日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ウォリアーズ 歴史を動かした男たち~徳川家康編/huluより引用

スポンサーリンク

大河ドラマ・朝ドラ他 関ヶ原の戦い

BBC版関ヶ原はイケてる? 『ウォリアーズ 歴史を動かした男たち~徳川家康編』@huluを感想レビュー

更新日:

こんにちは、武者震之助です。
昨年、『真田丸』は最高だけど、合戦シーンのショボさには大いに不満だと書きました。
そこで他のドラマではどんな合戦シーンかと思い調べ、たどりついたのがBBC版関ヶ原でした。

確かにこれは凄そう……。全編見てみたいと思いました。
そして私は、Huluによる配信にたどりついたのです。

まずは紹介文を引用させていただきましょう。

世界を動かした6人の覇者の物語。ヒーロー誕生の“秘話”がここにある! 日本史上最も有名な“関が原の合戦”の勝者、徳川家康。黄金の国アステカを滅亡に追いやったスペインの征服者コルテス。無名の陸軍大尉から、トゥーロン攻囲戦で英雄となった若き日の皇帝ナポレオン。ローマを脅かす巨大帝国を築き上げたフン族のアッティラ大王。十字軍遠征で名を馳せ、獅子心王と恐れられたイングランド王、リチャード一世。奴隷の身から数万の反乱軍を指揮し、ローマに戦いを挑んだスパルタクスら、歴史を動かした6人の英雄たちの姿を、ドラマ史上空前のスケールで描く歴史スペクタクル・シリーズ!!(hulu/ウォリアーズ 歴史を動かした男たちより)

これは見るしかないっしょ!
ということで今回はそのレビューを書いてみようかと思います。

 

アジア唯一の代表! 徳川家康は如何なる存在か

「時は16世紀、イギリスではエリザベス一世の時代。日本は熾烈な内乱の時代——サムライの時代だった」

本編はこのナレーションから始まります。イギリスの視聴者に向けた丁寧な時代背景の説明です。井伊直政らしき人物が駆け回り、馬印がはためく中、ぶつかりあう侍たち。この時点で妬ましさがわいてきます。

ここで気になるのが侍の説明で、
「日本の騎士。戦と名誉に生き、忠義に殉じる」
とのこと。
鳥居元忠らしき人物が、迫り来る敵を前に刀を抜く素晴らしい映像が挟まれ、思わず悔し涙が出そうです。

「これは偉大な侍の物語。その偉業はシーザーやナポレオンに匹敵する。彼は250年に及ぶ支配の礎を築いた。その哲学は現代に至るまで日本を形作ってきた」

徳川家康についてそう説明される中、切腹や刀の素振り場面が写され、これがイギリス人の考える最高にクールなサムライプロモーションビデオか、と感慨深くなります。
家康はナポレオンやシーザーに匹敵すると日本人が言おうものなら「いやいや」とツッコミが入りそうですが、BBCが言うならワールドスタンダードではないでしょうか。もしかして日本人が一番家康を過小評価しているのかもしれません。

さらにここで関ヶ原が「史上最大の合戦」と表現されていますが、侍同士が会戦したという意味では間違っていないとも思います。
家康の戦略は「型破りの決断」と表現されています。どうやら「決断」の中身が重要なようです。

ここで今回のサブタイトルが登場!

“SHOGUN”

この「将軍」こそが、イギリス人受けするジャパンクールのようです。
1980年、ジェームズ・クラベルのベストセラーをドラマ化した『SHOGUN』という作品が大ヒットしました。「ショーグン」という単語は海外でも定着し、「究極のサムライ=ショーグン」という印象ができあがったのでしょう。
織田信長と豊臣秀吉は、海を越えたらインパクトが弱くなると思います。三傑といっても、この二人はショーグンではないからです。

 

スポンサーリンク

クールなサムライ家康が歩む、SHOGUNへの道

タイトルが出たあとは、アバンが終わり本編です。

徳川家康を演じるのは日系米国人のジェームズ・サイトウ氏。言うまでもないことですが本作はBBC制作ですので、基本的に登場人物は英語で話します。
日本のセットで日本の話であるのに、英語で話すというのはなかなか面白いものがあります。

