓を倒すべく、各地の群雄が「反董卓連合軍」を結成しました。

劉備とその義弟・関羽と張飛!

乱世の奸雄・曹操

江東の虎・孫堅!

三国鼎立の前触れのようですし、それ以外も袁紹に袁術はじめ、豪華メンバーも揃っておりました。

しかし結果は……。

 

失敗に終わります。

呂布が董卓を暗殺して、終わり。

正史ならば『そういうこともあるのか……』で終わりますが、フィクションだとそうはいかない。

「なんだこの打ち切りみたいな展開は! 読者が納得できないでしょ! なんか史書に書いてないかな。どれどれ……おっ、董卓の抱える侍女と呂布が密通かぁ。そのせいで呂布がビクつき、王允に相談もしていたし。おっし、この女性をピックアップしよう。そろそろヒロインが欲しいとは思ってたんだよね!」

読者ニーズを察知した創作者たちによって生まれた絶世の美女――それが貂蝉でした。

 

貂蝉、そのファム・ファタル、そして受難時代

運命の美女・貂蝉でともかく物語を盛り上げたい!

そんな例として、元代の雑劇『錦雲堂美女連環記』等で貂蟬がどんな風に描かれているか。設定を見てみましょう。

時代考証的に無茶はありますが、そこはそういうものとして理解してください。

まずは元代の貂蝉です。

『錦雲堂美女連環記』の貂蝉

名前:任紅昌じんこうしょう

出身地:忻州木児村きんしゅうきじそん(現在の山西省北部)

職業:宮女

愛称:貂蝉冠(男性官僚用の冠)の管理担当をしていたから「貂蝉」

結婚の経緯:丁原が仲人となって呂布と結婚した

王允との関係:「黄巾の乱」で夫婦離散し、王允に保護され面倒を見られている

董卓との出会いは?:呂布という夫がありながら、董卓とそういう仲に……

うーん、スキャンダラスですね。呂布という夫がありながら董卓と関係する貂蝉は、完全に悪女扱いです。

妻の不貞に怒り、董卓を殺す呂布。なお、史実における呂布の正妻は厳氏であり、最も被害を受けたのは貂蝉の登場で影が薄くなった彼女かもしれません。

ともかく、どんな事情があるにせよ、二人の男と関係を持つ貂蝉はとんでもない女だよなあ! そう受け取る側は考え、こうしたニーズはどんどん高まり、今度は関羽のストイックさを組み合わせたフィクションも生まれます。

元代の雑劇に『関大王月夜斬貂蟬』(散逸、現在はタイトルのみ伝わる)があります。

なんだか嫌な予感がするタイトルでしょう。その内容は、明代の戯曲『風月錦嚢』から推察できます。

あらすじを起こしてみましょう。

『風月錦嚢』あらすじ

呂布が張飛に捕まりました。

※曹操は「は? 俺じゃないわけ? 前提からしてわけわからんな」と突っ込みたいところでしょうが、それはさておき

関羽がそんな張飛を褒めると、貂蝉が関羽の前でクネクネし始めます。

「うふ〜ん、あはぁ〜ん、関羽様素敵ぃ〜❤︎」

このあと関羽は月明かりのもと『春秋左氏伝』を読みつつ『ああいう女はどうしたものだろう?』と考え始めます。

夫・呂布の悪口を言い、別の男に色気をふりまく。彼女の様なフザけた女が、世の中にどれほどの災いをもたらしてきたことか!

それを知らない貂蝉は、とにかく二人を褒めまくる

「もぉ呂布って最低の男でぇ。負けてせいせいしたっていうかぁ、ざまぁみろって感じぃ。それに比べると関羽様と張飛様って素敵ぃ❤︎」

→関羽はしじみじと思いました。

『夫の悪口を言いふらし、新たなターゲットに愛嬌を振りまく。なんというアバズレ! こんな悪い女を野放しにしてはいかん!』

「ぎゃーーーー!!」

かくして、関羽は貂蝉を斬殺するのです。めでたし、めでたし。

THE END

突っ込みどころが多すぎないか?

そう思われるかもしれませんし、元代『三国志平話』でも貂蝉はこういう悪女路線ですが、明代の時点でさすがに「これはないわ……」とされました。

三国志演義』を洗練させた羅貫中は、貂蝉をもっと愛される、忘れ難いヒロインにしようと考えます。

羅貫中の好みということもあるのでしょう。彼は悲運のヒロイン造形を得意としており、彼女たち周辺のゴシップめいた逸話を削除していきます。

そんな羅貫中の努力の成果を確認してみましょう。

 

貂蝉 「孝」と「義」の伝説となる時代

人々の満足感を得ようとするあまり、散々ないじられ方をされて来た貂蝉。華佗により美女に整形され、強い心臓を移植される――そんなサイボーグじみた話もあるほどです。

そういうわけのわからない貂蝉に素晴らしさを宿らせたい。

そう考え抜かれた結果、儒教道徳である「孝」と、漢王朝への「義」が植え付けられました。

一体どういうことか?

