歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた

それでもやっぱり涙が出ちゃう だって忠犬ハチ公なんだもん

更新日:

 

種類問わず、動物の話には涙してしまうという人は案外多いのではないでしょうか。

アニマルセラピーという治療法があるように、言語以外でも伝わるものがあることを教えてくれるからなのかもしれませんね。もちろん動物が苦手な人もいますけども。
この言葉ができたのは近年のことですが、そのはしりとも言えるものはずっと前にありました。

忠犬ハチ公ph1

昭和十年(1935年)の3月8日、「忠犬」として知られている秋田犬・ハチが亡くなりました。

よく混同されがちな柴犬とは体格がかなり違うそうで、ハチの最期の写真を見てもかなり大きな犬だったことがわかります。

彼の忠犬ぶりについては誰もが知っているといっても過言ではないお話ですが、改めてお読みいただければと思います。

米俵に入れられて 秋田から東京まで20時間

ハチは大正十二年(1923年)の11月10日に秋田県で生まれました。

ちょうど同時期、東京帝国大学(現在の東大)農学部の教授・上野英三郎という人物が「秋田犬を飼いたいんだが、誰かアテはないか?」と探しており、白羽の矢が当たったハチは年明け早々、秋田から東京へ20時間の旅をすることになります。

このとき米俵に入れられてたそうなんですが、よく体調を壊さなかったものです。後述の晩年の様子からしても、もともとかなり頑丈な体質だったんでしょうか。

忠犬ハチ公ph2

リアルハチ公の姿です/wikipediaより引用

ちなみに価格は当時のお金にして30円。現在の貨幣価値に換算するとだいたい7万5000円くらいになります。
(当時の1円=現在の2500円として計算しましたが、大正時代は物価の変動が激しいので、厳密にこの価格ということはできません。悪しからずご了承ください)

現在ブリーダーから秋田犬の子犬を飼うとこの倍くらいはしますので、まあまあ良心的な値段というところでしょうか。

スポンサーリンク

ときには3匹そろって渋谷駅へ出かけることも

長旅を終えたハチは、東京・渋谷の上野宅でジョンとエスという2匹の犬と共に飼われることになります。
特にポインターのジョンとは仲が良かったそうです。犬でも猫でも先住と新参の間を取り持つのはなかなか難しいと言われますけれども、この辺は飼い主さんたちがうまかったのかもしれません。

落ち着ける場所だと判断したためか、ハチは飼われてから割と早いうちに玄関先での見送り・渋谷駅までの送り迎えをし始めていたとか。ときには3匹揃って駅へ行くこともあったようで、ぜひともその光景を拝みたかったものです。今だったらどこぞの番組で取り上げられてますよねきっと。

忠犬ハチ公ph3

現代の渋谷ハチ公前

しかし、そんな幸せな生活は1年ほど経ったある日、上野教授が急死したことで終わってしまいます。
お通夜の日も主人を迎えるため、ジョン・エスと一緒に渋谷駅まで行っていたらしいので、飼い主がもう帰ってこないということを信じたくなかったのでしょう。
未亡人となった上野教授の妻・八重は、犬の世話をしきれないと考えたのか、ハチを親戚の家へ預けました。

やっぱりご主人が忘れられないの?

ですが、預かり先でお客さんに飛びついたり、渋谷の方向へ向かって逃げてしまったり、ご近所と預かり先の間で「犬のしつけができてないじゃないか!」と騒動の種になったため、再び上野宅へ戻されることになります。

それでもやはり主人がいないことに落ち着かなかったのか、近所を荒らしまわるなど問題は絶えず、最後は上野宅へ出入りしていた小林菊三郎の元へ行くことになりました。
顔(匂い?)を知っている人の側でやっと落ち着いたのか、ハチの問題行動は多少収まります。

小林は昔と同じようにハチを可愛がりましたが、ハチが渋谷駅で上野教授を待ちわびるかのような行動を見せ始めたのはこの頃からでした。しかもただ駅に行くだけではなく、上野宅にも立ち寄っていたそうです。

既に教授の死から2年が経過していましたが、まだそれを信じられなかった……いや、信じたくなかったのでしょうか。
おっと涙腺が(´;ω;`)

スポンサーリンク

西洋犬が重宝されて 日本犬は・・・

しかし、動物愛護という概念がほとんどなかった時代のこと。飼い主が側にいない犬は、野良犬か脱走かと見られても仕方ない話です。

昔から事情を知っている人はともかく、渋谷駅周辺の住人や商売人、利用客の全てがハチのことを知っていたわけではありませんから、ハチは心ない人から悪戯や虐待を受けるようになってしまいました。
これには野良犬と勘違いされたことのほかに、この時期特有の価値観も関係しているかもしれませんが。