ここで本作は歴史家の助言を元に、史実を基にして制作されているとの旨、断り書きが入ります。

まず発端として説明されるのが、豊臣秀頼の遺児・秀頼です。ちなみに「若君」といった呼びかけは英訳されていますが、「太閤」はそのまま「タイコー」とされています。
秀頼のみならず、「太閤の忠実な家臣・石田三成」も登場します。

装束の時代考証は大河ほど厳密ではないようで、三成や家康はこの時代にしては古いものを着用しています。

家康も「日本最大の大名(ウォーロード)」として登場。五奉行、五大老といった細かい説明は大胆にカットされます。
考えてみればイギリスの視聴者はそもそもここまでの歴史はあまり知らないわけで、思い切った背景削除、単純化は大胆でよいのではないかと思います。日本の視聴者は不満でしょうが、そもそもこれはイギリス人向けなのです。

大胆な改変といえば、一目見て伏見城ではない城で撮影しているのですが、だからこそ城を背景に綺麗で豪華な絵作りに仕上がっております。考証は甘いのに、あふれでる潤沢な予算の香りは止められません。大胆なカメラワークと脚本のセンスも光ります。

 

スポンサーリンク

織田信長は、邪悪さが8割増しにされている

イギリス人の考えるクールなサムライ要素も満載で、チャンス到来と悟った家康が真剣で素振りをする場面もあります。

ここで家康の独白が入ります。
「忠義を重んじる武士でありながら、背こうとする私を卑劣と思うだろうか? だが誰に対する忠義か? 国か、主君か、一族か? 忠義について話そう」

過去を回想する家康。
その過去とは、嫡男・信康の切腹事件です。

あくまでBBC版ですので織田信長も「有力な大名」とされ、名前は省略されます。
そして信康、無念の切腹。さらに信長の要求が「嫡男を切腹させろ、そうしなければ一族皆殺しだ」と、邪悪さが八割増しほどにされています。
本作の侍は史実以上にエキセントリックな行動を取ることもあるのですが、海外から見た武士道がどうしてそうなったか、そこを考えていくのもまた面白いかと思います。

ここで家康が振り回した刀は、信康の形見であると語られます。忠義は何か、そう苦い思いを呼び覚ますために、家康は刀を常に手元に置いているのでした。私たちの知っている家康とは何かが違う、しかしこれはこれでクールだ!

そしてこの場で父の刀を受け取るのが、「血気にはやる跡継ぎ・秀忠」です。

「次は私も戦に、もう子供ではありませぬ」
そんなやる気を見せる秀忠に対し、家康は「戦に必要なのは策だ。慎重に振る舞え」と釘を刺します。
「秀忠、お前は天の賜物。お前は信康が亡くなった年に生まれた……」

言われてみればそうでした。本作の家康は優しい父親なのです。

「だからといって一生真綿にくるんでおくと?」
反発する秀忠。こんなアグレッシブな秀忠、見たことがなかった気がします。家康は信康の死がトラウマになっていて、秀忠はそんな過保護な父に反発するというシナリオです。
なかなか斬新だ!

 

「忍者」ではなく「ニンジャ」 

数ヶ月後、家康が最初の動きを見せます。
ただの移動場面でもエキストラが画面から溢れているほどいて、しかもロケ撮影です。予算の潤沢さにため息が出ます。

場面は、家康の屋敷。黒装束に屋根を降りるその影は「ニンジャ」です。あまりにベタなその動き、これは漢字ので「忍者」ではなく敢えて「ニンジャ」と表記したい。
今どき日本では東映映画村アトラクションではないと出てこないのではないかと思わせるレベルの「ニンジャ」です。

このニンジャたちが、家康を暗殺しようと忍び込みます。
ニンジャが珍妙なのに、このあとの暗殺未遂シーンの殺陣がBGM、殺陣、演出、全てが決まっていて……うまい。レベルが高いんですよ。
襲撃を防いだのが、鳥居元忠です。家康は「これでやっと寝床に戻れる」と余裕の一言。ニンジャはあっさりと三成配下であると判明します。

現場に駆けつけた秀忠はこう宣言。
「三成の仕業? 奴を殺してやる」
映像化された中では、史上最もキレやすい秀忠ではないでしょうか。

家康はそんな我が子を止めようと画策します。
そしてその策とは?

