日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

華岡青洲『竒疾外療図卷 完』/wikipediaより引用

スポンサーリンク

歴史漫画ウソホント 江戸時代

『JIN-仁-』の舞台となった江戸時代 実は医学が劇的進歩をしている最中だった!?

更新日:

 

現代医療に慣れ親しんだ皆さんであれば、江戸時代の医療については漠然と『遅れている』というイメージをお持ちだろう。

ドラマ『JIN-仁-』では、神がかったような手捌きに言葉も忘れて息を呑み、ただただ呆然とするだけの江戸医者たち。そんな風に描かれていれば、たしかに当時の技術が原始的だと感じても仕方がない。

が、実のところ、江戸時代は医療が革新的に進歩している最中であった。

本稿では、国内における西洋医学導入から江戸時代に存在した流派まで、江戸時代の医療について『仁』とあわせて考察してみた。

『仁』に登場する緒方洪庵や松本良順といった蘭学の心得がある医師達が出現するのは江戸時代後期のこと。

もちろん、西洋医学が正しく、東洋医学が劣っているという訳ではないが、外科的アプローチをするのに西洋医学の心得は必須である。

その始まりは、宮中侍医・山脇東洋の腑分け(解剖)だ。

宝暦4年(1754年)、山脇東洋は漢方医術が主流だった医学に疑問を抱き、漢方医が唱える「五臓六腑説」が正しいのかどうかを確かめるべく、幕府に申請し、許可を得た後に男性の囚人を腑分けした。

その成果は5年の年月を経て、「臓誌」刊行によって世に広められた。女性の腑分けが行われたのはその後で、明和8年(1771年)のこと。この間、17年の歳月が流れており、解剖する許可がいかに得難いものだったかうかがい知れる。

しかしこの腑分けによって、オランダから伝わった西洋医学の正確さが白日の元に晒されると、杉田玄白など当時の医学を牽引していた者たちは驚き、西洋医学の必要性を実感した。

現在では、人体骨格の標本などは理科の実験室にどこにでもあるものだが、現存する当時の標本は文政3年に大阪の医師・奥田万里が職人に造らせた木製のものがある。

実際に見てみると、現代と変わらないその精巧さに驚かされる。

解体新書640

杉田玄白による解体新書/wikipediaより引用

 

母は死亡、妻は失明 多大なる犠牲を払って生まれた麻酔薬

『仁』でも登場するが、乳がん治療の当時最先端と言えば華岡流である。

独自に開発された経口麻酔薬・「通仙散」を用いて乳がんの摘出を行うという流れが図表で示されているが、この方法で華岡流は世界で初めて全身麻酔による乳癌手術を成功させている。

ドラマでは仁先生が野風の乳がんを華岡流の麻酔薬を使って手術しているシーンは印象的であっただろう。あれも通仙散が調合できれば全くない話ではないのだ。

ただし、劇中でも描かれている通り、その調合方法は秘伝中の秘伝。開発したのは華岡流当主の華岡青洲であるが、人体実験の折、実母と妻が実験台を名乗り出て度重なる実験の結果、母は死に、妻は失明するというあまりに大きな代償を伴っている。

簡単に公表できないのも仕方のない話だろう。

また一説では、通仙散の調合は危険かつ難しいものであり、世に公表するのが危険極まりなかったため、敢えて公開しなかったとも言われている。

現在でも文献として通仙散の調合方法は残っておらず、当時の門下生で情報を漏えいした者は、破門にされているほどだ。

華岡青洲『竒疾外療図卷 完』/wikipediaより引用

華岡青洲『竒疾外療図卷 完』/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

日本人初! 西洋医学を学んだ女性産科医・楠本イネ

江戸時代、日本の医学に多大なる影響を与えた外国人がいる。シーボルトだ。

その娘・楠本イネは『仁』にも登場するが、日本で初めて女性にして西洋医学を学んだ産科医として活躍し、咲の背中を押す重要な役割を果たしている。その父、シーボルトが居なければ日本の医療の針は更に歩みを遅らせていただろう。

そんなシーボルトが来日したのは文政6年のこと。彼は長崎の鳴滝に医学・蘭学塾を開き、門下生たちに公開手術を行った。これが日本最初の臨床医学である。

しかしこのシーボルト、オランダ政府から日本の総合調査を命じられていたため、ドイツ人でありながらオランダ人と偽り、門下生たちにもオランダ語でレポートを提出させていた。そして文政11年、御禁制品(日本地図など)の国外持ち出しの罪で国外追放されてしまう。

JIN仁楠本イネ450

もしも追放がなかったら日本の医学は世界水準どころかトップレベルに達することもできたのではなかろうか。そんな風にも考えてしまう。

ともあれ、江戸時代の医療は海外からの情報流入により急激に発展し、一気に世界水準にまで達しようとしていたのであった。

イラスト・文/春原沙菜

【関連記事】 『JIN-仁-』江戸のリアル医療事情 そもそも庶民は病院に足を運んだのだろうか?

スポンサーリンク

【関連記事】『JIN-仁-』緒方洪庵(武田鉄矢)の真実 「ドラマ・漫画」以上に熱くて優しい大先生だった

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史漫画ウソホント, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.