どういうことかといいますと、時を遡ること明治時代。西洋のさまざまな文物が入ってきた際、さまざまな愛玩犬も来日していました。
そのため「カッコイイ西洋犬飼おうぜ!」という風潮が強まり、逆に日本犬が軽視されるという傾向があったのです。こういう悪いところも変わってないですね日本人。
純秋田犬のハチもこの風潮の悪影響を受けていたということは充分考えられます。
もちろんこれを危ぶむ考え方もあり、その中でも斎藤弘吉という人は「日本犬保存会」という団体を結成し、日本犬の保護に努めました。

忠犬ハチ公ph5

斎藤はハチについても以前から知っていたため黙って見ていることが出来ず、ハチの事情を原稿にまとめて東京朝日新聞(現在の朝日新聞の前身)へ寄稿します。
これにより事の経緯が多くの人に知られるようになり、ハチを哀れむ人が増え、食べ物をもらったり渋谷駅での寝泊りが許されるなど扱いは格段に良くなりました。
「ハチ公」と敬称をつけて呼ばれるようになったのはこの頃のようです。

彫刻家の安藤照氏が自ら製作を名乗り出るが

現在渋谷駅前の待ち合わせ場所として有名なあの像が作られたのもほぼ同じ時期で、彫塑家・安藤照氏がハチの逸話に感動し「ぜひ作らせてもらいたい」と自ら名乗り出て製作が始まりました。

幸い小林宅と安藤氏のアトリエが近かったので、毎日小林とハチの二人(?)で足を運んで作業を進めたのだとか。完成の際はハチ自身も参加して盛大な式典が催されたそうですが、残念なことに戦時中の金属供出で初代の像は溶かされてしまいました。

ハチの逸話は戦前から海外にも広まっておりいたため、戦後再建された際はGHQのお偉いさんも除幕式に参加したそうですが、何だかなあ。
ちなみに溶かされた像は東海道線を走っていた列車のどれかに使われたそうで、もしかしたら静岡や名古屋、京都などを走っていたのかもしれませんね。さすがに現存はしてないでしょうけども。

スポンサーリンク

慣れない路地で息絶えていた

そして銅像設置の翌年、上野教授が亡くなってからは約10年後の3月8日の朝、ハチは普段行かないような路地で息絶えているのを発見されました。
この場所はいつもいるところからは駅を挟んで反対側だったそうなので、自らの死を悟って身を隠そうとしたのでしょうか。

ハチの死は渋谷駅周辺に大きな衝撃を与え、八重や小林夫妻をはじめとした周辺の人々が盛大な葬儀を催しました。
お坊さんが16人がかりで読経をし、花や手紙、香典も人間と同様あるいはそれ以上に届けられたといいますから、晩年のハチがいかに可愛がられていたかがわかります。
多くの人に見送られた後、ハチのお墓は慕い続けた上野教授の隣に建てられました。
遺体は剥製にされているため、一緒に眠っていると言っていいのかどうかはちょっと微妙ですが……。

秋田犬の寿命は現在でも8~10歳くらいといわれていますので、当時の栄養状態にもかかわらず11歳で亡くなったハチはかなり長生きだったことになります。
そのため死因は老衰でもおかしくありませんでしたが、解剖でハチがフィラリアに寄生されていたこと、心臓と肺にはがんができていたことがわかりました。よくこの体で主人を待ち続けていたといわざるを得ません。いかんまた目頭が。

焼き鳥の串は屋台からもらったものでしょうが、そもそも人間の食べ物は動物にとって塩分などが濃すぎますし、ましてや串に刺さったままあげるのは大変危険ですから真似しないでくださいね。当時は犬の好物と見られていたのでしかたなかったのでしょうけども。

焼き鳥が欲しかっただけ!という説には異論も

一方、ハチの逸話には疑問符が投げかけられている点もあります。
当時を知る人が「ハチは教授の送り迎えと関係なく、しょっちゅう渋谷駅前をうろうろしていた」「駅前の焼き鳥屋が目当てだった」などと発言しているのです。しかしこれには、斎藤が著書の中で異論を唱えています。

別の人から「上野教授も小林もハチをとても大事にしていて、食事もきちんとあげていたから空腹になることはありえない」「焼き鳥などをもらえたのは最後の2年間だけで、それまではいじめられていた」という証言もされているので、有名税とでもいえましょうか。
特に利害が出るわけでもないのにどちらかを躍起になって否定するのも大人気ない話ですし、今となっては立証しようがないのですから、両方語り伝えていけばいいんじゃないかと思うんですけども。

 

細かいことはさておき、ハチが今も日本だけでなく世界中の人々にその存在を知られている稀有な犬であり、親しまれていることには変わりありません。
これは先日の大雪の際、渋谷のハチ公像周辺に雪で2匹目・3匹目・・・そして大量のハチ公が作る人がいたことにも表れているのではないでしょうか。

……白いお父さんとかタロとジロとか別の犬に見えるとか言わない言わない。

忠犬ハチ公ph7

 

長月 七紀・記

 




スポンサーリンク


参考
【忠犬ハチ公】wikipedia
写真紀行(uchiyama.info)
netgeek



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.