歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

週刊武春 中国

魏忠賢こそ史上最悪の宦官なり~明王朝を滅亡へ追いやった極悪カップルの所業

投稿日:

皇帝の深部に食い込み、シロアリのように内側からズタズタにしてしまう。

宦官――。

日本でもよく知られた中国王朝の去勢官僚

ですね。

後宮に入って皇帝や妃の世話に従事し、ときに意のまま操ってしまう。
腐敗の極み。
そんなイメージがあると思いますが、実際その通りだということは、以前、以下の記事で記させていただきました。

中国史に必ず登場する「宦官」の恐ろしき実態 特に明王朝の腐敗っぷりがヤバイ……

本日は、そんなクサレ外道な宦官の中でも、史上No.1とも言うべき腐敗of腐敗の男をカップルで紹介したいと思います。

明代の魏忠賢(ぎちゅうけん)――。
この男、皇帝の乳母と手を組み、宮中を思いのままに操り、最終的に明の滅亡へと導いた生粋の悪者です。

では、一体どれほど腐っていたのか?
その所業を振り返ってみましょう。

 

キレたチンピラ、宦官になる

魏忠賢は、元はバクチ打ちのチンピラでした。

ある時、チンピラ仲間にボコボコにされた魏忠賢は、ついにキレました。
といっても、ナイフを握って相手を刺すわけではありません……振り下ろされたナイフが切り取ったのは、彼の股間にある大事なものでした。

「自宮」
つまりは自発的去勢でした。

キレて宦官になった魏忠賢は、宮中に入り込みます。
普通の宦官は、大抵が雑用係として一生を終えるもの。
しかし彼はツイてました。

彼の配属されたのは、調理担当でした。
しかも皇太孫・朱由検(のちの天啓帝)の祖母・王氏の担当です。

もしここで彼がトイレ掃除なり、庭師なりでも任されていれば、運命は大きく変わっていたことでしょう。
皇帝やその親類に親しくなる調理担当は出世のチャンスがあったのです。

魏忠賢は上司にごまをすり、贈賄を使い、巧みに出世ルートへ乗りました。

ラッキーはここで終わりません。
万暦帝が崩御、その子・泰昌帝は「紅丸」というあやしげな薬を服用したところ、即座に死亡しました。

ちなみにこの紅丸の処方がおそろしいので、ちょっと掲載しますね。
・処女の経血(いきなりこれかよ……)
・烏梅(梅の果実を燻製にしたもの)
・人の尿(ギャーッ!)
・人の乳(それでもマシに思える)
・辰砂(やめとけよ)
・松ヤニ(なんでやねん)
こんなもん飲ませて殺す気か、とツッコミたいのですが、当時は有名な強壮薬であったようです。

そんなこんなで、16才の天啓帝が即位するわけです。

天啓帝/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

宦官と乳母の三角関係

この天啓帝は、16才という年の割に幼稚で、しかも重度のマザコンでした。
マザコンといっても、相手はろくに顔も知らない実母ではなく、乳母の客氏にべったりだったのです。

即位すると彼女に「奉聖夫人」という称号を贈ります。

客氏は男遊びが好きな性質。といっても、後宮に男はいないはず。
ただし去勢した者、つまり宦官はその例外です。

18才で宮中にあがった客氏は、皇帝の乳母といってもまだ若く、しかも妖艶な美貌の持ち主でした。
彼女は大物宦官の魏朝と関係を結んでいたのです。

このカップルの間に割って入るのが、魏忠賢。
宦官と乳母の三角関係……どうなっているのかと突っ込みたいところですが、ともかくそういう爛れた関係が成立してしまいました。

この三角関係の仲裁に入ったのは、宦官のリーダー格であった王安でした。
魏朝は身を引き、魏忠賢と客氏は夫婦となります。

宦官ってそもそも妻帯できなかったのでは?という疑問が湧きそうですね。
実は、特定の宮女とステディな関係になることを「対食」(たいしょく・時代がくだると「菜戸=料理を作る人」)という名前で呼んでおり、場合によっては本物の夫婦よりも情愛が深いようなカップルもいたそうです。

しかし魏忠賢と客氏は違いました。
愛情は深いかもしれませんが、国を傾けるワル夫婦。
殷の紂王と妲己は伝説的なワルカップルですが、魏忠賢と客氏は実在が確かで、かつ王朝を滅亡に追いやる一因となった組み合わせなのです。

「王安が邪魔よ。あんたが宦官のトップになるためにも、あいつを始末しなさいな」
魏忠賢は恩人でもある王安を殺すことをためらいましたが、けしかけられてついに手を下しました。

宦官の頂点に立つ男と、皇帝の乳母。
おぞましくも最強のカップルが誕生したのです。

 