『三国志演義』での貂蝉は、こんな人物に仕上げられていきます。

連環の計

名前:貂蟬

身分:歌妓

年齢:16

王允との関係:幼いころから育てた義父

董卓との出会いは?:「連環の計」に志願する

王允は悩んでいました。

董卓のせいで最悪の漢王朝になった。けれども、打つ手なし。屋敷を歩いていると、ため息をつく声がします。

「お義父様、私に何かできることはありませんか?」

かくして貂蟬は「連環の計」に身を投げ出し、董卓を討つ原動力となったのでした。

この描き方の変更は「最高! 全読者が泣く!」という画期的な転換となりました。

二人の夫に身を任せる時点で、不貞の女とされてしまう貂蝉。その根底に、義父を思う「孝」と、国を憂う「義」を埋め込み、感動的なヒロインとしたのです。

こうなると教訓としてもバッチリ。
ただの娯楽ではなく、あるべき人間像を学べる作品として『三国志演義』は昇華されてゆきます。

江戸時代、日本の藩校では、教科書として採用されたほどでした。

貂蝉が妖艶な美女であるフィクションはいくらでもあります。

一方で「四大美人」の画題となる定番は「貂蟬拝月」です。

義父の心痛を軽くできないのか?

一体この国はどうなってしまうのか?

そう悩み、月を拝む様子が感動的だ――と見なされて来ました。

見た目だけではない。心が圧倒的に美しい。貂蝉最高、もう称えるしかない。

そんな流れに突入してゆくと、清代・毛宗崗は、過去の貂蝉描写に厳しいダメ出しをするほどでした。

「関羽が貂蝉を斬る話を考えた奴、本当にふざけんなとしか言いようがないです。話作るにせよ、もっと真面目にやって! なんでこんな素晴らしい貂蝉を殺せるの? もう無神経すぎ。最低です!!」

関羽が貂蝉を斬った動機のように、女性がその魅力で男性を誘惑することは「悪」とみなされてきました。

けれども根底にある動機次第でOKとなる。

国を踏みにじる悪党を倒すために、流し目を作り誘惑した――そういう設定であれば、むしろ教訓として素晴らしい。そんな転換がなされました。そして……。

 

古今東西、できるクリエイターはエログロだけじゃないと言い張る

現代のクリエイターにとっても、こうした姿勢は見習うべきところかもしれません。

お色気場面を入れ、『サービスかな?』と思われた見解にはこう応じるわけです。

「エロい。それはそうです。しかし、これには教訓があるんですね」

きちんとした言い訳があれば、エロくても通る。それが現実。あの『金瓶梅』だって、どうしようもないほどエロ満載ですが、こういう建前があります。

「いかかでしょう? こんな好き放題にエロエロ生活を送ると、バッドエンドを迎えます。皆さんはそうならないよう心がけたい、そう思いますよね」

「わかります! 興奮したいから読む? それは違いますって。私はね、エロのもたらす破滅を理解するために、教養として読んでいるんですよ」

「流石、お目が高い。エロは怖いですねえ」

「ええ、ええ、エロはよくないですよ。まぁ、この作品は文学として、あくまで教養として評価しているんですけどね。ハァハァ……」

苦しい言い訳しやがって!

そんなツッコミばかりが頭に浮かんできますが、例えば日本でも井原西鶴や曲亭馬琴が同じことをしております。古今東西、クリエイターはそういう言い訳と工夫を用意してきたものです。

そして、こういう高度な仕掛けをする話は、書き手のインプット量や才能そのものが優れていることが多い。

エロかったりグロかったりするだけ――しょうもないフィクションも大量にありますが、時代を超えて愛されるものとはクオリティが高いものです。

貂蝉がかくも愛され、創作でありながら「四大美人」にまでのぼりつめたのは、クリエイターたちが努力をした結果なのです。

現代においても、いたちごっこの状況は続いています。

中国共産党ですね。彼らは作品についても目を光らせていて、日中戦争を舞台とした「抗日」ジャンルはお目こぼしされがちだとされてきました。中国共産党の建国神話であるため、どうしてもそうなる。

そしていつしか「抗日ということにすれば、何をしてもよいのでは?」と考えたクリエイターが暴走しまくり、素手で兵士を倒すような自由気ままなドラマが怒涛のように作られました。

こうした作品を皮肉って【抗日神劇】というスラングまで生まれたほど。いたちごっこは、まだまだ続いているのです。

いたちごっこ

検閲をくぐったうえで、無茶振りをエスカレートさせるクリエイター「やはり、好き放題してみたいよね!」

検閲する中国共産党「いや、程度ってもんがあるだろ」

別ジャンル、何か手を替え品を替え、暴走するクリエイター「これならいいでしょ?」

苦い顔で検閲する中国共産党「またかよ……お前らな……」

以下ループ

まさに歴史は繰り返す――というか現在進行形です。

 

