日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

安土城のイメージ模型

スポンサーリンク

織田家 その日、歴史が動いた 豊臣家

安土城、炎上! 犯人は誰だ? 織田信雄? それとも豊臣秀吉?

更新日:

 

戦国武将と城は切っても切れない関係です。
単なる建物ではなく、住居であり政庁であり防御機構、そして権力の象徴でもありました。

江戸時代には政庁としての役割が強くなり、一国一城令(一つの藩ごとに城を一つにしろ!という法律)ができたことで少し意味合いは変わりますが、それでも「○○藩・□□家といえば△△城!」とすぐ連想できるところは多いですよね。

本日は、その中でもトップクラスに有名なあの城のお話です。

Wikipediaより

Wikipediaより

安土城炎上!しかし大部分は燃え残る

天正十年(1582年)の6月15日は、織田信長の本拠であった安土城が炎上したといわれている日です。
いきなり主役が消えてしまいましたが、実は燃えたのは天主と本丸だけで、大部分は残っていたそうですね。
しかし現在の安土城はわずかに石垣等が残るだけで、天主がどんな姿をしていたのかも確実にはわかっていません。
一体何があったのでしょう?

スポンサーリンク

いったい誰が燃やしたのか謎

いったい誰が犯人なんだよ!(富永商太・絵)

いったい誰が犯人なんだよ!(富永商太・絵)

そもそもこの火事の原因もよくわかっていなかったりします。
「鬼武者こと明智秀満(光秀の娘婿)が放火した」「夜盗が燃やした」「落雷で火事になった」などの仮説が立てられていますが、「信長の息子(次男)信雄(のぶかつ)がアホだったので焼いてしまった」という記録が混じっているのがまた何というか……。
「日本西教史」という宣教師たちが書いた記録の中に出てくるそうですが、いくら何でもヒドすぎませんかね。
確かに信雄はアレですけど。

残っていた二の丸その他は清洲会議で織田秀信(幼名・三法師。信長長男の信忠の長男)が使うはずだったのですが、信長三男(信雄の異母弟で同い年)の信孝らが「それ納得いかないんですけど!」と言い出して行かせず、このゴタゴタが一因となって賤ヶ岳の戦いが起きてしまいます。

スポンサーリンク

秀吉「新しいお城の邪魔だから壊そうか テヘペロ」

「エコロジーのためですよ。リサイクルリサイクル、江戸しぐさ江戸しぐさ」(絵・富永商太)

(絵・富永商太)

さらにその二・三年後に秀信は坂本城(光秀の本拠だったところ)へ移され、安土城は秀吉に取り壊されるというまさかの事態。「おいの秀次の城を近くに建てるから、その材料に使わせていただきます^^」という理由でした。
天主完成が天正七年(1579年)ですから、信長が精魂込め(させ)て建てた城は十年もせずにきれいさっぱりなくなってしまったことになります。ひでえ話だ。

晩年の秀吉は信長の悪夢に怯えていたという逸話があるのですけれども、この時点で化けて出られてもおかしくないですね。十年以上勘弁してあげた信長優しい。
さて、秀次のために建てた城は八幡山城(近江八幡城)というのですが、ここがまたニオイます。
この城、安土城からはわずか5km程度しか離れていないのです。どう考えても材料を再利用してまでまっさらな状態から新しく建てるより、安土城を土地ごと再利用したほうが手間もお金もかからないですよね。城下町に住んでいた人達もそっくりそのまま移住させていますし。
家康への備えという意味もあったようですが、怪しさ爆発です。

多分、秀吉は信長の存在をできるだけ人の記憶から消したかったのでしょうね。
既に関白へ任官された後ですから、名実共に天下人は秀吉。しかし天主がなくなったとはいえ、信長を想起させるものがいつまでも残っていては「信長様のほうがあのサルよりずっとすごかったのに」などと言い出す者が絶えないであろうことは想像に難くありません。

また、そこに織田秀信がいると「本当は秀信様こそ天下人に相応しい」と担ぎ上げる輩が出ないとも限らなかったでしょう。
秀吉には「戦国一の出世頭」「人たらし」など明るいイメージが強いですけれど、実はブチ切れたときの八つ当たりの激しさやコンプレックスも相当のものです。

秀次事件の後「秀次が住んでいたから」というだけの理由で、せっかく建てた聚楽第を徹底的に破壊してしまっているのが良い例ですね。
元々は秀吉が京都に滞在するためのものだったのに、建てて八年で見事に地上から消えてしまいました(移築されたといわれる部分もありますが)

安土城については秀吉がキレる理由はどこにもないので、信長や織田家へのコンプレックスから破却することに決めたというところでしょうか。
まさか秀吉が本能寺の変の共犯で、お宝山分けするはずだったのに光秀が全部ガメたから八つ当たりで……なんてことはないですよね多分。多分。

 滋賀県お金がなくて発掘が中断中なんだとか

秀吉が取り壊しを決めた理由が何にせよ、徹底的に壊してくれたおかげで発掘調査も難航しているようです。
滋賀県主導で20年ほど調査していたのですけれども、財政難によって今のところ再開の目処が立っていないとか。そもそも規模がデカすぎて、再開したとしてもあと50年~100年かかるらしいですね。
親子三代ってレベルじゃねーぞ!

Wikipediaより

最近のニュースでは発掘調査より、再建計画や天主の想像図が話題になることが多いですかね。
全国の信長ファンでお金を集めれば調査も再建も何とかなりそうな気がしますけども、どなたかやってないんでしょうか。信長だったら海外からもお金集められそうですし。

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/安土城
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/06/post-fb7c-1.html

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-織田家, その日、歴史が動いた, 豊臣家
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.