最悪のカップル、大暴れ

二人は権力を握るためならば、手段を選びませんでした。

客氏は自らの権勢に悪影響を与える可能性がある、天啓帝の妃たちを徹底して弾圧。
彼女たちは妊娠すれば流産させられるか、殺害されました。

性格が剛直だった張裕妃は、このカップルと真っ向対立しました。

そしてアッサリと敗北。
彼女は妃の称号を奪われ、幽閉されると一切の飲食物を絶たれます。
雨水すらすするような悲惨な状況に捨て置かれ、僅か18才で絶命。陰湿そのもののカップルは、皇帝の妃にまでなったこの女性を宮女として葬ります。

この一件からもわかるように、二人は悪とゲスの極みであり、逆らうことは死すら意味しました。

寵愛する妃が殺されても天啓帝が黙っていたのか?

残念ながら、そういう帝でした。
趣味の木工にかまけて、客氏に甘えられればそれでいい――そんなボンボン皇帝だったのです。
体が大きな子供と申しましょうか。

魏忠賢は天啓帝が工作遊びをしていると、政務について聞きに行きました。
すると天啓帝は鬱陶しがり、中身も見ないで「よきにはからえ」と投げっぱなしにしてしまうのです。
まさに思う壺。

チンピラあがりの魏忠賢は、読み書きができませんでした。
しかし記憶力は抜群で、自分を侮辱した者のことは覚えていて、倍返しすることを常としました。

宮中には魏忠賢に媚を売る者ばかりでしたが、気骨ある人々は反勢力を組みます。
中でも錚々たる面々が揃っていたのが「東林党」でした。

知識人・東林党の集った東林書院/photo by Zhangzhugang wikipediaより引用

後漢の清流派と宦官の対決もそうですが、どうもこうした【エリートの士大夫vs宦官】の戦いというのは、凄惨極まりないものになります。
仁義なき抗争となるのです。

「お高くとまったエリート野郎が!」
「学も徳もないくせに、去勢しただけで政治の実権を握るとはけしからん!」

蔑みや劣等感がいりまじったこの抗争は、おそろしい事態をもたらします。
東林派は徹底した弾圧で息の根を止められたばかりか、構成員は自殺に追い込まれたり、激しい拷問の末に落命します

明は、文化や思想が発展した実り多い時代でした。
しかしその果実は、腐敗しきった政治の中、無残に踏み散らされてもいるのです。

魏忠賢は、迫害のために東廠(とうしょう)、錦衣衛(きんいえい)といったスパイ機関もフル稼働させました。
ついうっかり酒の席で政府批判をしただけで、たちまち逮捕。
そんあ恐るべき時代が到来したのです。

 

スポンサーリンク

皇帝万歳、ならばこちらは九千九百歳

ゲス悪カップルの悪行の数々は止まりません。

なんせ天啓帝が船遊びした時は、このカップルは皇帝をさしおいて豪華な船でクルージングを楽しんでいたのです。

天啓帝は小さな舟に、宦官二人をお供にして乗り込むだけ。
嵐が来るとカップルの船はびくともしないのに、天啓帝の小舟は転覆してしまいました。

あと一方で彼は溺死するところであったのです。

二人からすれば、例えば三国志に登場する十常侍なんてかわいいもの。
十常侍は自分たちの超豪華な屋敷が霊帝に見えないようにする、その程度の“慎み”はありましたからね。

魏忠賢におもねる人々は、次第に個人崇拝に走りました。
神として彼を祀り、彼の豪華な行列が通りかかると「九千歳!」と叫んだのです。

皇帝は「万歳」であるからということ。
これはのちに「九千九百歳!」にまでランクアップしました。

「しょーもなっ!」とツッコミを入れたくなりますが、いくら隆盛を極めたってそんな権力というのは儚いもの。
この腐れ乳母と宦官は、しょせんは皇帝の権威にへばりついたコバンザメなわけです。

天啓帝が崩御すれば、後はローリングストーンズ。

異母弟の崇禎帝が即位すると、魏忠賢は処刑を恐れて自殺、客氏も撲殺されました。

かくして悪が滅びてめでたしめでたし……とはならないのが腐敗王朝の恐ろしいところ。
天啓帝が木工で遊び、ゲスカップルが贅沢三昧していた頃、満州族のヌルハチは確実に力をたくわえていました。

崇禎帝は対抗しようと努力したものの、シロアリのような悪カップルにズタズタにされた屋台骨を戻すことはできず、明朝は滅亡を迎えます。

士大夫を死においやり、政治機構を麻痺させてしまう宦官。
その悪事の数々は、中国史において暗い輝きを放っているのです。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
酒池肉林』井波律子

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-週刊武春, 中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.