 

アイエエエエエ!? ゲイシャ、三成ゲイシャナンデ!?

家康は碁盤を前にして、「武士道とは敵をじらすことだ」と余裕のナレーション。三成を追及しません。

「石田三成は読みやすい男。武士ではなく実務家だ。確実に勝てる相手を急いで消す必要はない」
BBC版でも戦が下手だと評価される三成でした。

しかし秀忠はおさまらず、なんと三成を襲撃するのです! この部分の元ネタは「七将襲撃事件」。イギリスの視聴者にとってなじみのない七人ものサムライをいきなり出して視聴者を混乱させるわけにはいきません。このように別人の行動を他の人物が横取りすることがありますが(これは大河でもやる手です)、大筋では史実の流れは変えていません。

そしてこのピンチに際して、三成がとった策が驚き。女装して脱出し、家康の屋敷に逃げ込むことでした。これは「武士の義をあてにした」との説明。しかも家康は三成に「綺麗に着飾って化粧をすればゲイシャにだってなれますなあ」と嫌味を言います。

時代考証はどうでもいいんです。
ショーグン、ニンジャ、ゲイシャは、きっとイギリス人にとってクールジャパン鉄板コンテンツなんですよ!

ここで家康はしれっと「私が襲われたり、あなたが襲われたり、まったく奇妙なこともあるものですね」と三成に語りかけます。
「ゲームはもうやめましょう」とは三成。日本の時代劇らしからぬ台詞回しではなく、登場人物は英国流のきつい毒を含んだユーモアでやりとりをしていますが、これが奇妙なクールさを醸し出しています。

家康は三成に佐和山蟄居を命令しました。しかも「化粧して男遊びでもしろ」とあまりにきつい一言を吐きます。そんな女装ネタでいじめなくても。三成ファンには正直、お薦めできません。

一方、BBC版でも家康の狸ぶり、陰湿さは健在ですが、これが否定的ではなく「巧みな策で専横を強める家康、流石! 戦ではなく政治で解決をはかる!」と肯定的なのが面白いのです。

家康の専横後、東北の上杉氏が反乱を起こしたとの説明が入ります。家康は反乱の鎮圧は権威を高めるとむしろ喜びます。ただし、家康は秀頼の信任をとりつける必要がありました。

ここで小早川秀秋の登場です。
秀秋は家康に恩義があった、と説明をされます。
鷹狩りをしながら秀秋に接近する家康。秀秋は五年前の戦(慶長の役のこと)敗走の責任を取らされそうになり、三成によって切腹を迫られていた、と家康が切りだします。いくら何でも、三成の扱いが悪すぎるのでは。
秀秋が慶長の役の失態(とはいえ秀秋だけの責任でもないことだったのですが)で減封とされたこと、また朝鮮出兵時は実際に石田三成が諸将から憎まれていたことを脚色したのでしょう。

このとき家康が口添えしたため秀秋は助かったのだと説明されます。
礼を言う秀秋に、家康は「これ以上若者が無益な死を迎えるのは見ていられなかったのです」と語ります。信康の死をふまえた台詞です。さらに家康は「誰かが日本をまとめねばならない。それは私と秀秋殿です」とまで持ち上げます。

このあと三成挙兵、秀秋が西軍につくところまで説明され、舞台は伏見攻めへ。
鳥居元忠が、秀秋率いる20倍の敵を前に、忠義を貫く場面が描かれます。武士とは何かを語り、見事な死を遂げる元忠。ここも殺陣がいい! 人もたくさんいる! カメラワークも斬新!

 

そしてBBC本気の関ヶ原、ハートを撃ち抜くこの砲弾!

