歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ペリー来航/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新 井伊家 その日、歴史が動いた

開国したことにさせられた井伊直弼がガチギレ! 安政の大獄はじまる

更新日:

歴史上、「井伊の赤鬼」と呼ばれる人物が二人います。

一人は初代彦根藩主・井伊直政。赤備え(具足を全部赤色で揃えた軍)であること、そして士気がとても高く勇敢な将であったことからそう呼ばれました。
軍事だけでなく、関が原の後は西軍側の大名との交渉を受け持ったり、家康と唯一アッー!な関係になるほどの美形だったなんて噂があるほど、とにかく色んな面でデキた人です。

さて、今日の主役はもう一人のほう。

幕末に悪名高い(そして必ず暗記させられる)「安政の大獄」を断行した井伊直弼(なおすけ)です。

おそらく大多数の人が「ああ、あの桜田門で暗殺された人ね。よほどワルだったんでしょ?」と思っていることでしょう。
確かに安政の大獄はムチャ振りとしかいいようのない政治的暴挙でしたが、彼にも一応事情があるのです。

なお、2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』の放送により、「井伊直虎と井伊直弼はどんな関係なのか?」と疑問を寄せられる方も多いと聞きます。
最初にご説明申しておきますと、井伊直弼は、直虎の親戚の子孫です。

親戚とは井伊家24代宗主の井伊直政でありまして、直政が滋賀県に彦根藩を開くことによりその血が受け継がれ、36代となる直弼へと続くのであります。
頭の片隅に置いといていただければ。

悪名高い井伊直弼さんですが、果たして真相は…/wikipediaより引用

悪名高い井伊直弼さんですが、果たして真相は…/wikipediaより引用

 

井伊の決断「黒船さんをお・も・て・な・し」

安政六年(1859年)の10月7日、井伊直弼が安政の大獄により多くの攘夷派(開国反対派)を捕らえました。

これは、そもそもペリーとハリスが「か・い・こ・く・し・ろ」と脅しをかけてきたことが発端です。
手紙や使者でなく、担当者が目の前に来ているわけですから、当然返事を急がなくてはいけません。

しかし、度重なる災害や将軍の後継者問題でしっちゃかめっちゃかになっていた幕府に、正しい判断を即座に下せるような人物はいませんでした。
鎌倉時代から数えて600年以上も武家が政治をしてきたとはいえ、幕府はあくまで「天皇と朝廷から政治を任されている機関」です。ですから、こうした国の大事にはまず朝廷へお伺いを立てるべきでした。

でも、目の鼻の先に最新鋭のデカい船を突きつけられた幕府はパニックに陥ってしまい、この一番大事なポイントをおろそかにしてしまいます。

一応、堀田正睦(ほったまさよし・老中の一人)が京都へ向かうものの、そう簡単に勅許(天皇直々の許可)が出るわけはありません。

なんせ当時の天皇・孝明天皇和宮のお兄さん)は大の外国嫌いで、そもそも海の見えない京都にいますから、貴族やそっち寄りの大名も右に倣って「開国なんぞしてたまるか!」という意見です。

しかしハリスの催促は止みません。
こうした中で直弼は老中の職に就きました。

 

スポンサーリンク

朝廷無視の開国には反対していた

教科書では「新しく老中になった直弼は、一人で強引にハリスの求める条約を結びました」となっていますよね。

しかし、実は彼は最後の最後まで「朝廷の許可がないとやっぱりマズいですよ。事情を話して、もうちょっと待ってもらいましょうよ」と反対しているのです。

それを押し切って条約を結んだのは、直弼ではなく松平忠固(ただかた)という別の老中でした。
この人はハリスの「早くウチと条約結んで開国しないと、イギリスが攻めてきて無理やり植民地にされちゃうかもヨ? 清みたいになりたくないデショ?」なんて脅しを真に受けて、調印を決めてしまうのです。

