日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川家康/絵・富永商太

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家

鉄の結束だった徳川家臣団を分断! げに恐ろしき三河一向一揆の結末と影響は?

更新日:

家康の本拠地・三河で一向宗が立ち上がる

「織田がつき 羽柴がこねし天下餅 すわりしままに食うは徳川」
信長・秀吉・家康の三人が日本をまとめるまでの道筋を詠んだ歌ですが、これだと何だか家康が何の苦労もしないで天下を取ったような感じがしますよね。
んなこたぁありません。家康は若い頃、相当に苦労しております。
そもそも歴史的なスタートが「あの」信長の家にかっさらわれるという時点で、一般人ならまず耐えられなかったでしょう。他にも大きな問題は多々ありましたが、まだ松平姓だった頃の最大ピンチといえばコレ……。

永禄六年(1563年)9月5日、家康の本拠地・三河(愛知県)で大規模な一向一揆(通称・三河一向一揆)のバトルが勃発しました。

単なる反乱やクーデターと違うのは、仏教の一つ・浄土真宗の本願寺に属する人々(一向宗)が起こした戦いだということ。
当時一向一揆は一国の主を滅ぼすほどの団結力と実力を持っていました。
それが家康に反抗する武家と結びつき、とても無視できないほどの規模に膨れ上がってしまったのです。

運の悪いことに、家康の家臣の中にも一向宗徒がたくさんいました。実際に、このとき名のある部将が何人も一揆側へ付いています。
家康の家臣「三河軍団」というと「あいつら実は犬なんじゃないの? あの忠実ぶりないわー」と敵にドン引……いやいや賞賛されていたほどだったのに、です。宗教の団結がヘンな方へ向かうと本当に恐ろしいものですね。

「大樹寺御難戦之図 三河後風土記之内」 月岡芳年/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

懐柔策を提案する一方で容赦なく攻め立てる

でも、家康もビビっているわけにはいきません。一揆を収束させるために、あらゆる手を使います。
戦もしなくてはいけませんでしたが、一揆側についた家臣には「お前らが信仰と主で板ばさみになってるのはわかってる。でも今なら許すから、手遅れにならないうちに戻ってこいよ」と言いました。

当時まだ家康はそれまで従っていた今川家を脱出して、信長と同盟を結んだばかり。その信長も美濃を取る前のことですから、家康に援軍を送る余裕はとてもありません。
たとえ力づくで一揆を抑えられたとしても、兵や物資、田畑を大きく損失するのは目に見えています。おそらくは同情だけでなく、実利的な理由で帰参を促したのでしょうね。

しかし、急激に人数が増えた一揆側も一枚岩ではありませんでした。なにせお寺・浪人・武士・農民など、当時のありとあらゆる立場の人間が一つの集団にいたのです。
一度信仰でまとまっても、利害の対立などでほころびが出てくるのは時間の問題。一揆側についた家康の家臣たちも、説得の使者が来るたびに「オレ、どっちにつくのがいいんだろう」と悩んでいました。

懐柔する一方で、一揆側の本拠地には容赦なく攻撃し、自分の本拠地・岡崎城の近くでは自ら軍を率いています。
こうなると団結がほころんできた一揆側はたまったものではありません。
特に家康の家臣たちは「はわわわわあそこに殿がいらっしゃるあばばばばばばどうしよう畏れ多い!!」と戦意をなくしていったとか。

門徒側には、あの本多正信さんもいたとか

 

スポンサーリンク

巧妙すぎる講和3か条とは?

そして翌年1月、馬頭原の合戦で家康は大勝利を収めます。これを機に和平交渉をし、何とか一向一揆を抑えることができたのでした。
家臣に裏切られながらも、半年で解決した家康はやはり狸というか戦が上手いというか。いや、相手側に家臣がいたからこそかもしれませんね。やっぱりただ座って餅をかっさらったわけではなさそうです。

なんと言っても家康がすごいのは、圧勝しながらも以下のような条件で講和したのです。

1:一揆の参加者無罪
2:一揆の首謀者も、まあ許す
3:お寺も今まで通りの運営でOk

逆に、負けた一揆側がひっくり返るくらいの好条件。ところが、さすが未来のたぬきじじい。
<*ただし、一向宗からほかの仏教に改宗してね>という裏条件があったのでした。
一向宗の宗教指導者は三河から立ち退かざるを得なくなりましたが、元一向宗の部下たちは、今まで以上に目をキラキラさせた「家康信者」になったとさ。

スポンサーリンク

文:編集部

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.