江戸城の家康は、元忠の死を悼みながら、西へ進む決意を固めます。

史実通り家康と秀忠は別のルートで西を目指すことに。亡き兄・信康の刀を手にした秀忠は、父の期待を胸に進軍します。
日本地図も表示され、関ヶ原への道のりが説明されます。

いよいよ関ヶ原。井伊直政は名前つき、ちゃんと赤備えです。
秀忠は「三成派」の城(真田昌幸の上田城)を攻めあぐねているとの説明。残念、真田は名前が出てきませんでした。家康は我が子を待ちかねています。

「明日は我が子・信康の命日だ……」
決戦前夜、家康はそうつぶやきます。

言われてみればそうだった!

苦い思いで、我が子の死を振り返る家康。
無力だった自分、そのために死んだ無実の我が子。忠義を証明するために死んだ我が子。
家康と直政は、亡き信康に盃を捧げます。

翌日、三成、動く―――。
三成の布陣は圧倒的に有利だったと説明されます。秀秋は松尾山に布陣。三成は秀秋を訪れ、「この戦いが終わったら関白になって欲しい」と持ちかけます。
秀秋はどこか疑いをこめた目で三成を見つめています。
大河ドラマだと情けなさを強調されがちな秀秋ですが、本作ではそうではなく、迷いはあるけれども基本的に聡明な青年として描かれています。家康と直政の甲冑は正しいのですが、三成と秀秋は異なるのが残念です。

その晩、家康は、合戦に秀忠が間に合わないと悟ります。ここで秀秋からの書状を受け取る家康。鳥居元忠を殺した秀秋は信頼できないと迷う直政ですが、家康は信じると決意を語ります。

秀秋が誰を裏切ったのか?
面白いのが、日英では逆の関係になっていることです。

日本の大河で秀秋が裏切るのは、豊臣です。
一方、BBC版では秀秋が一度裏切ったのは「鳥居元忠を殺すことで家康に対してそうした」という解釈です。
同じ「裏切り者」でも、逆なのです。これはなかなか面白いと思います。

家康は敢えて決戦で秀秋という目に賭ける、ギャンブラーとして描かれます。
いよいよ関ヶ原開幕。
うわぁ~。戦場が馬印と兵士であふれてる、いいなぁ~!

「関ヶ原は日本史上最大の合戦場となろうとしていた」
ナレーションとともに、カメラが移動します。

カメラがどんどん動いても兵士だらけだ! これは大軍だ! 予算が、予算がここにあるぞー!! カメラが俯瞰すると両軍の兵士があふれていて、この規模の合戦は大河で可能だろうか、と嫉妬がわいてきます。

家康は秀忠の代わりに松平忠吉を参戦させ、直政をつけます。
直政が駆け抜ける場面。そして画面にあふれる兵士の迫力。何故これが大河ではないんだ!
兵士がぶつかるメインの合戦だけでも四十秒どころかかなり長い時間を割いています。足軽だけではなく、馬防柵の間からの射撃、そして大砲と「サムライにとっての合戦はもはや槍や刀だけではなく、西洋渡来の兵器を使用していた」との説明がされます。

しかし秀秋は動きません。三成は秀秋出陣を促すため、狼煙をあげます。そこで家康はついに大胆な策に出ます。
秀秋の迷いを読み取った家康。
「撃て!」
なんと鉄砲による威嚇射撃ではなく、松尾山めがけて砲撃しました。ここで大砲が豪華に火を噴きます。

「加勢を求める相手に砲弾を放つとは、まさに大博打!」
大博打の始まりじゃあーーーーー!!

博打というレベルを超越している気もしますが、絵的には豪華なので「まぁありかなぁ」という気分に。
小早川勢は西軍に突撃します。この大博打こそショーグンの凄さだと主張するBBC版関ヶ原。NHKの大河では大博打といえば真田昌幸ですが、BBCでは家康担当でした。

ここでさらにナレーション。家康の強みは、秀秋の心を読み取ったことだというのです。
三成に対する不信感と、家康に対する恩義。それが秀秋の豊臣への忠義すら上回ったという分析です。こう分析される間も、人馬がぶつかりあいます。

 

武士の名誉より、我が子の命を選ぶ家康

家康の勝利から数日後、秀忠がやっと到着します。

この遅参は一族の恥。己を恥じた秀忠は、「武士道は死ぬことと見つけたり」の教えに則って(いや、それは時代的におかしい)切腹しようとし、家康も「兄のように立派に腹を切れ」と促します。