一応「早く条約結んだほうが、こっちに有利になるかもしれない」と考えていたようですが、残念なことにこのとき結ばれた日米修好通商条約はバリバリの不平等条約でした。あーあ。

これに呆れた直弼は、将軍の跡継ぎ問題で敵対していた人と協力してまで、忠固と正睦を免職に追い込んでいます。

「朝廷の許可もらえなかったら、幕府が勝手に開国したことになるじゃねーか! 誰も納得してないし得したのメリケン(アメリカ)だけってどういうことだよ! 責任取れ!!」というわけです。

ここだけで済めばまだマシだったのですが、いかんせん老中として新参の直弼には、あまりにも味方がいませんでした。
いつの間にか「勝手に開国したのは直弼だ」と責任を押し付けられてしまい、攘夷派の大名や学者たちがこぞって直弼を非難します。

島津斉彬(なりあきら・篤姫の義理のお父さん)なんて江戸まで兵を率いて来ようとしたほどです。
途中で亡くなってしまい頓挫するのですが、もし生きていたら江戸が戦場になっていたかもしれません。怖ッ!

強気で開国を迫ったハリス/wikipediaより引用

強気で開国を迫ったハリス/wikipediaより引用

 

責任を押し付けられて我慢は限界

しかしそれだけでは済みません。
朝廷まで「悪いのは井伊だ」と信じ込んでしまい、孝明天皇から水戸藩に対して「お前、幕府のお目付けのくせに何やってんだ! 早く幕府をまとめて何とかしろ!」という密勅を出すのです。

これを戊午の密勅と言いまして。
本来であれば、朝廷から正式に関白・九条尚忠の裁可を経て、幕府に命ずるのが筋です。

しかし、朝廷としてはもう幕府を信用する気が失せ始めていたので、直接水戸藩へ話をつけたのでした。
水戸藩は家康の方針で「お前んちは将軍になっちゃダメだけど、代わりに将軍に相応しい人物を選ぶ特権をやる」ということになっていたからです。

この時の命令には「何とかしろ」としか書いていませんが、最終目的としては「朝廷に忠実な新しい将軍を選んで、外国を追い払え!!」と言いたかったのでしょうね。そりゃ幕府に内緒でやらないといかんわけです。

これを知った直弼、もはやここまでと覚悟を決めます。
「一度幕府を立て直すためには、攘夷派を片付けないとどうにもならん。大名や幕臣だけじゃなく、民衆を煽る学者どももじゃ」と考えます。

と言っても単純にうるさいヤツらを排除しろ、というワケでもなく、そもそもは13代将軍・徳川家定の次、14代将軍に誰を据えるか?という「将軍継嗣問題」が大きく絡んでいました。

 

スポンサーリンク

一橋派と南紀派「将軍継嗣問題」がコトの本質

井伊直弼は、次の将軍候補として紀州藩主の徳川慶福(後の徳川家茂・いえもち)を推しておりました。
彼らを南紀派と呼びます。

これに対抗して一橋慶喜(後の徳川慶喜)を推したのが一橋派。
慶喜の実父である徳川斉昭をはじめ、島津斉彬と阿部正弘が主要メンバーで、そこに薩摩藩の西郷隆盛や福井藩の橋本左内、後に西郷と入水自殺をする元清水寺の住職・月照、公家の近衛忠煕などがおります。

結局、斉彬や正弘が事前に亡くなってしまい、勝利を収めたのが南紀派。
井伊直弼は、こうした14代将軍・徳川家茂に反対する勢力(主に一橋派)の逮捕・処刑を実行しました。

それが「安政の大獄」の本質です。

吉田松陰のように
「幕府を倒せば朝廷に権力が戻って何とかなる!!」
という主張が目立ってしまい、この事件がボヤけてしまいがちですが、政治争いが大きく絡んでいたのでsね。