海を越えて、改変される貂蝉

なんだよ中国のクリエイター。貂蝉で遊びすぎだろ。そう突っ込むのはやめておきましょう。

『三国志演義』における貂蝉はフェードアウト型でした。

フェードアウト型貂蟬

「連環の計」成功後、呂布の側室となる。

呂布が曹操に負けたあとは、厳氏らとともに許都へ連行

消息不明

そういう退場もよろしい――そんな評価でした。

「目的達成後は出しゃばらないところに、味があるんですよね!」

中国ではそう解釈されてきましたが、これが日本となると、また変わってくるからややこしい。

日本で定番となった吉川英治版です。
そこでの貂蝉は「連環の計」成立後すぐに自害して退場し、そのあと呂布は、別の妾に「貂蝉」と名付けて偲んでいたという設定にされているのです。

死因や動機は異なるものの、日本のフィクションでは、タイミング的にはここで死亡となる傾向が強くなっております。

このパターンからは、出番が終わったからには綺麗に退場して欲しい――そういう欲求をどうしたって感じます。

求める美女像の違いが明瞭化され、興味深いですよね。

呂布と貂蝉のカップル像も、日中での差が大きいものです。

呂布の場合、知性が日本でよりきつく下方修正されて、容貌もいかつくなりがちです。

一方、中国ですと、貂蝉と並んで絵になる。涼やかな美形であって欲しいと思われ、知性もそこまで低くありません。

あまりに荒々しい日本の呂布像。途中で殺害される貂蝉像を見て、中国の方はどう思うのでしょうか……って、もう何世紀もしていることだし、そう思っていればよいかなと。

 

貂蝉は、展開を盛り上げる上でも欠かせない存在です。

それだけではなく、時代ごとに求められ、変遷する美女の像としても興味深いものがあります。

実在しなかろうと、貂蝉はやはり欠かせないヒロインなのです。

 

翻弄される美女を愛する心

最後に考えたいことがあります。

どうして人々は、貂蝉をここまで愛してきたのでしょう?

「四大美人」にせよ、彼女らが称賛されるのは美貌だけのためではありません。

それぞれ以下のような特色があります。

西施

「病弱、儚げ、国のために翻弄される……そういうところがいいよね!」

胸を抑えて悩むところが、グッとくる。そういう儚げな美女です。

その末路は不明。バッドエンドルートと、ハッピーエンドルートがあります。どちらを採用するか、そこは各人の好み次第ではあります。

翻弄される姿がグッとくるところは真理です!

王昭君

「清らかな心根、国のために翻弄される、もう全漢が泣いた!」

贈賄をしない潔癖性。
国を思いつつ嫁ぐ、そういう悲劇性が愛されました。

異民族の結婚に翻弄されてしまった、そんな女性全体の悲劇を美化した女性像とも言えます。

翻弄される姿がグッとくるところは真理です!

貂蟬

「国を憂い、養父のために悩むなんて、泣くよね〜!」

貂蟬の美化の過程は前述の通り。

翻弄される姿がグッとくるところは真理です!

楊貴妃

「無邪気な女性なのに、こんなことになるなんて泣ける!」

楊貴妃は、実は中国本土では日本ほど人気があるわけでもない。結構割れる。日本ほど素直に賛美されていないとか。

確かに彼女は、唐王朝崩壊の引き金を引いたという解釈もできなくはありません。

本人に悪意はあったかどうかはさておき、彼女の親族は政治を悪化されました。

とはいえ、翻弄される姿がグッとくるところは真理です!

安禄山と「安史の乱」楊貴妃との赤ちゃんごっこが戦乱に繋がり数千万人が死す

続きを見る

 

この四大美人、架空の存在である貂蝉を除外して、伝説的なスレンダー美女・趙飛燕ちょうひえん(前漢成帝・趙皇后)を入れる解釈もあります。

とはいえ、それだとあまり盛り上がらない。

趙飛燕は性格が悪いとされているんですね。運命に翻弄されるどころか、政局を翻弄した元凶の一人とされるからなのです。

※そんな趙飛燕の転生ドラマ『皇后的男こうごうのおとこ』もあります

国ために翻弄される美女――。

その美貌を愛でる気持ちだけではなく、その悲運や境遇を称賛する気持ちも重要です。

貂蝉を描く際には、彼女の心の美しさまで考えてみるのもよろしいかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

中国四大美人の伝説&史実マトメ 西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃それぞれの美

続きを見る

西郷や大久保を育てた郷中教育って? 泣こかい飛ぼかい泣こよかひっ飛べ

続きを見る

『金瓶梅』って? 400年前の『水滸伝』エロパロ作品が今なお人気だと!

続きを見る

井原西鶴52年の生涯 一日に4,000句も詠んだ俳人がナゼ小説家に?

続きを見る

里見八犬伝の滝沢馬琴は日本初の印税作家?あの山東京伝に弟子入りしていた

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『「三国志」の女性たち』仙石知子・渡邉義浩
『三国志演義事典』渡邉義浩・仙石知子
『三国志演義の世界 増補版』金文京
『キーワードで読む「三国志」』井波律子
『三国志演義』井波律子

 



-三国志女性列伝

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.