本作では関ヶ原で負傷していない井伊直政が「しかし殿、今はもう天下は殿のものです。誰に憚ることがありましょう」と家康に助命嘆願します。家康はこの言葉を受け、家康は我が子を止めます。
「21年前、私は主君に忠義を示さねばならなかった。しかし再び我が子を失うのは耐えがたい」
家康はそう告げ、静かに立ち去るのでした。

最後に、三成の捕縛と処刑、二年後に秀秋が正気を失い亡くなったこと、秀頼は21歳で家康に叛旗を翻し、敗北し自刃したと語られます。
そして家康は征夷大将軍として、250年にわたり日本を支配したと語られます。

時代考証はリーズ大学のスティーブン・ターンブル博士(日本史関連の著作多数)。
撮影協力は京都東映映画スタジオでした。
着付けで違和感を覚える人もいるかと思いますが、着付け、結髪、基本的な所作、殺陣指導などは日本側の協力者担当かと思います。

 

MVP:徳川家康

日本では否定的にとらわれがちの家康の狸ぶり。それがBBC版では「これぞ天下を獲得した策!」と肯定的な描写なのが印象的でした。

策を楽しむ余裕、策の中身が「未来ある若者を殺してしまった負い目」である点。信じられるか不透明な秀秋に賭けたところがクールに描かれているのが新鮮です。

 

総評

合戦シーンがよくてもトンデモなんじゃないか、と思っていたのですが、これはよく出来ていると思いました。
人が省略されたり、衣装考証が甘かったり、いくつかの過程が飛ばされているのは仕方のない点でしょう。作る上での制限があります。

BBCの名誉のために付け加えておきますと、英国舞台の歴史劇においてはBBCの考証はかなり厳密かつ正確です。他国の歴史を描いているというハンデはあります。NHKがシェイクスピアを映像化して、このレベルのものを作れるだろうか、ということです。NHK他民放でも他国の歴史を扱うとなると、海外のドラマを流用した映像か、再現ドラマの合間にトーク形式が入るものだけでしょう。

全編ドラマパートだけで作ってしまうBBCは、やはりただ者ではないと思います。

プロットについて言えば、カットすべき点とそうではない点をわきまえています。家康と秀忠を物語の中心に置き、家康の父として我が子を死なせた感情、忍従を際立たせ、常に信康の影がつきまとっています。家康の策ももちろんテーマですが、武士の美学である忠義と名誉は何であるかにも迫ろうとしています。この世界観はある意味では日本人以上に厳格化されていて、それが秀忠切腹未遂につながっているといえるでしょう。

情報量を吟味し、そぎ落とすところは落としてテーマに焦点を絞っているわけで、脚本としてのレベルも高いのです。

そして合戦ですが、これはもう悔し涙で前が見えないレベルです。
カメラが移動しても移動してもあふれるサムライ。
駆け抜ける人馬、俯瞰して撮影しても画面いっぱいに映り込むサムライ。
大胆な砲撃、一斉射撃。
このワラワラ感が昨年の大河で再現されていたら……切なくなりました。

合戦以外でも、街の中を移動する場面であってもエキストラがあふれています。ロケも多く、セットではなく寺社で撮影したと思われる場面も多く、全体的に豪華です。予算と撮影技術の力を感じます。

大河も頑張ってはいると思いますが、BBCの圧倒的な力を見せ付けられてしまうとコメントできないような気持ちになります。

NHKの考証とBBCの撮影技術、予算を使ったら夢のようなドラマが出来そうです。
もういっそのこと、三浦按針を大河にして、BBCと合作したらどうでしょうか。そんなことを妄想してしまいます。

四十秒関ヶ原の虚しさを埋めようとしたら、もっと大きな穴が心に空いてしまった気がします。
いつか大河でもこのレベルの合戦を、お願いします!!

著:武者震之助

スポンサーリンク

【参考】hulu

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-大河ドラマ・朝ドラ他, 関ヶ原の戦い

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.