そこであまりにも事態の解決を急ぎ、武力で弾圧したために直弼は悪い意味で「赤鬼」と言われるようになってしまったのです。

 

弾圧VSテロ

もっとも、攘夷派もかなり過激でしたので、目だつのも仕方ありません。

吉田松陰など、捕まったときに「老中を何人か暗殺するつもりでした!」なんて言ってますしね。
しかもそこで止めておけば「自供したから流刑でいいよね」ってことになったのに、自分から「こんな奴死罪でしょJK」とか言っちゃうもんだから、直弼も「そうかそうか、お望み通り首刎ねてやんよ!!」という切ない結果となってしまうのです。

松陰の教えの中に
「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし」
(意訳:志が後世に残るんならいつ死んでもいいし、デカイことをやれるチャンスが残ってるなら生き延びろ)
というものがありますので、このときは「もうバレたから巻き返すの無理だわ。あとは弟子達に任せた」なんて気でいたのかも……。

もし安政の大獄がなく、攘夷派が力を持ったまま時代が進んでいたらどうなったでしょう?

幕府が倒れるだけならともかく、あっちこっちで下関戦争や薩英戦争のような対外戦争が起きていた可能性もなくはないですよね。
そうなったら日本全体が侵略されて、植民地になっていたかも……gkbr。

こう考えると、直弼のやったことは強引ではありましたが、悪いことだったとも言いきれないのではないでしょうか。
いますよね、「やってることは間違ってないんだけど、キミそのやり方はどうなの?」っていう人。

直弼はそういう不器用なタイプだったんじゃないか……というのはひいき目すぎますかねえ。

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

西郷どんキャラ&史実の一言情報】

西郷隆盛……名犬の噂を聞くと自ら貰いに行く程の愛犬家
大久保利通……亡くなったとき借金だらけ(国に投じてた)
勝海舟……側室多数で呆れられる
阿部正弘……人の意見に耳傾ける良き人なれど、八方美人と妬まれ
坂本龍馬……最初の新婚旅行は龍馬じゃなかった
小松帯刀……薩摩藩の家老にして、私が最初の新婚旅行です
桐野利秋……最期の戦いでシルクハットを被るシャレっ気
島津斉彬……父に「猜疑心が強い」とまで嫌われて
島津久光……西郷に地ゴロ(田舎者)と言われるが実は優秀
島津斉興……膨らみ過ぎた借金を処理するため調所を起用
明治天皇……西郷をお気に入りだった
孝明天皇……徹底的に外国を嫌い、毒殺説も残る不審な崩御
調所広郷……500万両(5000億円)もの藩借金を強引にチャラ
由羅……美人で賢いというのがもっぱらの評価
岩山糸(西郷糸子)……西郷をイケメンだとガチで思ってた
愛加那(とぅま)……西郷2度目の流罪のとき、徳之島へ追って渡る
篤姫(於一)……葬儀の見送りに1万人も集まるほどの人気
篤姫と西郷隆盛……西郷に攻められ、むしろ不仲
幾島……将軍家輿入れで心細い篤姫の面倒を見る
村岡局……近衛家で篤姫の面倒を見る・勤王女傑と称される
ジョン万次郎……無人島5ヶ月→アメリカ10年→最も激動
赤山靭負(赤山靱負)……「ゆき」の字が「靭」と「靱」あってややこしい
桂久武……西南戦争、出陣当日に参戦を決める
井伊直弼……井伊直政以来の「井伊の赤鬼」と恐れられ
月照……西郷どん原作ではBLのお相手・入水で死亡
大村益次郎……上野戦争の殲滅作戦で西郷もドン引き
熊本城の戦い……西郷「ワシは清正公に負けた」と無念
生麦事件……同行のイギリス人女性は坊主アタマにされ
西南戦争……政府軍は通信施設を利用、一般兵が薩摩に勝つ驚き




スポンサーリンク


参考:国史大辞典 今日は何の日?徒然日記

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新, 井伊家, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.